リーガル・ハイ 外部リンク

リーガル・ハイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/18 04:44 UTC 版)

リーガル・ハイLEGAL HIGH)』は、2012年からフジテレビ系列で放送された日本のテレビドラマシリーズ。古沢良太の脚本によるオリジナル作品。主演は堺雅人[1]。第2期の正式タイトルは『リーガルハイ』(「」が入らない)[2]。準主演は新垣結衣




注釈

  1. ^ a b オリコンスタイル (2013年10月24日). “『リーガルハイ』、新垣結衣演じる弁護士の一部学歴を訂正”. 2013年10月27日閲覧。
  2. ^ 「そんでもって今回公式タイトルが変わったことにお気づきでしょうか?「リーガル・ハイ」から「リーガルハイ」へ!」競技遵法占い者(@INAP17INAP)2013年8月30日の発言、2013年8月30日参照
  3. ^ a b 土曜プレミアム特別企画 スペシャルドラマ『リーガル・ハイ』 - とれたてフジテレビ”. フジテレビジョン. 2013年1月31日閲覧。
  4. ^ 待望の新シリーズが、水曜10時枠に完全復活!堺雅人・新垣結衣と対立する弁護士として岡田将生が出演!!『リーガルハイ』 - とれたてフジテレビ”. フジテレビジョン (2013年4月13日). 2013年8月29日閲覧。
  5. ^ リーガル・ハイ シーズン1 扶桑社 2013年8月29日閲覧。
  6. ^ 第2期より。堺雅人、第2期は新しい役作りの為に菅野美穂が待つ自宅で葉巻の扱いを勉強中。
  7. ^ プロフィール 畠山紬”. スマイルモンキー(本人の所属事務所). 2013年11月2日閲覧。
  8. ^ スペシャルドラマ『リーガル・ハイ』人物相関図、リーガル・ハイ公式サイト(フジテレビ)、2013年4月14日参照。
  9. ^ vol.22 土曜プレミアム特別企画 スペシャルドラマ『リーガル・ハイ』続報、リーガル・ハイ公式サイト(フジテレビ)、2013年4月14日参照。
  10. ^ アルファエージェンシー・所属事務所スケジュール
  11. ^ 藤井宏之プロフィール・所属事務所
  12. ^ 毎日新聞デジタル (2013年11月6日). “鈴木保奈美:“一妻多夫”のエリート役でリーガルハイにゲスト出演 “モテる”役は「苦手」?”. 2013年11月14日閲覧。
  13. ^ とれたてフジテレビ (2013年11月6日). “第6話のゲストに鈴木保奈美が登場!3人の夫を持つモテる女性・北条愛子を熱演!『リーガルハイ』”. 2013年11月14日閲覧。
  14. ^ 新野アコヤ”. 宝井プロジェクト. 2014年1月4日閲覧。
  15. ^ 『「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 再会記』P83
  16. ^ 第50回ギャラクシー賞受賞作品放送批評懇談会、2013年6月5日閲覧。
  17. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞: 結果発表(2012年8月16日)、角川マガジンズ、2013年5月2日閲覧。
  18. ^ a b “リーガル・ハイ”のパロディー精神はナイス!-ZAKZAK芸能
  19. ^ この国では、世間さまに嫌われたら有罪――『リーガルハイ』の宣戦布告 - 日刊サイゾー
  20. ^ 『リーガルハイ』脚本家 今後『あまちゃん』思わせる回を示唆 - 女性セブン
  21. ^ 『情報プレゼンター とくダネ!』、2013年10月9日放送
  22. ^ 『「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 没頭記』P62
  23. ^ 『「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 没頭記』P62
  24. ^ 「リーガル・ハイ」スタッフによるツイート
  25. ^ 『an・an PLUS×リーガルハイ 伝え上手になる話し方』マガジンハウス
  26. ^ 「リーガル・ハイ」スタッフによるツイート
  27. ^ a b 「リーガル・ハイ」スタッフによるツイート
  28. ^ 「リーガルハイ」広末が3度目の登場!「北の国から」も!?
  29. ^ 『「リーガルハイ」公式BOOK 古美門研介 没頭記』P64
  30. ^ 【TVドラマ】半笑いの貴公子、堺雅人の歴史と『リーガル・ハイ』
  31. ^ 全放送回と平均の出典。リーガル・ハイ -スポニチ Sponichi Annex 芸能、2012年6月28日参照。
  32. ^ 豪華ゲストが続々発表!熱血教師役に榮倉奈々、裁判長役に広末涼子!土曜プレミアム特別企画 スペシャルドラマ『リーガル・ハイ』、フジテレビ、2013年3月1日参照。
  33. ^ 全放送回と平均の出典。「リーガルハイ」18・9%締め!最後まで高視聴率キープ(2013年12月19日)、スポニチアネックス、2013年12月19日参照。
  34. ^ 新高視聴率男・堺雅人主演『リーガルハイ』初回視聴率21.2% ORICON STYLE 2013年10月10日閲覧。
  1. ^ 携帯電話はBlackBerryを利用している(第1期第4話エピソードより)。
  2. ^ 公式HP相関図より。
  3. ^ a b スペシャルドラマエピソードより。第2期最終話劇中で郵便番号が修正されていた。ロケ地は世田谷区奥沢6-19-6にあるレストラン「ラ・ビュット・ボワゼ」。エンドロールで撮影協力と表示。及び、2013年10月28日にラ・ビュット・ボワゼ お知らせ・ブログ(2014年1月4日閲覧)で外観、階段、玄関がドラマに登場していると公表された。
  4. ^ 携帯電話番号は「090-0921-043」、メールアドレスは「machiko.mayuzumi@easy.ne.jp」と名刺に表記されている(スペシャルドラマエピソードより)。
  5. ^ 第2期第3話放送まではお茶の水女子大学附属高等学校 - お茶の水女子大学出身との設定だったが、第3話に高校の同級生として熊井健悟が登場したことから、放送同日中に視聴者から“女子校出なのに男子の同窓生?”と指摘があり、公式サイト上で(黛先生本人に確認を取ったという形で)訂正を行った。
  6. ^ 第1期第1話エピソードより。
  7. ^ 日本円で¥18,124,030(当時)。
  8. ^ 公式サイト上の年齢は一時期「50」、公式ガイドブックでは「65」と表記されていたことがあるが、出版されている脚本および現在の公式サイト表記では「不詳」となっている。ただし、第一期で「私の子供の頃はサンタクロースというシステムがございませんでした」という発言がある。
  9. ^ a b c d e 第2期第1話エピソードより。
  10. ^ 意味を問われたらだいたい「僕にも分かりません」と答える。
  11. ^ 「今日限りで三木法律事務所を辞める」と三木の前で宣言したときに本人自らが話していた(第2期第1話エピソードより)。
  12. ^ 第1期第3話エピソードより。
  13. ^ 第1期最終話エピソードより。
  14. ^ 第2期第4話エピソードより。
  15. ^ 第2期第8話エピソードより。
  16. ^ 第2期第9話エピソードより。
  17. ^ 第2期第1話エピソード(週刊誌の記事タイトル)より。
  18. ^ 正確に言えば、「自分が相続できそうな資産」。
  19. ^ 第2期最終話エピソードより。
  20. ^ 黛に職業を聞かれた際はブロガーであると答えたが、それで収入を得ているのかと聞かれると、「その予定」と答えた。
  21. ^ 現住所は東京都大田区田園調布6丁目1(劇中使用の養子縁組届出書の記載から引用)。
  22. ^ 本籍は東京都大田区仲池上3丁目56番地 / 現住所は東京都大田区中央9丁目13番地2号(劇中使用の養子縁組届出書の記載から引用)。
  23. ^ 第9話エンドロール及び、スターダス・21 公式ホームページ 篠原正明より。
  24. ^ 第9話エンドロール及び、スターダス・21 公式ホームページ 仗桐安より。
  25. ^ 第2期8話エピソードより公聴会で古美門が証言。
  26. ^ 第2期8話ナレーションより。
  27. ^ 第1期第4話「東に夕日が沈むのは『天才バカボン』の世界だけです」という発言にて。
  28. ^ このセリフは古沢の脚本段階から存在し、『半沢』の初回放送を見てから「流行るかな」と思いふざけて入れたが、予想以上の大ブームとなったため「いまさらやめよう」とは言えなかったという。
  29. ^ CIは『半沢』の東京中央銀行は赤がコーポレートカラーでTのマークを採用しているがこの東京中央銀行はコーポレートカラーが青でありマークも異なることから偶然同名になっただけで直接は無関係。
  30. ^ 『ぴったんこカン・カン』、2012年10月12日放送(ぴったんこカン・カンの番組概要ページ - gooTVトピック検索 2012年10月12日)。


「リーガル・ハイ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

リーガル・ハイに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リーガル・ハイ」の関連用語

リーガル・ハイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




リーガル・ハイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリーガル・ハイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS