上越新幹線 上越新幹線の概要

上越新幹線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/25 16:03 UTC 版)

JR logo (white).svg 上越新幹線
E4系「Maxとき」(高崎駅)
上越新幹線の路線図
路線総延長 269.5 km
軌間 1,435 mm
電圧 25,000 V・50Hz
架空電車線方式交流
最高速度 240 km/h

概要

冬期間の越後湯沢駅。スプリンクラーで融雪され、雪景色の中でも線路上には積雪がない。

全国新幹線鉄道整備法に基づく新幹線鉄道として初めて『全国新幹線鉄道整備法第四条第一項の規定による建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画』(1971年運輸省告示)に盛り込まれた3線のうちの一つである(残り2線は東北新幹線成田新幹線)。1971年に基本計画の決定・整備計画の決定を経て着工、1982年11月15日に大宮 - 新潟間が開業(当時は国鉄)。のち、東北新幹線の上野 - 大宮、東京 - 上野間の開業に伴い順次運転区間を延長した。

東京 - 大宮間は線籍上は東北新幹線であるが、大宮駅を始終着とする列車はなく、全列車が東京駅(臨時列車の一部は上野駅始終着)まで乗り入れ、新潟行きの列車については東京 - 大宮間においても「上越新幹線」と案内される。同様に、上越新幹線の大宮 - 高崎間に乗り入れている北陸新幹線長野新幹線)の列車については、東京 - 高崎間においても「長野新幹線」と案内される。

群馬県から新潟県にかけての区間(高崎 - 長岡間)は三国山脈を通過するため、大部分がトンネルである。また、世界有数の豪雪地帯である新潟県内を中心にスプリンクラーによる融雪設備を備えているほか、新潟県内の駅では線路プラットホーム全体が屋根で覆われているなど、雪害対策が入念に施されている。そのため、雪による運行上の障害は滅多なことでは発生しない。平野部(関東平野越後平野)では、大部分が高架上を走る。

従来の東海道・山陽新幹線および東北新幹線と違うのは、"本州を横断する新幹線"ということである。本州の太平洋側と日本海側を結ぶ初の新幹線という意味でも注目された。首都圏方面から越後湯沢長岡での乗り継ぎで上越富山高岡金沢方面が、新潟での乗り継ぎで村上鶴岡酒田方面がそれぞれ従前より短時間で首都圏と結ばれた。

上越」の名称は並行在来線の上越線高崎駅 - 宮内駅間)から由来するもので、群馬新潟両県の旧令制国名(上州越後)に由来する。なお、新潟県にはそれとは別に「上越地方」・「上越市」(上越後の意)が存在するが、上越新幹線のルートとは全く別の地域である(上越を参照)。なお、この上越市については、2014年度の開業を目指して建設中である北陸新幹線の延伸区間が経由する予定となっている。

越後湯沢 - ガーラ湯沢間は、冬期間のみ営業する区間である。新幹線車両しか乗り入れないが、線籍上は上越線の支線で在来線扱いとなっている。

最高速度は全線で240km/hであり、大半の区間が直線主体の線形であるため、最高速度での走行が可能である。ただし、高崎 - 上毛高原間の「中山トンネル」については建設時に異常湧水などに悩まされる難工事となり、結果的に当初計画から大きく迂回するルートに変更せざるを得なくなり、その関係で急曲線が介在する線形となったため、同トンネル付近では160km/hの速度制限を受ける。

なお、長岡 - 新潟間は基本計画路線に入っている羽越新幹線との共用区間であるが、基本計画決定以降こちらの建設については動きはない。

路線データ

本線

支線(正式には上越線の一部)

  • 区間:越後湯沢駅 - ガーラ湯沢駅間
  • 路線距離(実キロ・営業キロ):1.8km(両キロとも同じ)
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:2(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線(交流25,000V・50Hz)
  • 保安方式:ATC(DS-ATC)
  • 運転指令所:JR東日本新幹線運行本部 総合指令室
  • 列車運行管理システム:新幹線総合システム(COSMOS)

JR東日本の新幹線では、全体の運行管理業務を本社内の新幹線運行本部が統括する一方、保線管理や駅営業業務等の現業機関については地方支社が新幹線と並行在来線の双方を一体管理する組織体系を取っている[注 1]。上越新幹線における支社毎の管轄割り当ては以下の通り。

駅一覧

  • JRの路線名は、その駅に接続している正式路線名のみを記す。
  • 乗車人員は東日本旅客鉄道の駅のもの。在来線併設駅は在来線分を含む。増加減少は前年度に比較した増(増加)減(減少)を表す。

上越新幹線

起終点の大宮駅と新潟駅をのぞいて、通過線を有する。東北新幹線に属する上野駅と東京駅にも通過線はない。ホームドアが設置された駅はない。

正式路線名 駅名 大宮からの 東京からの 停車駅 2013年度
乗車人員
(1日平均)[2]
接続路線 所在地
営業
キロ
実キロ
[3]
営業
キロ
実キロ
東北新幹線 東京駅 特定都区市内制度における東京都区内の駅 30.3 31.3 0.0 0.0 415,908増加 東海旅客鉄道東海道新幹線
東日本旅客鉄道東海道本線東北本線総武本線京葉線
東京地下鉄M 丸ノ内線
東京都 千代田区
上野駅 特定都区市内制度における東京都区内の駅 26.7 27.7 3.6 3.6   181,880減少 東日本旅客鉄道:東北本線
東京地下鉄:G 銀座線H 日比谷線
京成電鉄本線京成上野駅
台東区
大宮駅 0.0 0.0 30.3 31.3   245,479増加 東日本旅客鉄道:東北新幹線・東北本線・高崎線川越線
東武鉄道野田線
埼玉新都市交通伊奈線
埼玉県 さいたま市
大宮区
上越新幹線
熊谷駅 34.4 36.6 64.7 67.9   31,290増加 東日本旅客鉄道:高崎線
秩父鉄道秩父本線
熊谷市
本庄早稲田駅 55.7 57.7 86.0 89.0   2,152増加   本庄市
高崎駅 74.7 77.3 105.0 108.6   29,468増加 東日本旅客鉄道:北陸新幹線・高崎線・上越線信越本線
上信電鉄上信線
群馬県 高崎市
上毛高原駅 121.3 119.1 151.6 150.4   767増加   利根郡
みなかみ町
越後湯沢駅 168.9 151.4 199.2 182.7   3,050増加 東日本旅客鉄道:上越線(本線・ガーラ湯沢支線) 新潟県 南魚沼郡
湯沢町
浦佐駅 198.6 181.0 228.9 212.3   1,429増加 東日本旅客鉄道:上越線 南魚沼市
長岡駅 240.3 213.8 270.6 245.1   11,783増加 東日本旅客鉄道:信越本線 長岡市
燕三条駅 263.5 237.4 293.8 268.7   2,218増加 東日本旅客鉄道:弥彦線 三条市
新潟駅 303.6 269.5 333.9 300.8 38,427増加 東日本旅客鉄道:信越本線・越後線白新線 新潟市
中央区
  • 停車駅…全:すべての列車が停車する駅(2014年3月改正時)
  • 長距離乗車券の特定都区市内
    • 区:東京都区内

支線(上越線支線)

全駅新潟県南魚沼郡湯沢町に所在

正式路線名 駅名 越後
湯沢
からの
営業
キロ
東京
からの
営業
キロ
2013年度
乗車人員
(1日平均)[2]
接続路線・備考
上越線 越後湯沢駅 0.0 199.2 3,050増加 東日本旅客鉄道:上越新幹線・上越線(本線)
ガーラ湯沢駅
臨時駅
1.8 201.0 1,414増加 ガーラ湯沢スキー場ゴンドラリフト「カワバンガ駅」併設

※支線のガーラ湯沢駅は冬期間のみ営業。越後湯沢 - ガーラ湯沢は書類上は在来線の上越線に属する。

駅構内配線図

各駅の構内配線とホームの形式
配線分類 2面4線 2面2線+通過線 2面3線+通過線 2面4線+通過線
構内図 Station Track layout-1.png Station Track layout-2.png Station Track layout-3.png Station Track layout-6.png
該当駅 上野駅新潟駅 本庄早稲田駅上毛高原駅
浦佐駅長岡駅
熊谷駅燕三条駅 高崎駅越後湯沢駅
その他の特殊な構内配線とホームの形式
配線分類 3面6線 2面4線(終着駅)
構内図 Station Track layout-12.png Station Track layout-7.png
該当駅 大宮駅 東京駅



[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 現在この組織体系を取っているのはJR東日本のみであり、東海旅客鉄道(JR東海)の東海道新幹線は同社新幹線鉄道事業本部が並行在来線とは分離して独立管理している。同様に西日本旅客鉄道(JR西日本)の山陽新幹線は同社新幹線管理本部が、九州旅客鉄道(JR九州)の九州新幹線は同社新幹線部が独立管理する。
  2. ^ 具体的には、大宮駅から埼玉新都市交通伊奈中央駅付近までの区間。
  3. ^ 長野新幹線は2005年から全面禁煙化済。
  4. ^ 東北新幹線と異なり、当時から速達列車の停車駅パターンは統一されていなかった。(『国鉄監修 交通公社時刻表1983年12月号』より)
  5. ^ 「あさひ」「とき」合わせて毎時1往復以上の運転で、「あさひ」の運転間隔が3時間空く時間帯もあった。通過列車のある駅では2時間につき1往復の発着となる場合が多々あり、その時間帯も長かった。(『国鉄監修 交通公社時刻表1983年12月号』より)
  6. ^ 東海道・山陽新幹線のATCは220信号以上での抑止速度は現示速度+5km/hであるのに対し、東北・上越・長野新幹線では現示速度=頭打ち速度であるため。

出典

  1. ^ 鉄道図書刊行会「鉄道ピクトリアル」2008年2月号 (Vol.800) p.145「日本の高速鉄道 - その軌跡と今後の展望 -」高津 俊司、土井 充
  2. ^ a b 東日本旅客鉄道株式会社ホームページ
  3. ^ 国土交通省監修『数字で見る鉄道2008』(財)運輸政策研究機構、p.22。
  4. ^ a b 2013年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道、2012年12月21日。
  5. ^ a b E5系車両を東北新幹線に追加投入! E2系車両を上越新幹線に投入! (PDF) - 東日本旅客鉄道、2012年11月16日。
  6. ^ 特定特急券区間
  7. ^ 『巨大地震と高速鉄道 新潟県中越地震をふりかえって』 監修:仁杉巌、編著:久保村圭助、町田冨士夫、山海堂、2006年、p.16, p.92。ISBN 4381018249
  8. ^ 『新幹線EXPLORER Vol.11 新幹線車両DATABOOK200系』 三好裕一、イカロス出版、2009年、p.21。







上越新幹線と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

上越新幹線に関連した本

上越新幹線に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「上越新幹線」の関連用語

1
98% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

上越新幹線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




上越新幹線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上越新幹線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS