ログ・ホライズン 概要

ログ・ホライズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/23 15:00 UTC 版)

ログ・ホライズン』(LOG HORIZON)は、橙乃ままれの2番目に書籍化されたSF、ファンタジー小説作品。舞台となるのは、MMORPGのルールが現実化している剣と魔法の世界。物語は(作中の現実世界で)人気のMMORPG『エルダー・テイル』の有名プレイヤー城鐘恵が、自身のプレイヤーキャラクターである冒険者シロエの姿で、エルダー・テイルに登場する冒険者の街アキバにいることに気づくところから始まる。同じように、全世界数十万人、日本人だけでおよそ3万人のプレイヤーが冒険者となるが、ゲームで手に入れた強大な力は、法のない世界で混乱と無秩序をまねく。この世界がゲームの設定に酷似していても異世界であり、自分達がよそ者であることを理解したシロエは、秩序の回復や、大地人と呼ばれるこの世界の住民との共存[注 1]、地球世界への帰還の方法を模索していく。




  1. ^ 「MMORPG」 - 大人数のプレイヤーが同じ世界を共有する形式のコンピュータRPG
  2. ^ 「ギルド」 - オンラインゲームでプレイヤーが作る組織。
  3. ^ 「プレイヤーキラー」 - オンラインゲームで、試合などの形式を取らずに、他のプレイヤーを攻撃するプレイヤー。
  4. ^ 「レイド」 - 多くのプレイヤーが参加する大規模戦闘イベント。

注釈

  1. ^ 冒険者と大地人との関係は、作品のテーマの一つになっている[1]
  2. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/1/
  3. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/2/
  4. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/3/
  5. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/4/
  6. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/5/
  7. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/6/
  8. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/8/
  9. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/9/
  10. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/10/
  11. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/11/
  12. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/12/
  13. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/13/
  14. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/14/
  15. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/15/
  16. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/16/
  17. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/17/
  18. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/18/
  19. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/19/
  20. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/20/
  21. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/21/
  22. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/22/
  23. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/23/
  24. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/24/
  25. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/25/
  26. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/26/
  27. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/27/
  28. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/28/
  29. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/29/
  30. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/30/
  31. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/31/
  32. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/32/
  33. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/33/
  34. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/34/
  35. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/35/
  36. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/36/
  37. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/37/
  38. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/38/
  39. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/39/
  40. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/40/
  41. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/41/
  42. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/42/
  43. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/43/
  44. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/44/
  45. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/45/
  46. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/46/
  47. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/47/
  48. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/48/
  49. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/49/
  50. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/50/
  51. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/51/
  52. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/52/
  53. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/53/
  54. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/54/
  55. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/55/
  56. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/56/
  57. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/57/
  58. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/58/
  59. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/59/
  60. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/60/
  61. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/61/
  62. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/62/
  63. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/63/
  64. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/64/
  65. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/65/
  66. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/66/
  67. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/67/
  68. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/68/
  69. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/69/
  70. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/70/
  71. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/71/
  72. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/72/
  73. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/73/
  74. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/74/
  75. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/75/
  76. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/76/
  77. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/77/
  78. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/78/
  79. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/79/
  80. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/80/
  81. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/81/
  82. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/84/
  83. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/85/
  84. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/86/
  85. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/87/
  86. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/88/
  87. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/89/
  88. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/90/
  89. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/91/
  90. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/92/
  91. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/93/
  92. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/94/
  93. ^ トウヤに対しての人質の意味もある。
  94. ^ アニメ版では、シロエは「シロエ兄(にい)」「兄ちゃん」、直継やにゃん太はそれぞれ「直継師匠」「班長師匠」と呼ばれる。
  95. ^ ドラマCD『直継さんの探しもの』では、当初は「直継兄」と呼んでいたが、〈記録の地平線〉に加入後初のフィールド戦で直継の教えに感銘を受けたことがきっかけで「直継師匠」と呼ぶようになったことが語られている。
  96. ^ ミュージシャンである父からは「才能がない」と言われているが実際にそうなのか、「プロ(仕事)としてやっていくのは向かない」のかは不明。
  97. ^ 他にはミノリも密かに気がついており、アニメ版では彼の簡易ステータスにおける職業表示が〈冒険者〉ではなく〈妖術師〉であることに疑問を持っていた。
  98. ^ プレイヤーとキャラクターのどちらが(あるいは両方が)男であるのかは不明。
  99. ^ 少なくとも、直継と、アニメ版でのマリエールは気づいていない。
  100. ^ 『エルダー・テイル』の「ハロウィンイベント」として10月の最終3日間、モンスターを倒すとカボチャがドロップすることから大量にだぶついたカボチャをメインの賞品とした運動会。
  101. ^ ヘンリエッタの中では「黒い(図太く悪巧みが得意)」とは高評価の対象らしい。
  102. ^ TRPGリプレイでは原作者に「ちょっと太めな女の子」と言われている。
  103. ^ 盗み食いのペナルティで、飛燕がロック鳥の巣に卵を盗りに行かされていた。
  104. ^ ちなみに義仲が「パパ」、マリエが「ママのママ」で、「おばあちゃん」だと気付いたマリエは凹んでいた。なお、飛燕は「きつね」。
  105. ^ 成鳥なら、85レベルと90レベル台のプレイヤーでもソロでは勝てない。
  106. ^ 玲央人曰く、耳の良い獣人族にはキツイとのこと。
  107. ^ ソウジロウ自身もときおり、ネタ的な技を訓練している。
  108. ^ 「〈大災害〉後の世界は現実と同じで刺激が少ないね」と語っており、何のストレスも感じておらず。第3巻でシロエに押し付けた社交ダンスも10年単位のキャリアがあった。
  109. ^ 副総長を務めていた人物(〈三羽烏〉の3人目)は脱退しており、副総長は現在空席。
  110. ^ 7巻巻末のQ&Aによると、この方式が定着したのは〈大災害〉以降である。
  111. ^ シロエ達は彼の好意だと理解している。
  112. ^ その後、アカツキの念話によってそれを知らされたシロエにギルド会館のブラックリストに載せられ、追い出される。
  113. ^ モブながら11話まで皆勤賞。
  114. ^ 原作では名称不明のモブキャラ。『ログ・ホライズン外伝 Honey Moon Logs』ではリアルでもコックをしていたと言う「料理人」。
  115. ^ ただでさえ少なかった友達が〈大災害〉時に誰もログインしていなかったとのこと。また、他人にいきなり喧嘩腰で話しかける(一応、失礼だという自覚はある)など、しばしばコミュニケーション能力の低さを示す描写がある。
  116. ^ リプレイ第4巻で、無職でも銀行のカードが作れるだけの資産を持っていることを示唆する発言をしている。
  117. ^ 最初にトキナギの存在に感づいたヘッジホッグ・AKから密かに相談される、マスダさんからは〈にゃんこ亭〉設立の際に「ウルフがいなくなると、あとは(自分も含め)駄目な人しかいない」という趣旨の発言をされたり、ナギが謎の病気にかかった際は真っ先に呼ばる、人間を嫌っていたトキナギからも初対面時に態度を気にいられ、ナギが疫毒に伏せったとき彼を頼るなど、周囲からは頼りにされている描写が多い。
  118. ^ TRPGプレイ中のダイスロール判定の結果。
  119. ^ 現実世界でゲームをしていた頃の癖らしい。
  120. ^ アニメ版では「アフターハロウィン」の運動会の際に参加賞と称して冒険者たちに押し付けるように配っており、〈記録の地平線〉ではミノリが受け取った。その後、年少組が魔法鞄の素材集めの旅の途中で出逢った大地人も、アキバに滞在中に押し付けられていたことが語られている。EDではアカツキの枕代わりにされている。
  121. ^ マスダさんは「8000個売れた」と言っているが、リプレイ第2巻の注釈によると「アキバの住人全員が買っても売れ残る」とのこと。
  122. ^ プレイヤーの冗談として語られているものも多いが、「1000個増えている」など事実化しているものもある。
  123. ^ プレイヤーの芝村裕吏による設定。
  124. ^ リプレイ内ではこの「ゲームデザイナーの父親」が桝田省治その人と匂わせるような表現をして、GMを務める原作者の橙乃を困惑させる描写がある。
  125. ^ 「Plant hwyaden」のメンバーに同名の口伝を持つ者が複数名存在する。
  126. ^ シロエの場合はブラックリスト登録した相手の出入りを禁止しただけだが、濡羽の場合は反抗分子を神殿送りにして監禁した模様。
  127. ^ とある大規模戦闘に参加した際にシロエとパーティを組んだことがある。その際に「いい腕をしている」「ソロでやっているのに、敬意が持てる」と褒められた。シロエはハッキリとは覚えていない。
  128. ^ マリエールの本名「坂本鞠絵」のアナグラム。メンバー同士の交流が盛んな三日月同盟でもマリエールの本名をフルネームで知っているのは多くない。
  129. ^ 昼寝の際に添い寝してもらったらしく、「鞠絵は寝顔が一番かわいい」と思っている。
  130. ^ アニメでは奴隷化に関しては触れられなかったためセララに執着する理由がぼやけてしまった。
  131. ^ 事実上「嫁」状態だが、本人のみ否定しているという。
  132. ^ 本来はソロプレイヤーだったらしく、武闘家としてのビルドも機動力に優れる「ワイバーンキック」を多用する「キッカー」なため。だが、気が付くとシロエの呪文でフォローされていることに気づき、実力の差にいら立っている。
  133. ^ 「茶会」時代にもふとした思いつきで北米サーバに遠征。散々仲間を引きずりまわした末に目的のクエストには失敗しながらケロッとしていた。直継は、クエストの結果よりも「新しい景色」を見たいがゆえに、海外サーバのレイドまで顔を突っ込んでいたと思っている。他には現実でもいきなり「小田原のかまぼこ工場を観に行こう」とシロエと直継を引っ張り出したこともある。
  134. ^ アンデッドと言う見た目を含めた印象から使う者は減少、と言うより大半がビルドを切り替えている。
  135. ^ 実際には覚醒の際に大量のエネルギーを消費するので太ることはない。
  136. ^ パプスはこれを「アバターのコミュニケーションディクショナリに人格が浸食されている」と非難している。
  137. ^ 記憶自体は魂(精神)だけではなく、魄(肉体)にも存在するため完全に失われる訳ではなく「記憶同士を繋ぎ合わせる部分が欠落するのではないか」とも言われている。
  138. ^ 本来は公共施設の悪用を避けるためにアキバ内の重要施設を円卓会議の予算と大手ギルドからの借入金で購入していたが、それらの維持費が財政を圧迫していたのも理由の1つ。
  139. ^ 映像ではクレジットなし。
  140. ^ 『ログ・ホライズン にゃん太班長・幸せのレシピ』第4 - 5話が基になっている。
  141. ^ このエピソード以降の内容は放送時に発表されていた原作よりも先の内容を含んでいた。

出典

  1. ^ 『ログ・ホライズンTRPGリプレイ 宵闇の姫と冒険者』「07 〈冒険者〉と〈大地人〉」p.109
  2. ^ “『俺の屍を越えてゆけ2』桝田省治氏×テレビアニメ『ログ・ホライズン』石平信司監督 特別対談完全版”. ファミ通.com (KADOKAWA). (2014年8月2日). http://www.famitsu.com/news/201408/02058412.html 2015年1月5日閲覧。 
  3. ^ 橙乃ままれインフォメーション ログ・ホライズンのページ”. 2014年10月17日閲覧。
  4. ^ ブック質問状:「ログ・ホライズン」 “書籍化のための練習”が30万部”. 毎日新聞デジタル (2012年1月27日). 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月28日閲覧。
  5. ^ 飯田一史 (2014年1月27日). “第12回 橙乃ままれ氏(下)「現在」に対して誠実に”. 新文化通信社. 2015年1月7日閲覧。
  6. ^ “『俺の屍を越えてゆけ2』桝田省治氏×テレビアニメ『ログ・ホライズン』石平信司監督 特別対談完全版”. ファミ通.com (KADOKAWA). (2014年8月2日). http://www.famitsu.com/news/201408/02058412.html 2015年1月5日閲覧。 
  7. ^ 橙乃ままれ (2011年2月24日). “ログ・ホライズン書籍化”. 2015年1月4日閲覧。
  8. ^ 投稿を受け付けている二次創作について”. 2015年1月4日閲覧。
  9. ^ a b c 4D4L 周防、橙乃ままれ、広報エリッサ (2014年12月31日). “公式サイトのユーザー登録数がなんと2万人! 原作者・橙乃ままれ先生に聞く『ログ・ホライズンTRPG』最前線!”. TRPG every day (4D4L). http://4d4l.net/lgzinterview/ 2015年1月5日閲覧。 
  10. ^ http://ncode.syosetu.com/n8725k/7/
  11. ^ a b c 「ログ・ホライズン」 新シリーズまで1ヶ月半!”. NHKアニメワールド+BLOG (2014年8月18日). 2014年8月22日閲覧。
  12. ^ TRPGリプレイ第2巻P118
  13. ^ アニメ第2期第8話にて判明。
  14. ^ 『ログ・ホライズンTRPGリプレイ 宵闇の姫と冒険者』「07 〈冒険者〉と〈大地人〉」p.109
  15. ^ “Log Horizon’s First Half Goes from Cliché to Captivating” (英語). Kotaku (Gawker Media). (2014年1月10日). http://kotaku.com/log-horizon-s-first-half-goes-from-cliche-to-captivatin-1498260468 2015年5月27日閲覧。 
  16. ^ “Log Horizon Makes You Really Think About Being Trapped in an MMO” (英語). Kotaku (Gawker Media). (2014年3月25日). http://kotaku.com/log-horizon-makes-you-really-think-about-being-trapped-1550877541 2015年5月27日閲覧。 
  17. ^ MAN WITH A MISSION「database feat. TAKUMA(10-FEET)」初回生産限定盤(2013年、ソニー・ミュージックレコーズ SRCL8400-1)のライナーノーツより。
  18. ^ NHK Eテレ 土曜17:30枠2004年4月から2011年9月までは土曜18:00枠)において、同一放送局で「本放送終了直後に開始される再放送」が行われなかった例は、エレメントハンター2009年7月 - 2010年3月)以来である(その後番組であり、2010年4月から同年9月まで放送されたメジャー 第6シーズンは、土曜09:00枠に移動して、同年10月から2011年4月まで、本放送終了直後に開始される再放送が行われた)。エレメントハンターは実際は、本放送が終了した直後の2010年4月から同年12月まで、NHKデジタル衛星ハイビジョンで再放送されていたため、「本放送終了直後に開始される再放送」がNHK内での他チャンネルでも行われなかった例は、カスミン 第3シリーズ2003年4月 - 同年10月、水曜19:00枠で放送)以来という事になる(この後、カスミン 第2シリーズ(2002年10月 - 2003年4月・本放送は土曜18:30枠で放送)の再放送途中、2004年4月に土曜18:00枠に移行、カスミン 第3シリーズは同年4月から11月まで再放送が行われた)。
  19. ^ 『ログ・ホライズン』応援Webラジオ“『ログ・ホライズン』ラジオ 〜エルダー・テイル通信〜”は4月12日18:00よりスタート”. ファミ通.com. 2014年6月4日閲覧。
  20. ^ 『ログ・ホライズンTRPGルールブック 〜キミも〈冒険者〉になれる!〜』 p.329
  21. ^ ログホラ・ウェンズディ16 デザイナーズレター”. 7面体工房 (2014年8月6日). 2015年1月5日閲覧。


「ログ・ホライズン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ログ・ホライズンに関連した本

ログ・ホライズンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ログ・ホライズン」の関連用語

ログ・ホライズンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

HDMIプラグ

タマウラベニタケ

PC-9801N

那須岳

キャップ

蹄鉄

ナイルワニ

2100系





ログ・ホライズンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのログ・ホライズン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS