ポピュラー和声 ポピュラー和声の概要

ポピュラー和声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/31 00:15 UTC 版)

狭義の機能和声によるもの

狭義の機能和声とは、18 世紀のヨーロッパで確立された機能和声を指す。

和声で説明されているクラシック古典派の和声の規則・法則を捉え直したり、解釈を拡張したりして、ポピュラー音楽でも広く機能和声が用いられている。

調性

まず、狭義の機能和声において調性 tonality がどのように確定するのかを示す。これは和音の機能(後述)を説明する基本的な概念となるからである。

長調のダイアトニック・コード(後述)の中で、最も響きが不安定な和音は V7 であり、最も響きが安定している和音は I△7 である(説明の簡略のため I6 は含めない)。ハ長調で説明するとそれぞれ G7 と C△7 である。次のようなコード進行を考える。

C Major Key G7 C△7
解決のようす ファ


音度記号 V7 I△7

この、不安定な和音から安定した和音への進行は、緊張→弛緩を感じせさ、聴き手に安心感を与える。これは、G7 のシとファは減 5 度といい、緊張感や不安定さを感じさせる音程である。それが C△7 の安定した音程であるドとミ(長 3 度)に進行することによるものである。これを解決する resolve という。

短調の場合も同様で、

C Minor Key G7 C-7
解決のようす ファ

♭ミ
音度記号 V7 I-7

G7 のシとファが C-7 等のドと♭ミ(短 3 度)に解決することにより、緊張→弛緩を感じせさ、聴き手に安心感を与える。

減 5 度の、長 3 度または短 3 度への解決が、調性を確定する重要な鍵となる。

まとめると、ドミナント・セブンス・コード V7 が I の和音(I、I△6、I△7、I-△、I-6、I-7、I-△7)に進行すると調性が確定するのである[1]

和音の機能

前述の、ドミナント・セブンス・コード V7 のように、I の和音(I△7 や I-7 など)に解決すると調性を確定する働きをドミナント dominant という。ドミナントは「支配する」という意味である。また、I△7 や I-7 のように、最も安定感のある和音の働きをトニック tonic という。

次のようなコード進行を考える。

C Major Key C△7 F△7 G7 C△7
音度記号 I△7 IV△7 V7 I△7

この進行を聴いた時、I△7→IV△7 で緩やかな高揚を感じ、IV△7→V7 で緊張を感じ、V7→I△7 で安心を感じる。このことから IV△7 は二次的に支配していると考えることができる。この働きをサブドミナント subdominant という。

短調において、IV の和音がマイナー・コードになることがある(IV-7 等)。これをサブドミナント・マイナー subdominant minor であるという。サブドミナント・マイナーの和音には、必ず音階上の ♭vi (ハ短調では ♭ラ)の音が含まれる。

まとめると、和音の機能は以下の4つに分けられる。

  • トニックT
  • ドミナントD
  • サブドミナントS[2]
  • サブドミナント・マイナーSM

和音

クラシックの理論では三和音 triad が単位であったが、ポピュラー音楽の理論では四和音 four notes chord が単位となる(ほとんど三和音ばかりのポピュラー音楽も存在するが、ここで説明する和音の第7音または第6音が省略されたものと捉えることができる。つまり理論的にはまったく同じである)。

ポピュラー音楽の理論で主として扱う四和音には次の種類がある。

  • セブンス・コード seventh chord
  • シックスス・コード sixth chord

和音の構成音(和声音)は、セブンス・コードではRoot、3rd、5th、7thであり、シックスス・コードではRoot、3rd、5th、6thである。コードを書き表すとき、8th未満の数で書き表される音はコード・ノートchord note(和声音)であり、8thを超える数で書き表される音はテンション・ノート tension note である。

ダイアトニック・コード

ダイアトニック・コード diatonic chord とは、長音階または短音階の構成音からなるコードである。

#和音の機能で述べたように、I△7(長調)や I-7(短調)はトニック(T)、V7 はドミナント(D)、IV△7(長調)はサブドミナント(S)、IV-7(短調)はサブドミナント・マイナー(SM)であった。

それ以外のダイアトニック・コードもそれぞれ次に示す機能を持つ。同じ機能を持つコードは互いに交換可能であり、たがいに代理和音 substitute chord またはサブコード sub chord であるという。

以下に、ダイアトニック・コードとその機能を示す。

長調のダイアトニック・コード
コード I△7
I6
II-7
II-6
III-7 IV△7
IV6
V7 VI-7 VII-7(♭5)
機能 T S T S D T D
短調のダイアトニック・コード
1. 自然短音階 natural minor scale 上のダイアトニック・コード
コード I-7 II-7(♭5) III△7
III6
IV-7
IV-6
V-7 VI△7
VI6
VII7
機能 T SM T SM D SM SM
2. 和声的短音階 harmonic minor scale 上のダイアトニック・コード
コード I-△7 II-7(♭5) III△7+5 IV-7
IV-6
V7 VI△7
VI6
VIIO7
機能 T SM × SM D SM D
3. 旋律的短音階 melodic minor scale 上のダイアトニック・コード
コード I-△7
I-6
II-7
II-6
III△7+5 IV7 V7 VI-7(♭5) VII-7(♭5)
機能 T S × S D T D

※一般的な機能
T: トニック tonic
S: サブドミナント subdominant
SM: サブドミナント・マイナー subdominant minor
D: ドミナント dominant
×: 響きが奇異なためオーソドックスなスタイルでは使用されない。

ノン・ダイアトニックな代理和音

ノン・ダイアトニック・コード non diatonic chord とはダイアトニック・コード以外のコードであり、その中にはダイアトニック・コードと同じ機能を持つものがある。これをノン・ダイアトニックな代理和音という。

同じ機能を持つコード同士は、ダイアトニック・コードであるかノン・ダイアトニック・コードであるかにかかわらず、互いに交換可能な代理和音である。

以下にノン・ダイアトニックな代理和音を示す。

長調におけるノン・ダイアトニックな代理和音
コード 機能 備考
I7 T I△7の第7音がブルー・ノートに転じたもの。
#IV-7(♭5) T I△7またはI6Lydianスケールを適用してフレーズを作ることがある。このときのLydianスケールの第4音(#iv)をルートにした和音。
II7 D V7と同じトライトーンを持つ、減5度上の調からの借用和音。V7 のトライトーン・サブスティテューション(裏コード)。
IV7 S IV△7の第7音がブルー・ノートに転じたもの。ドイツの六度と同度の構成音をもつ。
VII7 S IV7と同じトライトーンを持つ和音。IV7 のトライトーン・サブスティテューション(裏コード)。
#IV-7(♭5) S IV△7のルートが半音上げられた和音。
II△7 SM 短調のII-7(♭5)のルートが半音下がった形。ナポリの六度II第一転回形)のiiをルートとして表記し、第7音を付加した和音。
VI7 SM 同主調の短調のダイアトニック・コードであるVI△7の第7音がブルー・ノートに転じた和音。
VII7 SM 同主調の短調のダイアトニック・コードからの借用和音。

※ トニックの#IV-7(♭5)とサブドミナントの#IV-7(♭5)とは前後の流れで判断できる。

短調におけるノン・ダイアトニックな代理和音
コード 機能 備考
II7 D V7と同じトライトーンを持つ、減5度上の調からの借用和音。V7 のトライトーン・サブスティテューション(裏コード)。
VII7 S IV7と同じトライトーンを持つ和音。IV7 のトライトーン・サブスティテューション(裏コード)。
II△7 SM II-7(♭5)のルートが半音下がった形。ナポリの六度IIの第1転回形)のiiをルートとして表記し、第7音を付加した和音。
VI7 SM VI△7の第7音がブルー・ノートに転じた和音。

ケーデンスの法則

トニック、ドミナント、サブドミナント、サブドミナント・マイナーの各和音は、次の原理に基づいて進行する。これをケーデンス cadence の法則(または原理)という。カデンツの法則に同じ(英語読み)。

  1. T は D、S、SM に進行しうる。
  2. D は必ず T に進行する。
  3. S は T、D、SM に進行しうる。
  4. SM は T、D に進行しうる。

※同じ機能のコードへの進行は基本的には常に可能。

以上をまとめると次のようになる。

  • T - D - T
  • T - S - T
    変形として
    • T - SM - T
    • T - S - SM - T
  • T - S - D - T
    変形として
    • T - SM - D - T
    • T - S - SM - D - T

ボイシングおよびボイス・リーディング

クラシック音楽におけるボイシング voicing声部の配分)およびボイス・リーディング voice leading声部の導き方)は、各旋律の独立性を重視した声部の書法 part writing が主であるが、ポピュラー音楽では、ある声部に和声的な厚みを持たせるためにその声部に従属した声部を配置するというセクションの書法セクショナル・ハーモニー・英 sectional writing)も頻繁に用いられる。

セクションの書法ではクラシックの古典的和声における禁則がしばしば出現するが、これはほとんどの場合問題ではない。クラシックの古典的和声は対位法(声部の書法)の影響を色濃く受けているため、クラシックの古典的和声における禁則は対位法的な理由から禁止されているからである。対位法では、すべての声部は音楽的に対等な旋律を奏でるので、声部の独立性を阻害するボイシングは避けられるのである。対位法やクラシックの古典的和声では、すべての声部は音楽的に対等であり、どの声部が主でどの声部が従という奏で方はしないのである。

一方、セクションの書法では、明らかに主である旋律があり、その旋律に和声的な厚みを付けるために他の声部を従属させて配置する。ここでは、従属する声部に旋律的な独立性を持たせることは控えられ、ただ主となる旋律に和声を提供する役割を持つ。このため、クラシックの古典的和声における禁則は、セクションの書法ではほとんど意味を持たなくなる。しかしながら、早いパッセージで平行五度を避けるなど、クラシックにおける禁則の一部はセクションの書法でも良いアドバイスとなっている。

クラシック音楽でセクションの書法がまったく用いられないわけではないが、主ではない。

ハーモニック・バックグラウンド

主となる単旋律や、セクショナル・ハーモニーで旋律が奏でられているとき、和声的な伴奏を付けることがある。これをハーモニック・バックグラウンドという。ハーモニック・バックグラウンドで安定感のある響きを得たいときには、クラシックの古典的和声に準じたボイシングがよく行われる。

モーダル・ハーモニー

モーダル・ハーモニー modal harmony とは、モード(教会旋法)を調として捉えて、和声を構成する技法。これは古楽復興が起こった20世紀前半から創められた。




  1. ^ マイナー・セブンス・コードは、短調の I-7 としても使用されるが、長調の II-7、III-7、VI-7 としても、短調の II-7、VI-7 としても、さまざまに使われるためコードの機能が不明確となり、V-7 → I-7 というコード進行は調性を確定しないという意見もある。
  2. ^ サブドミナント・マイナーに対してサブドミナント・メイジャーとする理論書もある。


「ポピュラー和声」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ポピュラー和声」の関連用語

ポピュラー和声のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ポピュラー和声のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポピュラー和声 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS