ヤマト運輸 ヤマト運輸の概要

ヤマト運輸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/21 02:39 UTC 版)

ヤマト運輸株式会社
Yamato Transport Co., Ltd.
Yamato Holdings (headquarters) 1.jpg
ヤマトホールディングスおよびヤマト運輸本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-8125
東京都中央区銀座二丁目16番10号
設立 2005年平成17年)3月31日
業種 陸運業
法人番号 1010001092605
事業内容 トラック輸送
航空輸送
海運
倉庫
代表者 長尾裕代表取締役社長
資本金 500億円
発行済株式総数 100万株
従業員数 157,863人(2016年3月15日現在)
決算期 3月末日
主要株主 ヤマトホールディングス
外部リンク www.kuronekoyamato.co.jp
テンプレートを表示

目次




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 中国でも現地社員達は「ヤマトは私、私はヤマト」と唱えている
  2. ^ 同社のトラックには古くからこのマークが描かれており、1967年の日活映画「拳銃は俺のパスポート」(野村孝監督)に当時の大和運輸のトラックが登場するシーン(撮影のために貸し出されたと見られる)では、「大和運輸」の社名と共に、ネコのマークが写っている。
  3. ^ なお、東京ディズニーリゾートは同じ宅配便サービスの「ペリカン便」を行っていた日本通運がオフィシャルスポンサーとなっている。
  4. ^ ヤマト運輸に関連した模型としては2016年(平成28年)2月バスコレクショントミーテック製)で「ヒトものバス」が発売されているが、意匠は一般的な宅急便車両とは大きく異なる。
  5. ^ 但し、運送保険料は『着払い』には出来ない。
  6. ^ 心(立心偏)を亡くさず、また商売繁盛の願いを込めて、社内では繁期と呼んでいる。
  7. ^ ベースが併設されている営業所では、概ね21時。こちらも営業所により異なる。
  8. ^ チャージできる金額は、5千円から千円単位で2万9千円まで。
  9. ^ 『BIG』を発行する場合は、発行手数料324円(税込み)が必要。
  10. ^ 2011年8月28日の放送は、山口の無免許運転発覚によりスポンサー活動を自粛した。
  11. ^ ゴールデン移行後の当初は、同業他社の佐川急便が、スポンサーに付いていた。
  12. ^ a b テレビ朝日系列『報道ステーション』から放送局・放送枠ごと移動
  13. ^ なお、ヤマト運輸は、2010年4月から後続番組の「ザ!鉄腕!DASH!!」のスポンサーに付く。
  14. ^ 1997年5月10日放送の「河田町からお台場の引越企画」では、架空のカウンタックのめちゃイケ運輸が登場したが、この時に流れていた曲は当時流れていた当社のCMソングの替え歌が使われた他、荷物に貼る注意シールも当社で現在も使用しているものにほぼ似せたものが使われた。
  15. ^ 月曜は同業他社の日本通運がスポンサーに付くが、2013年4月改編で姉妹番組の「報道ステーションSUNDAY」と「いきなり!黄金伝説。」へ提供枠を移動した。後任はairweave。2013年4月改編よりさらに同業他社の佐川急便が金曜に付く。
  16. ^ 東京向け(78.6MHz)はTRAFFIC INFORMATIONに差し替え(提供も印傳屋に変更)。

出典

  1. ^ a b クロネコヤマトは変えません。”. ヤマトホールディングス (2004年8月26日). 2015年2月1日閲覧。
  2. ^ a b ヤマト運輸”. TBS (2006年8月13日). 2015年2月1日閲覧。
  3. ^ コンビニ「ゆうパック」差し止め訴訟、ヤマト運輸の敗訴確定”. 読売新聞 (2009年2月17日). 2009年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月1日閲覧。
  4. ^ 日下淳の東京レポート 決着した「クロネコヤマト」の後継者問題 (1) 決着した「クロネコヤマト」の後継者問題 (2)
  5. ^ 日下淳の東京レポート 決着した「クロネコヤマト」の後継者問題 (2) 決着した「クロネコヤマト」の後継者問題 (2)
  6. ^ a b “クロネコマークの原案、見つかる! 作者は当時6歳、担当者の娘さん”. Withnews. (2016年4月14日). http://withnews.jp/article/f0160414002qq000000000000000W03610101qq000013138A 2014年6月25日閲覧。 
  7. ^ “ヤマトグループ「ネコマーク」の原案か 6歳の子が描いた絵が見つかる”. ライブドアニュース. (2016年4月14日). http://news.livedoor.com/article/detail/11411491/ 2014年6月25日閲覧。 
  8. ^ クロネコヤマトのマーク 関心空間
  9. ^ “<ヤマト運輸>アマゾン即日配送撤退へ”. 河北新報ONLINE NEWS (河北新報社). (2017年4月7日). オリジナル2017年4月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170409090617/http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201704/2017040701001219.html 2017年4月9日閲覧。 
  10. ^ “Yahoo!オークションの商品発送が24時間可能~安価な宅配サービス「はこBOON」、全国のファミリーマートでスタート!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), Yahoo! JAPAN, (2010年2月25日), オリジナル2010年3月5日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100305081956/http://pr.yahoo.co.jp/release/2010/0225a.html 2014年1月2日閲覧。 
  11. ^ ヤマト運輸と京福電鉄 路面電車で宅急便輸送”. 物流ウィークリー. 物流産業新聞社 (2011年5月30日). 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  12. ^ 岩手県交通(北上市) 乗合バスの車両空間を利用した宅配運送 (PDF)”. 国土交通省東北運輸局. 2013年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  13. ^ a b “岩手県北自動車とヤマト、本格貨客混載バス運行 国内初”. 産経新聞. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年6月4日). オリジナル2015年6月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150610131322/http://www.sankei.com/region/news/150604/rgn1506040017-n1.html 2017年4月9日閲覧。 
  14. ^ 北海道で路線バスが宅急便を輸送する「客貨混載」を開始”. ヤマト運輸・名士バス士別軌道十勝バス (2016年9月27日). 2016年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  15. ^ 「ひと・もの協働輸送(客貨混載)」で新たな輸送スキームを構築 首都圏翌日便を実現し、農水産品の販路拡大を支援~沿岸バス×ヤマト運輸×天塩町の三者連携で路線バスを活用した新たな物流プロジェクトを開始~”. ヤマト運輸・天塩町 (2017年9月1日). 2017年9月12日閲覧。
  16. ^ 路線バスを活用した宅急便輸送「貨客混載」の開始について”. ヤマト運輸・岩手県北バス (2015年6月3日). 2015年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  17. ^ “路線バスで荷物も輸送 県北自動車とヤマト運輸”. 岩手日報 (岩手日報社). (2015年6月4日). オリジナル2015年6月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150605194629/https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150604_1 2017年4月9日閲覧。 
  18. ^ 全但バスとヤマト運輸が「客貨混載」を開始”. ヤマト運輸・全但バス (2017年6月22日). 2017年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月23日閲覧。
  19. ^ 熊本県で路線バスが宅急便を輸送する「客貨混載 」の開始”. ヤマト運輸・産交バス (2016年10月3日). 2016年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  20. ^ 西日本初!路線バスが宅急便を輸送する「客貨混載(きゃくかこんさい)」の開始”. ヤマト運輸・宮崎交通 (2015年9月24日). 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  21. ^ レスポンス編集部 (2015年9月25日). “路線バスで宅急便を輸送…ヤマト、宮崎県で「客貨混載」開始”. レスポンス. イード. 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  22. ^ バスが宅急便を輸送する「客貨混載」の路線拡大~延岡市-高千穂町、日向市-諸塚村を結ぶ2路線で「客貨混載」を開始し、地域住民の生活サービス向上を実現します~”. ヤマト運輸・宮崎交通 (2016年6月1日). 2016年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  23. ^ ヤマト・宮崎交通、宮崎県北地域で貨客混載を拡大”. LogisticsToday (2016年6月1日). 2016年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  24. ^ 日本初!保冷専用BOXを搭載した路線バスで「客貨混載」を開始~宮崎県西都市-西米良村を結ぶ路線バスが保冷専用BOXを搭載し、クール宅急便も輸送~”. ヤマト運輸・宮崎交通 (2017年1月16日). 2017年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  25. ^ 登録番号 第1377677号 登録日:1979年(昭和54年)4月27日
  26. ^ ヤマト運輸「宅急便店頭受取りサービス」を開始へResponse2006.1.20(金)
  27. ^ 三越伊勢丹グループと業務委託契約を締結 ヤマト運輸ニュースリリース 2010年(平成22年)3月29日。これによるとそれまでも一部の店舗や限定的な範囲(クール宅急便など)での取引はあった。
  28. ^ 羽田クロノゲートのご案内 ヤマトロジスティクス
  29. ^ 路線バスを活用した宅急便輸送「貨客混載」の開始についてヤマトホールディングス
  30. ^ “三重・名張の廃校、丸ごとコールセンターに ヤマト運輸”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年5月30日). オリジナル2009年6月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090602055630/http://www.asahi.com/business/update/0526/NGY200905250021.html 
  31. ^ 旧長瀬小にヤマト運輸のコールセンター 名張市”. 伊賀タウン情報 YOU. ユー (2009年5月26日). 2009年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月4日閲覧。
  32. ^ 唯一の「玄関先電子マネー決済」 サービス拡大 ヤマト運輸で交通系電子マネーがご利用可能に
  33. ^ クロネコメンバーズ宅急便運賃割引サービス「クロネコメンバー割」について~沖縄でのサービスを開始!全国どこでもお得に便利にご利用いただけます~ - ヤマト運輸2015年11月2日ニュースリリース
  34. ^ 軽商用電気自動車「MINICAB‐MiEV」 100台発注を決定 - ヤマト運輸 平成23年5月17日
  35. ^ “ヤマト 従業員への未払い金支給で大幅下方修正”. NHK NEWSWEB (日本放送協会). (2017年4月18日). オリジナル2017年4月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170418061706/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170418/k10010952711000.html 2017年4月18日閲覧。 
  36. ^ “ヤマト運輸に労働時間改ざんの疑い、関西支社に是正勧告”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2007年9月22日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070923i101.htm [リンク切れ]
  37. ^ a b 「ヤマト運輸に是正勧告 - 大阪南労基署 - 運転手にサービス残業」『朝日新聞』43623号、朝日新聞東京本社、2007年9月24日。
  38. ^ a b c “ヤマト運輸 休憩15分 記録は60分…管理端末設定 : ニュース : ジョブサーチ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2007年11月5日). http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_07110502.cfm [リンク切れ]
  39. ^ a b c “ヤマト運輸サービス残業、徳島なども…全社実態調査へ : ニュース : 関西発”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2007年9月30日). http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20070930p102.htm [リンク切れ]
  40. ^ a b c d “宅配ドライバーのサービス残業、徳島でもヤマト運輸に勧告 : 社会”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2007年9月30日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070930i401.htm [リンク切れ]
  41. ^ “提訴:大津の宅配員、ヤマト運輸を 「控除は違法」640万円支払い求め”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年6月10日). http://mainichi.jp/kansai/news/20090610ddf041040028000c.html [リンク切れ]
  42. ^ “ヤマト運輸:「冷蔵扱い」を通常配送 西大阪主管支店”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年1月6日). http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120106k0000e040173000c.html [リンク切れ]
  43. ^ “「クール宅急便」ずさん温度管理、ヤマト運”. 日本経済新聞 (日本経済新聞). (2013年10月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2501Z_V21C13A0CC0000/ 
  44. ^ “クール宅急便、常温で仕分け ヤマト運輸、荷物27度に”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞). (2013年10月25日). http://www.asahi.com/articles/TKY201310240371.html 
  45. ^ “扉開けっ放し・箱は常温で置きっぱなし クール宅急便”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞). (2013年10月25日). http://www.asahi.com/articles/TKY201310240729.html 
  46. ^ “クール宅急便、200カ所で常温仕分け ヤマト運輸”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞). (2013年10月25日). http://www.asahi.com/articles/TKY201310250397.html 
  47. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2007年12月20日
  48. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2008年12月25日
  49. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2009年8月5日
  50. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2009年10月15日
  51. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2009年11月24日
  52. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2011年9月7日
  53. ^ “メール便廃棄:5年間で700通配達せず…ヤマト運輸支店”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年11月12日). オリジナル2011年11月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111113005841/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111112k0000e040023000c.html 
  54. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2011年12月7日
  55. ^ a b “ヤマト運輸を指導へ=メール便で郵便法違反の疑い-総務省”. 時事ドットコム (時事通信社). (2008年2月2日). http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2008020200159 [リンク切れ]
  56. ^ “無資格で保険販売20年…朝日火災とヤマト運輸”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年12月29日). オリジナル2009年12月31日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20091231042401/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091228-OYT1T01093.htm 
  57. ^ 運送保険募集業務に係る行政処分について ヤマトホールディングス 2009年12月28日付ニュースリリース。
  58. ^ 医療機器を無断で廃棄 ヤマト運輸に賠償命令 - 神戸新聞NEXT、2014年1月30日
  59. ^ 宅急便・クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2013年8月29日
  60. ^ “ヤマト運輸協力会社運転手、宅配便など海に投棄”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年9月2日). オリジナル2013年9月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130904055757/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130902-OYT1T00562.htm 2017年4月18日閲覧。 
  61. ^ “ヤマトの配達員が伝票の電話番号を見て女性にメール 警察が警告”. NHK NEWSWEB (日本放送協会). (2017年4月14日). オリジナル2017年4月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170418115250/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170414/k10010949171000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_001 2017年4月18日閲覧。 
  62. ^ 叶精二『宮崎駿全書』フィルムアート社、2006年







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヤマト運輸に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヤマト運輸」の関連用語

ヤマト運輸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

権萃

釜谷浜海水浴場

静電塗装

潜水艦「ゆうしお」型

足の骨

W61CA

XT250X

トリケラトプス





ヤマト運輸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤマト運輸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS