三菱ふそうトラック・バス 三菱ふそうトラック・バスの概要

三菱ふそうトラック・バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/10 05:47 UTC 版)

Mitsubishi logo.svg三菱ふそうトラック・バス株式会社
Mitsubishi Fuso Truck and Bus Corporation
Shin-Kawasaki Mitsui building.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 三菱ふそう、ふそう、FUSO
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:212-0058
神奈川県川崎市幸区鹿島田一丁目1番2号
設立 2003年1月6日
業種 輸送用機器
事業内容 商用車トラックバス)、産業用エンジン
代表者 代表取締役会長 鈴木 孝男
代表取締役社長 アルバート・キルヒマン
資本金 350億円
主要株主 ダイムラー 89.29%
三菱グループ各社 10.71%
主要子会社 三菱ふそうバス製造
外部リンク http://www.mitsubishi-fuso.com/
テンプレートを表示

会社概要

ドイツのダイムラーグループの傘下である。海外での販売比率は高く、ダイムラーグループの中で三菱ふそうは現在、主にアジアを中心としたブランドとしてのポジションにある。2003年1月三菱自動車工業からの分離・独立により発足した。また三菱グループ各社とも資本関係を含めた一定の関係を維持している。

社名の由来

社名の「ふそう」は、1932年当時三菱重工業(初代)の前身である三菱造船にて大型車事業を開始したときに社内公募により決定されたもので、日本の別称「扶桑」に由来する。いすゞと並ぶ、ひらがなブランドの少数派でもある。

代表者

  • 代表取締役社長 アルバート・キルヒマン

株主構成

沿革

三菱造船

  • 1917年 - 三菱合資会社から造船業の一切を引き継いだ三菱造船が設立される。
  • 1918年 - 三菱の自動車生産の先駆けとなる「三菱A型乗用車」が誕生。
  • 1932年 - 三菱造船神戸造船所でB46型ガソリンバス完成、「ふそう」と命名。

三菱重工業(三菱日本重工業)

三菱自動車工業

三菱ふそうトラック・バス




  1. ^ 日産ディーゼルと三菱ふそう、バス事業における協力を拡大”. 三菱ふそうトラック・バス (2009年8月31日). 2013年7月31日閲覧。
  2. ^ 日産ディーゼルと三菱ふそう、バス事業における協力を拡大”. 日産ディーゼル工業 (2009年8月31日). 2013年7月31日閲覧。
  3. ^ a b UDトラックス社とのバス事業に関する合弁会社の設立協議交渉終了について”. 三菱ふそうトラック・バス (2010年10月29日). 2013年7月31日閲覧。
  4. ^ a b バス事業に関する合弁会社の設立協議打ち切りのお知らせ”. UDトラックス (2010年10月29日). 2013年7月31日閲覧。
  5. ^ プレスリリース 増資の実施について
  6. ^ 三菱ふそうと日産、OEM 供給で基本合意 - 三菱ふそうトラック・バス ニュースリリース(2012年6月29日)
  7. ^ 三菱ふそう 「FUSO」ブランド アジア・アフリカ向け戦略車を発表”. 三菱ふそうトラック・バス (2013年5月23日). 2013年7月31日閲覧。


「三菱ふそうトラック・バス」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

三菱ふそうトラック・バスに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「三菱ふそうトラック・バス」の関連用語

三菱ふそうトラック・バスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




三菱ふそうトラック・バスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三菱ふそうトラック・バス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS