ライスシャワー ライスシャワーの概要

ライスシャワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/02 00:15 UTC 版)

ライスシャワー
Riceshower.JPG
1995年6月4日 京都競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1989年3月5日
死没 1995年6月4日(6歳没・旧7歳)
登録日 1991年4月4日
抹消日 1995年6月4日
リアルシャダイ
ライラックポイント
母の父 マルゼンスキー
生国 日本の旗 日本北海道登別市
生産 ユートピア牧場
馬主 栗林英雄
調教師 飯塚好次(美浦
厩務員 川島文夫
競走成績
生涯成績 25戦6勝
獲得賞金 7億2949万7200円
テンプレートを表示
  • 記事中の馬齢はすべて2000年以前に使用された旧表記(数え年)とする。

経歴

生い立ち

1989年3月、栗林運輸会長の栗林英雄が北海道登別市に所有するユートピア牧場に生まれる。小柄ながら健康で、近隣の牧場から訪れた人々からも体躯のバランスの良さを高く評価され、購買の申し入れもあった[1]。1990年10月末には、育成調教を行うため千葉県にある分場・大東牧場に移動[2]。外見では「身体の硬い馬」という印象を与えていたが、担当者によれば騎乗してみると柔らかく、「雲の上に乗っているような気分だった」という[3]。また、性質的に馴致に全く手が掛からない馬であり、育成の進捗は常に他馬よりも先んじていた[3]

育成を終えたのち、1991年3月23日に茨城県美浦トレーニングセンターの飯塚好次の元へ入厩[4]。4月4日には「ライスシャワー」と馬名登録された[5]。これは結婚式のライスシャワーのように、本馬に触れる全ての人々に幸福が訪れるようにとの意味が込められていた[5]。異説として、秋篠宮文仁親王紀子妃の結婚の時期であったため、祝賀の気持ちを込めたとも言われている[6]。飯塚はライスシャワーの印象について「男馬にしては体が小さい。それもあって大物感はなく、もちろんグレードレースでどうの、といったことは少しも考えなかった。ただ小さいけれど、いかにもバランスがいい体型なので、うまくいけば中堅クラスまではいくかな、と思いましたよ」と述べている[7]。担当厩務員となった川島文夫は、体の小ささが目について期待よりも不安の方が大きかったという[7]

戦績

デビューから東京優駿まで

調教が積まれ、3歳戦が始まる7月の札幌開催にはデビューを迎えられる状態となった。しかし7月の初旬に熱発を起こして札幌での初戦は見送られ[8]、デビューは1ヶ月後、8月10日の新潟開催で迎えた。当日は飯塚厩舎所属であった若手騎手・水野貴広を鞍上に、2番人気に支持される。ここは先行策から最後の直線でダイイチリュモンをクビ差競り落とし、初戦勝利を挙げた。

重賞初出走となった2戦目の新潟3歳ステークスでは、水野が前日に騎乗停止処分を受けたことから急遽菅原泰夫が代役を務めた[9]。当日は3番人気に推されたが、スタートで遅れて後方からのレースとなり、馬群の内側に包まれたまま11着と敗れた[9]。3戦目に格上挑戦で出走した芙蓉ステークスでは騎手が水野に戻ると、最後の直線入り口で先頭に立ってから、1番人気アララットサンとの競り合いを制し、2勝目を挙げた[10]。この競走後に右前脚の骨折が判明。全治3ヶ月と診断され、トレーニングセンター内での療養が図られた[11]

1992年3月29日、4歳となったライスシャワーは皐月賞へのトライアル競走スプリングステークスで復帰する。若手の水野では荷が重いとの判断から、ベテランの柴田政人が騎乗した[12]。的場均にも声が掛けられていたが、的場は先約があるとの理由でこれを断っている[13]。この競走でミホノブルボンと初対戦したが、同馬が2着に7馬身差をつけて勝利した後方で4着となった。柴田政人は「この勝負ではミホノブルボンとの差は決定的だが、この先体調も良くなり、レースの距離も伸びれば、かなりいいところまで行く馬だと思ったよ。ぼくはもう皐月賞、ダービーに乗る馬が決まっていたんで、この馬に乗るのは多分この1回だけと思ったけど、もう乗らないのが惜しい気持ちになったもの」と述懐している[12]

次走・クラシック初戦の皐月賞より、的場均が騎手を務めた。この競走では最終コーナー手前から失速し、ミホノブルボン優勝の後方で8着[13]東京優駿(日本ダービー)へのトライアル競走・NHK杯でもやはり8着となった。的場はこの結果について「最初から過度の期待はしていなかった」とし、「このままじゃ本番(ダービー)も苦しいかなと、相手の実力を比較して考えました」と述べている[14]。5月31日に迎えた日本ダービーでは18頭立て16番人気の評価だったが、最終調教でライスシャワーの調子が上がっていることを感じた的場は「いい位置で粘りきることが、馬の力を引き出す一番の方法だと思って」逃げたミホノブルボンに続く2番手でレースを進めた[15]。最後の直線ではミホノブルボンとの差を詰めることができず、後方から追い込んできたマヤノペトリュース(田原成貴騎乗)に一旦は交わされたが、最後に失速した同馬を差し返す形となり2着で入線。ミホノブルボンとの馬連配当2万9580円という波乱の立役者となった。的場は「もし田原騎手が『ブルボンを負かすのは無理』と、照準をブルボンではなく僕らに向けて2着狙いできていたら、おそらく楽に捉えられてしまっただろうし、そういう意味では、この2着はラッキーであったかもしれない」としながらも、「日が経つにつれて『この馬で、あのミホノブルボンに、三冠最後の菊花賞で何とか立ち向かいたい』という気持ちが、僕にも強く湧いてきた」と述懐している[16]

ミホノブルボンのクラシック三冠を阻止

夏は休養のため大東牧場で過ごし、7月下旬に帰厩[17]。9月24日にセントライト記念で復帰した。この日、的場は函館3歳ステークスに出走するインターマイウェイに騎乗するため函館競馬場におり[13]、鞍上には代わって田中勝春を迎えた。レースはミホノブルボンの僚馬レガシーワールドが先行し、ライスシャワーは第3コーナーからこれを捉えに動いたが、アタマ差届かす2着となった[18]。ライスシャワーに騎乗せず函館に行った的場に、飯塚は「ダービー2着馬をふった」と不快感を示し、競走後には騎手交替が取り沙汰されたが、これを知った的場が飯塚に謝罪したことで事態は収拾し、主戦騎手は的場のまま据え置かれた[13]。的場はこの件について「ライスシャワーはもう必要な教育がすべてできているので、ある意味では誰に手綱を譲っても安心である。しかし、若馬はそうはいかない。もしも何かのきっかけでレースが嫌いになったら、悪い癖がついたら……。能力がある馬でも、それを出し切れないまま終わってしまうかもしれない。どうしても僕らは心配性になってしまうし、先々を考えて選択したつもりだった」と述べている[19]。騎手が的場に戻った次走・京都新聞杯ではミホノブルボンと4度目の対戦となり、同馬に次ぐ2番人気に支持された。結果はミホノブルボンから1馬身半差の2着となり4連敗を喫したが、菊花賞はライスシャワーに向き、ミホノブルボンには不向きな3000メートルの長距離となることから、的場、飯塚ともに本番での逆転に自信を深めたという[13]

11月8日の菊花賞当日は、史上5頭目、無敗馬としては史上2頭目のクラシック三冠達成が懸かったミホノブルボンが単勝オッズ1.5倍の1番人気に支持され、ライスシャワーは7.3倍と離れた2番人気であった。レースは、逃げ馬であったミホノブルボンに先んじてキョウエイボーガンが先頭を奪い、ライスシャワーは5番手という展開となる。2周目の最終コーナーで失速したキョウエイボーガンをミホノブルボンが交わして先頭に立ったが、直線半ばでライスシャワーがこれを差し切り、1馬身1/4差を付けて優勝。重賞初制覇をクラシックで果たした[注 1]。優勝タイム3分5秒0は当時の芝3000mにおける日本レコードタイムであった。またこの勝利は、ミホノブルボンのデビュー以来8連勝・三冠を阻止し、その競走馬生活における唯一の黒星を与える結果ともなった[注 2]。的場は競走後のインタビューにおいて「人馬ともども、なんとかミホノブルボンを負かしてやろうという気持ちでいたんですが、それが実って本当に嬉しいですね[20]」と語ったが、三冠達成への期待が高かったことから、競走後の場内には「拍手もなくて、ブーイングのような雰囲気」(栗林育子)、「今までにない、ちょっと何かおかしな雰囲気」(小島貞博)も漂った[21]

年末にはグランプリ競走・有馬記念に出走し、トウカイテイオーに次ぐ2番人気に推された。しかし、的場が後方に位置したトウカイテイオーの不調に気付かずスパートが遅れる結果となり、8着に終わった[注 3]。的場はこの競走について「僕が乗った中で、ライスシャワーに対して最も失礼なレースだった」と述べている[22]

メジロマックイーンの天皇賞(春)三連覇を阻止

古馬となった翌1993年は天皇賞(春)を目標に据え、目黒記念より始動。負担重量は59kgと過去最高であったが、的場は天皇賞制覇のために「自力で勝負できる"格"」が必要であると考え、相手を菊花賞3着馬のマチカネタンホイザに定め、これを自力で追走し差し切る競馬を試みた[23]。結果は2馬身半離されての2着であったが、調整途上でもあり陣営には納得のいく内容であった[23]。続く日経賞で初めて1番人気の支持を受け、これに応えての勝利を挙げた。

次走はかねて目標としていた天皇賞(春)となり、当日に向けて非常に厳しい調教が課された。この競走を2連覇中であったメジロマックイーンを意識してのものであったが、「馬を虐め過ぎではないか」との批判が上がり、「メジロマックイーンに勝つ前に馬が潰れる」と揶揄されたほどの過酷な内容であった[24]。しかしこの調教が功を奏し、天皇賞当日は前走から12kg減・東京優駿以来となる430kgと、限界まで絞り込んだ馬体での出走となった。このときのライスシャワーの状態について、的場は「なにか猛獣というか、すごい生命体というか、そばに近づいたときから、火でも吹かれるんじゃないかって、そんな恐ろしいような雰囲気がありましたが、乗ったらもう、馬じゃない別の生き物でしたよ。これで下手に怒らせたら、指や足を食いちぎられるんじゃないかと思ったぐらい」と述べ[25]、また飯塚は「当日馬を見たとき、これは凄い、と思ったよ。走るという気力というか、迫力というか。見た目にはそれまでと特別変わっていないんだが、内から溢れ出るものがすごいんだ。このとき初めて、今日は勝つ、と確信したよ」と述べている[25]。またフジテレビ系列放送で実況を担当した杉本清は「この時のライスの身体は、まさに研ぎ澄まされた鋼のようでした」と述べている[26]

当日はメジロマックイーンに次ぐ2番人気に支持された。レースは前年の有馬記念を制したメジロパーマーが逃げ、マックイーンはこれを見る一団の中に位置、さらにライスシャワーがその直後につけた。周回2周目の最終コーナーでは完全にこの3頭が抜け出したが、直線半ばでメジロマックイーンをライスシャワーが捉えると、ゴールでは2馬身半の差を付けて優勝。同馬の天皇賞(春)三連覇および鞍上・武豊の五連覇を阻止した。走破タイム3分17秒1は菊花賞に続き再びのレコードタイムであった。ゴールの直後、杉本清は「関東の刺客、ライスシャワー。天皇賞でも圧倒的な人気のメジロマックイーンを破りました」と実況[27]。この競走以降、ライスシャワーには「刺客」という異名も冠された[27]

なお、的場はライスシャワーを悪役・敵役とする見方に不快感を抱いていたといい、自著の中で次のように述べている。

確かに僕らはミホノブルボンの三冠を阻止し、メジロマックイーンの天皇賞三連覇を阻んだ。アイドルホースたちが歴史的偉業を達成する瞬間を邪魔してばかり、そんな印象なのだろうか。しかし、競走馬と勝負師が勝ちにいっているのだ。そこには悪役も何も、ないはずである。
(中略)メジロマックイーンのときもそうだった。《関東の刺客》とか《マーク屋》とか言われるのは、決して気持ちのいいものではない。「こっちの気も知らないで……」と僕などは思ってしまう。
僕らは勝つために、最大限の努力をしている。その努力には、さまざまな思いや戦略が、たとえひとつでも違っていたら勝利を勝ち取ることなどできないほどの緊密さ、複雑さで絡み合っている。そのあたりをこそ見てほしいのだ。それこそが勝負の面白さ、レースの面白さでもあると僕は思う。
アイドルだとか悪役だとか、馬たちを擬人化しては、ドラマ仕立てで眺めるのも競馬のひとつの楽しみ方なのかも知れないが、そうした見方では決して感じ取れない、ずっと奥の深い、面白い世界が、そこには広がっているはずである[28]

スランプ

天皇賞後は放牧に出され、9月初頭に帰厩[29]。秋緒戦のオールカマーでは1番人気に支持されたが、道中で後続を大きく離して逃げたツインターボを捉えられず、勝った同馬から6馬身弱の差で3着となる。春秋連覇を目指した天皇賞では再度1番人気となったが6着と敗れ、以後ジャパンカップ、有馬記念も14着、8着と大敗した。飯塚は当時の状態について「見た目は普通、というか、春とほとんど変わらないデキなんだが……。どこか足りないというか、本当じゃない。調教も走るし、内臓だってまるで悪いところはない。そうなると、精神的な原因ということを考えたが、それがなにかわからない。そういう状態が、このシーズンずっと続いた」と述べている[30]

翌1994年の初戦は、関西の競馬場が合っているのではないかという飯塚の考えにより、西下して京都記念(阪神競馬場)に臨んだ[31]。結果は前年の菊花賞馬ビワハヤヒデの5着となったが、的場によると「直線の動きは一瞬あれっ、というところがあり、もうひと追いすれば伸びる予感があった。長いスランプだったけど、ここらあたりがトンネルの出口かとも思った」という[31]。京都記念の後には状態の向上が見られ始め[32]、関東に戻っての日経賞では最後の直線で先頭に立ち、差し込んできたステージチャンプにハナ差の2着と、復活の兆しを見せた。

この後は連覇が懸かる天皇賞(春)を目標に、関西馬の調教拠点である栗東トレーニングセンターに入り調教が積まれたが、天皇賞の前週である4月16日の調教中、3歳時に骨折した右前管骨に再び故障を発生する[33]。3歳時とは異なり競走生命を危ぶまれる重傷で、この時点で引退が検討され、種牡馬となる道が模索された[34]。しかし長距離競走以外の実績に乏しかった点や、小柄な馬体が敬遠され受け入れ先が見つからず、現役続行が決定する[34]。その後はユートピア牧場に移動して療養。復帰は翌春になると見込まれていたが、予想より回復が早く、10月末に帰厩を果たした[35]

2ヶ月後には復帰戦の有馬記念を迎えた。この年史上5頭目のクラシック三冠を達成したナリタブライアン、当時最強牝馬と評されていたヒシアマゾンに続く3着となった。しかし1995年の年明け2戦ではいずれも1番人気に推されたが、それぞれ60kg、59kgという斤量も響き[36]、いずれも6着と敗れた。

2年ぶりの復活

2年振りの出走を決定した天皇賞(春)では、前哨戦の阪神大賞典を圧勝していたナリタブライアンが故障により回避。主力馬不在の中、4番人気の評価であった。逃げ馬が不在であったことからレースはスローペースで推移。ライスシャワーは2周目の向正面で行く気を見せたことから、的場は「この瞬間の馬のやる気にのって、その勢いでゴールまで粘りこむという、一種の奇襲戦法をとれば、僅かだが勝つチャンスがある」と考え[37]、第3コーナーから800メートルのロングスパートを仕掛けた。最終コーナーで馬群から抜け出して先頭に立ち、最後の直線で逃げこみを図ったが、最後は追い込んできたステージチャンプと内外馬体が重なった状態で入線した。この時ステージチャンプに騎乗していた蛯名正義ガッツポーズを見せたため敗れたと思われたが、写真判定の結果わずかに先着(着差ハナ)しており、1993年の同競走以来728日振りの勝利で復活を果たした[注 4]。着差は約10cmという僅差であった(競走詳細は第111回天皇賞を参照のこと)。

かつて福永洋一ニホンピロムーテーを駆り、似た作戦で菊花賞を制した前例はある[38]ものの、京都競馬場の長距離戦で第3コーナーから仕掛けることはセオリーを無視した騎乗とされており、的場はスパートを実行するまでゴール直前で誰かに差される光景を思い浮かべ、言い訳の言葉も考えていたという[37]。的場は後に「あの騎乗は、もしライスシャワーが絶好調だったら絶対に選ばなかった乗り方だ。でもそのまま無難にのっていたら、おそらく着がいいところだったと思う。勝つ確率が、あの乗り方なら少しは高くなる。その一点に賭けて、僕らは勝ちに行ったのだ」と述べている[39]

運命の宝塚記念

天皇賞の後は疲れが見られたことから、放牧に出ることも考えられていた[40]。しかし宝塚記念のファン投票で1位に選出されたこと、またこの競走が当年1月に発生した阪神・淡路大震災の影響で、例年開催の阪神競馬場ではなく得意の京都競馬場での開催となっていたことから、出走が決定する[41]。他に近走の重量からは望外の軽量となる56kgで出走できることもあり[40]、さらに種牡馬入りが再度検討された際、やはり中距離競走での実績が必須であると結論付けられた事情もあった[42]。宝塚記念2日後の6月6日には、種牡馬入りへの支援を申し出た日本中央競馬会の担当者がライスシャワーを見に来る予定となっていた[43]

当日は3番人気に支持され、レースでは後方を進んだ。的場は最初のコーナーを回った時点で様子がおかしいことを感じ取り「今日は勝つどころじゃない、慎重にまわってこようと」考えたという[44]。第3コーナーでライスシャワーは自らスピードを上げたが、直後に前のめりになり、いったん身体を起こした後に転倒[44]。左第一指関節開放脱臼、粉砕骨折を発症しており、診療所まで運ぶことができず、その場に幔幕が張られた中で安楽死の措置が執られた[42]。的場は打撲で済んでいたことから、その最期を看取った[45]。担当厩務員の川島は、手綱を握りしめたまま泣いていたという[45]

死後

京都競馬場内のライスシャワー記念碑。栗林育子の姉が詠んだ「疾走の馬 青嶺の魂(たま)となり」という句が刻まれている[46]

その死後、この年のJRA賞において「特別賞」が贈られた。また京都競馬場の職員たちの発案により、翌1996年9月7日には京都競馬場内にライスシャワーの遺髪が収められた記念碑が建立された[46]。また、故郷・ユートピア牧場には墓(母ライラックポイントの墓も共にある)が、育成場であった大東牧場には栗林英雄・育子夫人の手により建立された記念碑がある。他にも、茨城県美浦トレーニングセンターにはライスシャワーを管理していた飯塚好次の手による記念碑があり、栃木県大田原市のくろばねスプリングスには供養塔が建立されている。特に京都競馬場内の記念碑には現在でも多くの献花・供え物がされている。

2010年の菊花賞当日に行われた「京都クラウンプレミアム」の競走名は、歴代菊花賞優勝馬を対象としたファン投票の結果「ライスシャワーメモリアル」となり[47]、当日にはライスシャワーへのメッセージが募集され、それらは競走後にユートピア牧場のライスシャワーの墓前に供えられた[48]

競走成績

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離馬場 タイム(上がり 着差 勝ち馬/(2着馬) 馬体重
1991 8. 10 新潟 3歳新馬 10 7 8 3.1(2人) 1着 水野貴広 ▲50 芝1000m(良) 0:58.6 (34.8) クビ (ダイイチリユモン) 440
9. 1 新潟 新潟3歳S GIII 14 1 1 4.3(3人) 11着 菅原泰夫 53 芝1200m(良) 1:11.7 (37.0) -1.0 ユートジェーン 440
9. 21 中山 芙蓉S OP 8 8 8 3.7(2人) 1着 水野貴広 53 芝1600m(重) 1:36.1 (36.7) (アララットサン) 444
1992. 3. 29 中山 スプリングS GII 14 3 3 68.9(12人) 4着 柴田政人 56 芝1800m(重) 1:51.7 (38.5) -1.6 ミホノブルボン 450
4. 19 中山 皐月賞 GI 17 5 9 59.0(11人) 8着 的場均 57 芝2000m(良) 2:02.8 (38.0) -1.4 ミホノブルボン 438
5. 10 東京 NHK杯 GII 16 8 15 25.0(9人) 8着 的場均 56 芝2000m(重) 2:03.4 (36.3) -0.6 ナリタタイセイ 434
5. 31 東京 東京優駿 GI 18 7 13 114.1(16人) 2着 的場均 57 芝2400m(稍) 2:28.5 (37.6) -0.7 ミホノブルボン 430
9. 27 中山 セントライト記念 GII 13 8 14 6.5(3人) 2着 田中勝春 56 芝2200m(良) 2:13.6 (36.9) 0.0 レガシーワールド 442
10. 18 京都 京都新聞杯 GII 10 1 1 7.1(2人) 2着 的場均 57 芝2200m(良) 2:12.2 (35.9) -0.2 ミホノブルボン 438
11. 8 京都 菊花賞 GI 18 4 8 7.3(2人) 1着 的場均 57 芝3000m(良) 3:05.0 (34.6) 1 1/4 (ミホノブルボン) 438
12. 27 中山 有馬記念 GI 16 8 16 4.9(2人) 8着 的場均 55 芝2500m(良) 2.34.1 (35.1) -0.6 メジロパーマー 446
1993. 2. 21 東京 目黒記念 GII 12 5 5 3.5(2人) 2着 的場均 59 芝2500m(良) 2:32.8 (36.6) -0.4 マチカネタンホイザ 448
3. 21 中山 日経賞 GII 12 8 11 1.8(1人) 1着 的場均 58 芝2500m(良) 2:35.8 (34.9) 2 1/2 (イタリアンカラー) 442
4. 25 京都 天皇賞(春) GI 15 2 3 5.2(2人) 1着 的場均 58 芝3200m(良) 3:17.1 (36.3) 2 1/2 メジロマックイーン 430
9. 19 中山 オールカマー GIII 13 6 8 1.8(1人) 3着 的場均 57 芝2200m(良) 2.13.6 (35.0) -1.0 ツインターボ 436
10. 31 東京 天皇賞(秋) GI 17 1 1 3.0(1人) 6着 的場均 58 芝2000m(良) 1.59.6 (36.8) -0.7 ヤマニンゼファー 444
11. 28 東京 ジャパンC GI 16 1 1 12.8(7人) 14着 的場均 57 芝2400m(良) 2.25.9 (37.4) -1.5 レガシーワールド 444
12. 26 中山 有馬記念 GI 14 4 6 10.9(5人) 8着 的場均 57 芝2500m(良) 2.32.1 (35.9) -1.2 トウカイテイオー 446
1994 2. 13 阪神 京都記念 GII 10 4 4 6.6(2人) 5着 的場均 60 芝2200m(稍) 2.18.3 (38.3) -1.5 ビワハヤヒデ 444
3. 20 中山 日経賞 GII 9 6 6 6.6(2人) 2着 的場均 59 芝2500m(良) 2.32.8 (36.8) 0.0 ステージチャンプ 442
12. 25 中山 有馬記念 GI 13 6 10 17.7(4人) 3着 的場均 56 芝2500m(良) 2.33.1 (35.3) -0.9 ナリタブライアン 452
1995 2. 12 京都 京都記念 GII 8 8 8 2.7(1人) 6着 的場均 60 芝2200m(良) 2.12.5 (35.1) -0.7 ワコーチカコ 450
3. 19 中山 日経賞 GII 9 1 1 1.9(1人) 6着 的場均 59 芝2500m(不) 2.42.3 (38.5) -1.3 インターライナー 446
4. 23 京都 天皇賞(春) GI 18 2 3 5.8(4人) 1着 的場均 58 芝3200m(重) 3.19.9 (36.0) ハナ (ステージチャンプ) 442
6. 4 京都 宝塚記念 GI 17 8 16 6.0(3人) - 的場均 56 芝2200m(稍) 競走中止 - ダンツシアトル 438

※タイム赤字はレコード(当時)




注釈

  1. ^ 的場均は菊花賞初優勝、管理調教師の飯塚はこれがGI競走の初優勝となった。また、馬主の栗林は1943年の第6回競走をクリフジで制している父・友二に続く、父子二代の菊花賞優勝オーナーとなった。
  2. ^ ミホノブルボンはこの競走後に骨膜炎を発症して休養。休養中にも骨折するなど故障が相次ぎ、1年以上に及ぶ療養生活の末に競走に復帰することなく引退している。
  3. ^ トウカイテイオーは11着。
  4. ^ 3着にもハギノリアルキングが入り、リアルシャダイ産駒が1着から3着までを独占した
  5. ^ 淀=京都競馬場の俗称。競馬場が所在する地域の名称に由来する。
  6. ^ 優勝したダンツシアトル、3着だったエアダブリン、14着のネーハイシーザー、最下位でゴールしたナリタタイシンの4頭がこの宝塚記念から少し経った後に屈腱炎を発症し、ダンツシアトルとナリタタイシンは引退に追い込まれているが、その原因がこの「高速馬場」で激走したのが原因だったのではないかとの指摘がある。
  7. ^ ライスシャワー優勝以前の菊花賞レコードはマルゼンスキー産駒のホリスキーが保持していた。
  8. ^ 1996年版のデータブックでは、リアルシャダイは「スピード・底力ある中・長距離タイプ」、マルゼンスキーは「パワフルなスピード型万能タイプ」とされている。(飯田正美『種牡馬血統データブック』西東社、1996年)

出典

  1. ^ 柴田(1998)p.33
  2. ^ 柴田(1998)p.48
  3. ^ a b 柴田(1998)pp.50-51
  4. ^ 柴田(1998)p.53
  5. ^ a b 柴田(1998)p.54
  6. ^ 『ライスシャワー 55分55秒5』(ビデオ)学習研究社 ISBN 978-4054005976
  7. ^ a b 『名馬列伝ライスシャワー』p.18
  8. ^ 柴田(1998)pp.59-60
  9. ^ a b 『名馬列伝ライスシャワー』pp.20-21
  10. ^ 柴田(1998)p.74
  11. ^ 柴田(1998)p.76
  12. ^ a b 『名馬列伝ライスシャワー』pp.24-25
  13. ^ a b c d e 『名馬列伝ライスシャワー』pp.26-27
  14. ^ 『名馬列伝ライスシャワー』pp.28-29
  15. ^ 『名馬列伝ライスシャワー』pp.30-31
  16. ^ 的場(2001)p.129
  17. ^ 柴田(1998)pp.93-97
  18. ^ 『名馬列伝ライスシャワー』pp.32-33「
  19. ^ 的場(2001)p.121
  20. ^ 『優駿』1993年1月号、p.141
  21. ^ 松永(2000)pp.109-110
  22. ^ 的場(2001)p.133
  23. ^ a b 『名馬列伝ライスシャワー』pp.40-41
  24. ^ 柴田(1998)p.142
  25. ^ a b 『名馬列伝ライスシャワー』pp.44-45
  26. ^ 杉本(1995)p.133
  27. ^ a b 柴田(1998)p.155
  28. ^ 的場(2001)p.138
  29. ^ 『名馬列伝ライスシャワー』pp.46-47
  30. ^ 『名馬列伝ライスシャワー』p.50
  31. ^ a b 『名馬列伝ライスシャワー』pp.54-55
  32. ^ 『名馬列伝ライスシャワー』pp.56-57
  33. ^ 柴田(1998)p.179-180
  34. ^ a b 柴田 pp.181-182
  35. ^ 柴田 pp.188-192
  36. ^ 柴田 pp.199-201
  37. ^ a b 『名馬列伝ライスシャワー』pp64-65
  38. ^ 的場(2001)p.148
  39. ^ 的場(2001)p.151
  40. ^ a b 柴田(1998)pp.227-228
  41. ^ a b 『優駿』1995年10月号、pp.52-53
  42. ^ a b 『優駿』2001年7月号、p.59
  43. ^ 柴田(1995)p.230
  44. ^ a b 『名馬列伝ライスシャワー』pp.66-67
  45. ^ a b 的場(2001)p.154
  46. ^ a b 松永(2000)pp.115-116
  47. ^ 菊花賞当日の最終は「ライスシャワーM」”. Sponichi Annex (2010年9月28日). 2013年4月22日閲覧。
  48. ^ ジョッキーチャリティーオークション及びライスシャワー号メッセージ受付へのご協力ありがとうございました!”. 日本中央競馬会 (2010年11月25日). 2013年4月22日閲覧。
  49. ^ 柴田(1998)p.222
  50. ^ 『名馬列伝ライスシャワー』p.132
  51. ^ 渡辺(2004)p.46
  52. ^ 『名馬列伝ライスシャワー』p.108
  53. ^ 的場(2001)p.141
  54. ^ 的場(2001)p.146
  55. ^ 『サラブレッド101頭の死に方』p.493
  56. ^ 『優駿』1995年9月号、p.47
  57. ^ 『優駿』1995年11月号、pp.57-58
  58. ^ 『競馬名馬&名勝負読本』pp.22-23
  59. ^ 『名馬列伝ライスシャワー』p.125
  60. ^ a b 『競馬名馬&名勝負読本』 pp.230-231
  61. ^ 『ダビスタコミック 3R』p.63
  62. ^ 『優駿』2000年10月号、p.21
  63. ^ a b 『優駿』2000年10月号、p.115







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ライスシャワーに関連した本

ライスシャワーに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ライスシャワー」の関連用語

ライスシャワーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ライスシャワーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのライスシャワー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS