マラッカ王国 宗教

マラッカ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/02 15:48 UTC 版)

宗教

国王の改宗

当時のマラッカ海峡での交易活動はイスラム勢力の港湾都市を行き来するイスラム商人をが中心としており[5]、マラッカへのイスラム商船の来航を促すため[98]、国王はイスラムに改宗したが、最初に改宗した国王が誰かについては不確かである。ピレスの記録によると、イスカンダル・シャーが最初にイスラムに改宗した王となっており[14]、馬歓はイスカンダル・シャー即位直後の1414年のマラッカでは、既に国王がイスラム教を信仰していたと記録した[99]

一方、インドネシアの国定教科書は、イスラム教に改宗した最初の国王を初代のパラメスワラとしている[12]。時代が経つとマラッカの王はイスラム国家で用いられているスルタン号を称するようになるが、初めてスルタンを称したのは一般的に5代目のムザッファル・シャーとされている[100]

マレー世界のイスラム化

マラッカがイスラム化したのは15世紀に入ってからであるが、中国側の史料とピレスの記録を勘案するとイスラムの定着とイスラム学の研究が本格的になったのはムザッファル・シャー(在位1446年 - 1459年)の時代と考えられる[101]。『スジャラ・ムラユ』にはムザッファル・シャー時代のイスラム化を正当化するため[102]、ムザッファル・シャーの一代前に即位したラジャ・トゥンガという架空の王が、夢の中に現れた預言者ムハンマドの導きによって改宗した神話が挿入されている。

15世紀半ばよりマラッカはパサイのイスラム神学者と交流を持ち、教義の解釈について両国の学者間で討論が行われ[103]、『スジャラ・ムラユ』はムザッファル・シャーの次に即位したマンスールはパサイの神学者マフドゥム・パタカンに哲学書『ドゥッルル・マンズム』のマレー語訳を依頼したことを伝える。マラッカのイスラム化はマレー半島の沿岸部とスマトラ島にイスラム教が広まる契機ともなり[104]、イスラム商人の交易ネットワークの拡大と共にイスラムの宗教家の活動範囲も広がりを見せた[105]。16世紀初頭にはパハン、インドラギリ、カンパールなどのスマトラ、ジャワの沿岸部、ブルネイなど周辺地域の支配者の多くがイスラムに改宗し[106]、フィリピンにもイスラムが広まった[107]

もっとも、当時のマラッカはイスラムの戒律が厳守されていたとは言い難い状況にあり、末端の小部族にはイスラム信仰が完全に浸透していなかった[108]。ピレスは『東方諸国記』で、ポルトガルに制圧された直後のマラッカの住人が飲酒を大いに好んだことに言及し[109]、15世紀末のアラブの航海者イブン・マージドは、犬肉食と飲酒が日常的に行われている戒律の緩いマラッカを非文化的と辛辣に批判した[110]。『スジャラ・ムラユ』は、この緩やかな信仰をマレー人にとって一般的なものと解し[109]、マレー人がアラブの宗教指導者を口でやりこめる小話がいくらか挿入されている[111]


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ピレスと同じ16世紀のポルトガル人ゴディーニョ・デ・エレディアポルトガル語版は、マラッカの地名はミロバラン英語版の木に由来すると述べた[4]
  2. ^ この婚約の8年後にイスカンダルは没したとピレスは記し、婚約が成立したのは1417年前後と計算できる[14]
  3. ^ ピレスによると、この婚姻の後イスカンダルはイスラムに改宗したとされるが、『東方諸国記』の訳注を担当した生田らは改宗にまつわる婚姻の説話は事実ではないと指摘した。しかし、イスカンダルが最初にイスラムに改宗したマラッカ王という点は肯定している[15]
  4. ^ 『東方諸国記』に訳注を施した生田らはスリ・パラメスワラ・デワ・シャーとムザッファル・シャー英語版が同一人物ではないかと指摘している[21]
  5. ^ マラッカの陥落がパタニに及ぼした影響については、A.リード(2002, p.286, 『拡張と危機』)に詳しい。
  6. ^ シャーバンダルの概略については、右記も参照。 家島彦一「シャーバンダル」『新イスラム事典』収録(平凡社, 2002年3月)、生田滋「シャーバンダル」『東南アジアを知る事典』収録(平凡社, 2008年6月)
  7. ^ 「永楽元年十月遣中官尹慶使其地、賜以織金文綺・銷金帳幔諸物。(中略)慶至、宣示威徳及招徠之意。」『明史』巻325、列伝第213、外国6、満刺加より。
  8. ^ 「帝嘉之、封為満刺加国王(後略)」『明史』巻325、列伝第213、外国6、満刺加より。
  9. ^ ピレス(1966, p.596)に、明への入貢が行われた年度が表にまとめられている。

出典

  1. ^ A.リード 2002, p. 7, 『貿易風の下で』、イ・ワヤン・バドリカ 2008, p. 88
  2. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 393.
  3. ^ a b 弘末 1999, p. 92, 「交易の時代と近世国家の成立」
  4. ^ a b ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 387.
  5. ^ a b c d イ・ワヤン・バドリカ 2008, p. 85
  6. ^ a b 弘末 2003, p. 19, 『東南アジアの建国神話』
  7. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, pp. 380-381.
  8. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 383、中原「マラッカ王国」『新イスラム事典』
  9. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 299.
  10. ^ 弘末 1999, p. 87, 「交易の時代と近世国家の成立」、イ・ワヤン・バドリカ 2008, p. 85
  11. ^ A.ワーヒド 1983, pp. 34-35.
  12. ^ a b c d イ・ワヤン・バドリカ 2008, p. 86
  13. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 399、弘末 1999, p. 90, 「交易の時代と近世国家の成立」
  14. ^ a b ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 399.
  15. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 400.
  16. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 397.
  17. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 393、弘末 1999, p. 87, 「交易の時代と近世国家の成立」
  18. ^ A.リード 2002, p. 51, 『拡張と危機』.
  19. ^ A.リード 2002, pp. 50-51, 『拡張と危機』.
  20. ^ a b 石澤 & 生田 1998, p. 306
  21. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 591.
  22. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 402.
  23. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, pp. 400-401.
  24. ^ a b イ・ワヤン・バドリカ 2008, p. 87
  25. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 410.
  26. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 411.
  27. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 311.
  28. ^ A.リード 2002, p. 281, 『拡張と危機』.
  29. ^ a b c d e イ・ワヤン・バドリカ 2008, p. 88
  30. ^ a b ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 418
  31. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 420.
  32. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 327
  33. ^ A.リード 2002, pp. 298-299, 『拡張と危機』.
  34. ^ a b 弘末 1999, p. 97, 「交易の時代と近世国家の成立」
  35. ^ A.リード 2002, p. 282, 『拡張と危機』.
  36. ^ 鈴木「東南アジアの港市国家」『東アジア・東南アジア伝統社会の形成 16-18世紀』、198頁
  37. ^ A.リード 2002, p. 86, 『拡張と危機』.
  38. ^ A.リード 2002, pp. 86, 282, 『拡張と危機』.
  39. ^ A.リード 2002, p. 195, 『拡張と危機』.
  40. ^ a b c 弘末『東南アジアの港市世界-地域社会の形成と世界秩序-』(2004)、135頁
  41. ^ a b A.ワーヒド 1983, pp. 36
  42. ^ a b 石澤 & 生田 1998, p. 307
  43. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 445.
  44. ^ a b 弘末 1999, p. 91, 「交易の時代と近世国家の成立」
  45. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 308
  46. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 446.
  47. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 308、弘末 1999, p. 91, 「交易の時代と近世国家の成立」
  48. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 446、石澤 & 生田 1998, p. 308
  49. ^ a b A.ワーヒド 1983, p. 41
  50. ^ 鶴見『マラッカ物語』、120-121頁
  51. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 310.
  52. ^ 石澤 & 生田 1998, pp. 310-311.
  53. ^ a b 石澤 & 生田 1998, p. 311
  54. ^ A.ワーヒド 1983, pp. 40.
  55. ^ A.リード 2002, p. 340, 『拡張と危機』.
  56. ^ 石澤 & 生田 1998, pp. 300, 307.
  57. ^ A.リード 2002, pp. 340-341, 『拡張と危機』.
  58. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 388、鶴見『マラッカ物語』、115頁
  59. ^ 鶴見『マラッカ物語』、119頁
  60. ^ 鶴見『マラッカ物語』、116頁
  61. ^ 加藤「マレー世界におけるマラッカ王国の意味」『東南アジア史学会会報』53号、10頁
  62. ^ A.ワーヒド 1983, pp. 50.
  63. ^ A.リード 2002, pp. 194-195, 『拡張と危機』.
  64. ^ A.ワーヒド 1983, pp. 38.
  65. ^ A.リード 2002, p. 192, 『拡張と危機』.
  66. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 451.
  67. ^ 弘末 1999, p. 87, 「交易の時代と近世国家の成立」、A.リード 2002, p. 294, 『拡張と危機』
  68. ^ 「田瘠少収、民皆淘沙捕魚為業。」『明史』巻325、列伝第213、外国6、満刺加より
  69. ^ A.リード 2002, pp. 31, 33, 『貿易風の下で』.
  70. ^ A.ワーヒド 1983, pp. 37-38、A.リード 2002, p. 294, 『拡張と危機』
  71. ^ 大木「東南アジアと「交易の時代」」『商人と市場 ネットワークの中の国家』、107頁
  72. ^ 加藤、川北『アジアと欧米世界』、17頁、弘末 1999, p. 87, 「交易の時代と近世国家の成立」、A.リード 2002, p. 85, 『拡張と危機』、石井「港市としてのマラッカ」『東南アジア史学会会報』53号、9頁
  73. ^ A.リード 2002, p. 190, 『拡張と危機』.
  74. ^ 鶴見『マラッカ物語』、135頁
  75. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 309、A.リード 2002, p. 157, 『拡張と危機』
  76. ^ A.リード 2002, p. 158, 『拡張と危機』.
  77. ^ a b A.リード 2002, p. 159, 『拡張と危機』
  78. ^ 鶴見『マラッカ物語』、129頁
  79. ^ 大木「東南アジアと「交易の時代」」『商人と市場 ネットワークの中の国家』、115頁
  80. ^ 加藤、川北『アジアと欧米世界』、15頁
  81. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 309、 鈴木「東南アジアの港市国家」『東アジア・東南アジア伝統社会の形成 16-18世紀』、196頁、A.リード 2002, p. 157, 『貿易風の下で』
  82. ^ a b A.リード 2002, p. 125, 『拡張と危機』
  83. ^ A.リード 2002, p. 157および引用文献一覧のp.33, 『貿易風の下で』.
  84. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 326.
  85. ^ 石澤 & 生田 1998, pp. 326-327.
  86. ^ a b A.リード 2002, p. 137, 『拡張と危機』
  87. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 300.
  88. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 382、鶴見『マラッカ物語』、126頁
  89. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 396.
  90. ^ a b c A.リード 2002, p. 278, 『拡張と危機』
  91. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 304、小川「鄭和の遠征」『東南アジア近世の成立』、50頁 「九年、其王率妻子陪臣五百四十余人来朝。」『明史』巻325、列伝第213、外国6、満刺加より
  92. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 304.
  93. ^ 小川「鄭和の遠征」『東南アジア近世の成立』、63頁
  94. ^ 弘末 1999, pp. 88-89, 「交易の時代と近世国家の成立」.
  95. ^ 高良『アジアのなかの琉球王国』、95頁
  96. ^ a b 高良『アジアのなかの琉球王国』、103頁
  97. ^ 高良『アジアのなかの琉球王国』、95頁 『沖縄県の歴史』(県史47, 山川出版社, 2004年7月)、108頁
  98. ^ 中原「マラッカ王国」『新イスラム事典』
  99. ^ 石澤 & 生田 1998, p. 305.
  100. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 405、石澤 & 生田 1998, p. 306、中原「マラッカ王国」『新イスラム事典』
  101. ^ A.ワーヒド 1983, p. 42、弘末 1999, p. 91, 「交易の時代と近世国家の成立」
  102. ^ 弘末 2003, p. 23, 『東南アジアの建国神話』.
  103. ^ A.ワーヒド 1983, p. 42.
  104. ^ A.リード 2002, p. 176, 『拡張と危機』.
  105. ^ a b 弘末 1999, p. 95, 「交易の時代と近世国家の成立」.
  106. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 405、弘末 1999, pp. 90-91, 95, 「交易の時代と近世国家の成立」
  107. ^ A.ワーヒド 1983, pp. 49.
  108. ^ 鶴見『マラッカ物語』、122頁
  109. ^ a b A.リード 2002, p. 191, 『拡張と危機』
  110. ^ A.リード 2002, p. 191および引用文献一覧のp.41, 『貿易風の下で』.
  111. ^ A.ワーヒド 1983, pp. 51-52.
  112. ^ a b A.リード 2002, p. 52, 『拡張と危機』
  113. ^ A.リード 2002, p. 53, 『拡張と危機』.
  114. ^ A.リード 2002, pp. 55-56, 『拡張と危機』.
  115. ^ A.リード 2002, p. 56, 『拡張と危機』.
  116. ^ a b A.リード 2002, p. 62, 『拡張と危機』
  117. ^ A.ワーヒド 1983, p. 38、イ・ワヤン・バドリカ 2008, p. 88
  118. ^ A.リード 2002, p. 57, 『拡張と危機』.
  119. ^ a b A.リード 2002, p. 60, 『拡張と危機』
  120. ^ 弘末 1999, p. 96, 「交易の時代と近世国家の成立」.
  121. ^ ピレス & 生田・池上 他訳 1966, p. 392.
  122. ^ 鶴見『マラッカ物語』、120頁
  123. ^ 高良『アジアのなかの琉球王国』、108頁、A.リード 2002, p. 97, 『貿易風の下で』
  124. ^ A.リード 2002, p. 264, 『貿易風の下で』.
  125. ^ A.リード 2002, pp. 264-265, 『貿易風の下で』.
  126. ^ A.リード 2002, pp. 267-268, 『貿易風の下で』.
  127. ^ イ・ワヤン・バドリカ 2008, pp. 77, 89.
  128. ^ イ・ワヤン・バドリカ 2008, p. 89.
  129. ^ 家島「イスラーム・ネットワークの展開」『東南アジア近世の成立』、32-35頁







マラッカ王国と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マラッカ王国」の関連用語

マラッカ王国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

佐渡弥彦米山国定公園

小崎まり

徳富蘇峰

シライトウミウシ

桑原 陽子

ボディ

シュプレーム

ソイルセメントコラム





マラッカ王国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマラッカ王国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS