メガゾーン23 登場キャラクター

メガゾーン23

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/21 11:10 UTC 版)

メガゾーン23』(MEGAZONE 23、メガゾーンツースリー)は、1985年3月9日に発売された日本OVA作品。製作は株式会社あいどる(小野寺脩一)・ビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント。以下、ビクター音産)。アニメ制作アートランドアートミック。略称「MZ23」。




  1. ^ メガゾーン23 - 文化庁日本映画情報システム
  2. ^ メガゾーン23 PARTII 秘密ください - 文化庁日本映画情報システム
  3. ^ ゲームパッケージ裏面には『メガゾーン23 INTERNATIONAL PART II』と表記。
  4. ^ 地方都市では福岡東映パラス、宇都宮オスカーシアター、福島市公会堂(イベント上映)等で上映されている。
  5. ^ a b 『ORIGINAL CONFIDENCE』1985年11月11日号
  6. ^ アニメージュ編集部編 『劇場アニメ70年史』 徳間書店1989年、108頁。
  7. ^ 本作品の製作当時、ビクター音楽産業の本社が入居していた。
  8. ^ 映像では判り難いが、実際には額から汗を滴らせている。
  9. ^ a b 『アートミックデザインワークス』、42頁
  10. ^ 「Bahamūt」とあるのは間違い。メーターパネル上部には「BAHAMOUD6」と刻印されている。
  11. ^ エンディングクレジットでの表記。ビデオパッケージでは「藤田正男」となっている。
  12. ^ a b c 『アートミックデザインワークス』、23頁
  13. ^ 『ORIGINAL CONFIDENCE』1984年9月3日号によると本作の製作発表会で、田口ビクター音産社長は「『BIRTH』が幸い好評であり、第2弾を発売することになった」としている
  14. ^ 『ORIGINAL CONFIDENCE』1984年9月3日号
  15. ^ 『ORIGINAL CONFIDENCE』1989年9月25日号
  16. ^ 『アートミックデザインワークス』、23-24頁
  17. ^ 同人誌『フェスティバル・タイムズ 23周年特別強行創刊号』「石黒昇23周年スペシャルインタビュー!!」(発行:時祭組。メガゾーン世界の架空の出版書籍の奥付として「夢叶メディア・プロジェクト」と記載)
  18. ^ 『PART II』本編に『PART I』の海外向けエンディングを追加して海外向けに制作・再編集された、LD版『PART II 海外版』と同じ物。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

メガゾーン23に関連した本

メガゾーン23に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「メガゾーン23」の関連用語

メガゾーン23のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ガラス入りアスファルト舗装

七滝水源かん養保安林

東西線50系車両

VTOL

尾崎行雄

トラディショナルキルト

潜水艦「おやしお」型

ボール





メガゾーン23のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメガゾーン23 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS