ロンドン橋落ちた ロンドン橋落ちたの概要

ロンドン橋落ちた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/20 23:19 UTC 版)

ロンドン橋落ちた
(London Bridge Is Falling Down)
Roud #502
London Bridge (1616) by Claes Van Visscher.jpg
ロンドン橋 (1616年)
著作 不明
発表 1744年
発祥 イングランド
言語 英語
ジャンル 童謡

歌詞

「ロンドン橋落ちた」の曲

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
現在のロンドン橋

ロンドン橋が落ちた(壊れた)ため、色々な材料で新しい橋を造ろうとする歌詞である。時代や場所などによって何通りかの歌詞が存在する。その中で代表的な歌詞を以下に挙げる。

London Bridge is broken down,
Broken down, broken down.
London Bridge is broken down,
My fair lady.

Build it up with wood and clay,
Wood and clay, wood and clay,
Build it up with wood and clay,
My fair lady.

Wood and clay will wash away,
Wash away, wash away,
Wood and clay will wash away,
My fair lady.

Build it up with bricks and mortar,
Bricks and mortar, bricks and mortar,
Build it up with bricks and mortar,
My fair lady.

Bricks and mortar will not stay,
Will not stay, will not stay,
Bricks and mortar will not stay,
My fair lady.

Build it up with iron and steel,
Iron and steel, iron and steel,
Build it up with iron and steel,
My fair lady.

Iron and steel will bend and bow,
Bend and bow, bend and bow,
Iron and steel will bend and bow,
My fair lady.

Build it up with silver and gold,
Silver and gold, silver and gold,
Build it up with silver and gold,
My fair lady.

Silver and gold will be stolen away,
Stolen away, stolen away,
Silver and gold will be stolen away,
My fair lady.

Set a man to watch all night,
Watch all night, watch all night,
Set a man to watch all night,
My fair lady.

Suppose the man should fall asleep,
Fall asleep, fall asleep,
Suppose the man should fall asleep?
My fair lady.

Give him a pipe to smoke all night,
Smoke all night, smoke all night,
Give him a pipe to smoke all night,
My fair lady.[1]

1番の"broken down"の箇所を"falling down"とすることも多く、特にアメリカ合衆国では"falling down"が一般的である[2][3]

歌詞の全文が確認できる資料の中で最も古いものは、1744年に発行されたTommy Thumb's Pretty Song Bookで、次のような歌詞である。

London Bridge
Is Broken down,
Dance over my Lady Lee.
London Bridge
Is Broken down
With a gay Lady.

How shall we build
It up again,
Dance over my Lady Lee, &c.

Build it up with
Gravel, and Stone,
Dance over my Lady Lee, &c.

Gravel, and Stone,
Will wash away,
Dance over my Lady Lee, &c.

Build it up with
Iron, and Steel,
Dance over my Lady Lee, &c.

Iron, and Steel,
Will bend, and Bow,
Dance over my Lady Lee, &c.

Build it up with
Silver, and Gold,
Dance over my Lady Lee, &c.

Silver, and Gold
Will be stolen away,
Dance over my Lady Lee, &c.

Then we'l set
A man to Watch,
Dance over my Lady Lee.
Then we'l set
A Man to Watch,
With a gay Lady.[4]

また、ジェームズ・オーチャード・ハリウェル編集の書に掲載されている以下の歌詞も知られている[5]。1744年のものと似ているが、歌詞の順番や結末が異なっている。北原白秋竹友藻風による日本語訳は、この歌詞を元にしている。

London Bridge is broken down,
Dance o'er my Lady Lee.
London Bridge is broken down
With a gay ladye.

How shall we build it up again?
Dance o'er my Lady Lee, &c.

Silver and gold will be stolen away,
Dance o'er my Lady Lee, &c.

Build it up again with iron and steel,
Dance o'er my Lady Lee, &c.

Iron and steel will bend and Bow,
Dance o'er my Lady Lee, &c.

Build it up with wood and clay,
Dance o'er my Lady Lee, &c.

Wood and clay will wash away,
Dance o'er my Lady Lee, &c.

Build it up with stone so strong
Dance o'er my Lady Lee,
Huzza! 'twill last for ages long,
With a gay ladye.[6]

成立年代

この詩がいつ作られたのかは、はっきりしていない。文献による初出は1725年の『ナンビー・パンビー』(ヘンリー・ケアリー著)である[7]。同書でケアリーは、この歌の一部を次のような形で引用している。

Namby Pamby is no Clown,
London-Bridge is broken down:
Now he courts the gay Ladee,
Dancing o'er The Lady-Lee[7][8]

さらに、雑誌『Gentleman's Magazine』の1823年9月号には、チャールズ2世の治世(1660年 - 1685年)頃の生まれの女性から伝えられたロンドン橋の歌詞が記されている[7]。 記者がその女性から歌を聞いたのは70年以上前で、歌の成立年はさらにさかのぼることになる。


[ヘルプ]
  1. ^ Opie(1951) pp.270-271
  2. ^ 吉竹(1976) p.291
  3. ^ "London Bridge is falling down"の歌詞とそのメロディーは、アメリカで派生したものが広まったものであると、『ようこそ「マザーグース」の世界へ』(鷲津名都江 著、日本放送出版協会、2007年)に記されている。
  4. ^ Opie(1951) pp.272-273
  5. ^ 出口(1992) p.131
  6. ^ 鈴木(1986) pp.22-24
  7. ^ a b c Opie(1951) p.272
  8. ^ 渡辺(1986)
  9. ^ Gibson, Michael (1972). The Vikings. London: Wayland. pp. 73. ISBN 0853401640. 
  10. ^ a b c Clark(2002) pp.338-340
  11. ^ ヘイムスクリングラ原文は http://is.wikisource.org/wiki/Heimskringla/%C3%93lafs_saga_helga/13
  12. ^ Hagland and Watson(2005) pp.328-333
  13. ^ 薬師川・豊田(1990) p.108
  14. ^ Opie(1951) pp.275-276
  15. ^ 薬師川・豊田(1990) p.107
  16. ^ 合田(2002) pp.133-134
  17. ^ 出口(1992) pp.128-137
  18. ^ 合田(2002) pp.126-138
  19. ^ Opie(1951) p.276
  20. ^ 合田(2002) pp.126-138
  21. ^ 出口(1992) pp.128-137
  22. ^ Opie(1951) p.276
  23. ^ 鈴木(1986) pp.24-25
  24. ^ a b 吉竹(1976) p.294
  25. ^ 竹友藻風の訳によった。
  26. ^ ベアリングールド(2003) p.544
  27. ^ 吉竹(1976) p.291


「ロンドン橋落ちた」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ロンドン橋落ちたに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロンドン橋落ちた」の関連用語

ロンドン橋落ちたのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ロンドン橋落ちたのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロンドン橋落ちた (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS