上田吉二郎 上田吉二郎の概要

上田吉二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/22 06:21 UTC 版)

うえだ きちじろう
上田 吉二郎
本名 上田 定雄(うえだ さだお)
生年月日 1904年3月30日
没年月日 1972年11月3日(満68歳没)
出生地 日本の旗 日本兵庫県神戸市三宮
(現在の神戸市中央区三宮)
死没地 日本の旗 日本東京都調布市小島町
ジャンル 俳優
活動期間 1921年 - 1972年
活動内容 映画テレビドラマ舞台
主な作品
羅生門』 / 『どん底

アクの強い個性的な演技で知られた名脇役で、300本以上の映画に出演した。愛称は上吉(うえきち)。悪役・敵役を得意とし、弱者を痛めつけ自分より強いものには平身低頭するような悪役を演じることが多かった。その独特なダミ声で知られ、よく声帯模写で取り上げられた。主な出演作品に『羅生門』『生きものの記録』など。

来歴

1904年(明治37年)3月30日兵庫県神戸市三宮に生まれる。旧制第一神戸中学校(現兵庫県立神戸高等学校)在学中の1918年(大正7年)、神戸中央劇場で観た新国劇の舞台『新朝顔日記』での澤田正二郎の演技に感動し、彼に弟子入りを頼んで新国劇に入団する[1][2]1921年(大正10年)、『カレーの市民』の給仕役で初舞台を踏み、端役から次第に澤田に次ぐ役を演じる[2]。後に新国劇の二枚看板となる島田正吾辰巳柳太郎よりもはるかに先輩にあたる。

1925年(大正14年)、新国劇がマキノと提携して東亜キネマ等持院撮影所で製作した『国定忠次』『恩讐の彼方に』『月形半平太』の3作に沢田一党と共に出演する[1]1926年(昭和元年)、一身上の問題から新国劇を退団し、東洋座という一座を組織して旅回りをする[1][2]。時には蛇を全身に巻きつけて大蛇劇と称する芝居までやっていた[1]1934年(昭和9年)、京都太秦発声映画早川雪洲主演の『荒木又右衛門 天下の伊賀越』に出演。これがきっかっけで映画に脇役出演するようになり、1939年(昭和14年)に『荒木又右衛門 天下の伊賀越』での演技に感心した稲垣浩監督の推薦で日活京都撮影所に入社[1]。ドスのきいた声とふてぶてしいマスクに加え、彼一流の芸熱心で注目を集める[1]1942年(昭和17年)に日活が大映に合併されてからは大映の所属となった[1]

戦後は東宝と契約し、『羅生門』『七人の侍』などの黒澤明監督作品にも常連出演する。大げさなジェスチャー・独特の声色・言い回しでユーモラスな悪役としても人気を博した。後にフリーとなり、大映・東映松竹の作品やテレビドラマにも出演する[1]稲垣浩によると、亡くなる数年前ごろから唸るような喋りかたが人気を呼び、テレビの影響もあってその一色の演技に固まってしまったという[3]。また、上吉プロダクションを設立して短編映画を撮ったりもした。

1971年(昭和46年)、喉頭癌の手術を受けて声帯を切除し、独特の声を失う。翌1972年(昭和47年)11月3日、喉頭癌のため東京都調布市小島町の自宅で死去[1]。68歳没。養女は林成年と結婚した[1]

人物・エピソード

稲垣浩によると、「個性的な、というよりもアクのつよい演技で特異な存在だったから、いろいろな映画に出演して、いろいろな役を演じて評判が良く」、「リアルなものからアチャラカまで、時代劇でも現代劇でも注文に応じてなんでもこいという芸達者だった」と、上田を評価している[3]

稲垣が上田を認めたのは勝見庸太郎監督の『荒木又右衛門 天下の伊賀越』の桜井甚佐衛門の演技で、「戦国武士をしのばせるような風格と演技と声とエロキューションに魅せられた」という稲垣は、将来日本映画に役立つ俳優だと思って日活に上田を推薦した[4]。しかし、当時の大スターである大河内傳次郎を新国劇の後輩だからといって「大河内君」呼ばわりして周囲のひんしゅくを買うなど、入社した上田の評判はひどく悪かった[1][4]

稲垣は上田について、時代をとらえる敏感なところもあったが、一面にこうした間抜けなところもあったといい、稲垣の『宮本武蔵』(1940年)で演じた秩父の熊五郎の演技が評判となると、「あの演技を考案するため岡崎の動物園に日参しての動作を研究した」などといたるところで自慢して歩いていたという。稲垣は「彼には奥ゆかしさとか、ひかえ目というものがない。そこがいいところでもあったし、また、人から嫌われるところでもあったのだ」とし、「だが彼の演技研究の熱心だったことは認めなければならない。それを彼自身が口に出して売り込むから安っぽくなるのだが、その安っぽさも実は彼らしいところでもあるわけである」と評している[4][5]黒澤明の『羅生門』がグランプリをとると、「グランプリ受賞の羅生門出演、上田吉二郎」と印刷した葉書半分ほどの大きな名刺をつくって話題となった。このように上田は「赤ちょうちん的な脇役」だった[5]

セリフ覚えがよいほうでなかったので、「貧乏」というセリフには一文銭の絵に「×」を描くなど、台本に漫画を描いて暗記していた。絵が好きで、いつも画帖と鉛筆を手放さなかった。暇があるとスケッチし、唾を指に着けて彩色した。あるとき黒澤明監督が冗談で「セザンヌの画のようだ」と言うと、すっかり真に受けて100枚ほどのスケッチを黒澤の家に持ち込んできた。さすがに黒澤監督も困り果てて、「大した野郎だ」と十枚ほど見てシャッポを脱いだといい、これ以来画伯づいた上田は、ついにはアンデパンダン展に大作を出品したという。娘の若いころの写真を模写した「舞妓種子の像」は高値がついたが、稲垣があとで聞くと、買主はどうやら上田本人だったという[5]

1936年(昭和11年)ごろ、高堂国典が結成した日本映画人禁酒聯盟の副会長になったが、会は3ヶ月を待たず解散となった。このころ、夫人は子宮ガンで長く患っていた。上田はまだ四十前でもあり、夫人は「辛抱できないでしょうから、内緒で浮気をしてもいいわ」と公認した。ところがうっかり外泊したその晩に夫人は息を引き取ってしまった。骨上げをした後、幼い娘から「お父ちゃんのバカ」と泣かれた上田は「お母ちゃんは死んだけど、お父ちゃんの腹の中にちゃんとおさめてやる」と言って、遺骨をボリボリ齧りながら酒を飲んで夜を明かしたという[6]

亡くなる前にはポケットに発声器を忍ばせ、喉にマイクを当てて「コレカラハ、絵ヲカイテ、クラシマス」と話したといい、ポケットから聞こえる機械音声は哀れだったが、、稲垣は「それはいかにも上吉らしく、ほほえましかった」とこれを偲んでいる[3]

小さな機械が好きで、万年筆型の懐中電灯や、ピストル型ライター、電池式の手持ち扇風機を鞄から取り出して得意然としていた。8ミリカメラが一般的でないころに上吉プロダクションの作品を作っていた[4]


  1. ^ a b c d e f g h i j k キネマ旬報1979、p.73
  2. ^ a b c 高瀬1998
  3. ^ a b c 稲垣1978、p.145
  4. ^ a b c d 稲垣1978、p.146
  5. ^ a b c 稲垣1978、p.148
  6. ^ 稲垣1978、p.268


「上田吉二郎」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

上田吉二郎に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「上田吉二郎」の関連用語

上田吉二郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

孟宗竹

ヤハズグサ

レーサーレプリカ

オウラノサウルス・ニジェリエンシス

タイヤレバー

ファラデー

妻

コンバットナイフ





上田吉二郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上田吉二郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS