ボボボーボ・ボーボボ 登場人物

ボボボーボ・ボーボボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/23 09:25 UTC 版)

ボボボーボ・ボーボボ』は、澤井啓夫による日本ギャグ漫画作品。2000年に『赤マルジャンプ』・『週刊少年ジャンプ』(いずれも集英社)等に読切で掲載した後、2001年12号から2007年31号まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。略称は「ボーボボ」。独自の作風で人気を博し、単行本の累計発行部数は全28巻で700万部を突破している。また、アニメ化、ゲーム化、コナミよりカードゲーム化もされている。第2部(2006年3号より)からは、タイトルを『真説ボボボーボ・ボーボボ』に改名した。




  1. ^ 『釣りバカ日誌』の版元である小学館は、集英社と同系列の一ツ橋グループである。
  2. ^ ただし、ABCでは当初は打ち切りと決定していたので「今回で最終回」の告知を放送したが、視聴者からの強い要望が寄せられた上に、スポンサーも確保できたため、日曜の午前5時2分(当時の日曜の番組第1枠目)に枠移動し放送を再開した)。
  3. ^ 「今回で最終回」の告知がなかった地域もある。
  4. ^ ABC・東映アニメ共同制作としては『ふたりはプリキュア Splash Star』が最後。
  5. ^ その間、ABC制作の日曜8:30枠が全国ネットでの唯一の東映アニメーション作品となっていた。
  6. ^ 完全新作を含めると『トリコ』までの約6年間。
  7. ^ 例として、相手にボンタンを投げつける描写はスポンジを投げつける描写に変更されている。また、目にからしやわさびをかける描写は口にぶち込むシーンに変更され、ビュティが寝言で「よい子はマネしないでね」という注意喚起するセリフも追加された。但し、首領パッチがバターギターに見立ててかき鳴らすシーンはそのまま。
  8. ^ ドラゴンボール』、『聖闘士星矢』、『ONE PIECE』、『地獄先生ぬ〜べ〜ぬーべー』など特に東映アニメーション製作のアニメネタなど。
  9. ^ ただし天の助がくわえタバコをする描写はそのまま
  10. ^ 但し、「つるセコー」や「キャット空中三回転」など、時代おくれのギャグはあった。
  11. ^ 例:死ね→くたばれ・バカ(バーカ)、殺す→倒す
  12. ^ 例:サイバー都市の公開処刑→公開毛狩り
  13. ^ ただしハンペンのハンペン承がボーボボの体に貫通したなど、いくつかの例外があった。


「ボボボーボ・ボーボボ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類

テレビ朝日系アニメ はたらキッズ マイハム組  怪談レストラン  ボボボーボ・ボーボボ  アパッチ野球軍  かみなり坊やピッカリ・ビー
2003年のテレビアニメ ロックマンエグゼAXESS  ルパン三世 お宝返却大作戦!!  ボボボーボ・ボーボボ  BPS バトルプログラマーシラセ  時空冒険記ゼントリックス
アニメ作品 ほ 冒険少年シャダー  ポピーザぱフォーマー  ボボボーボ・ボーボボ  ほんとにあった!霊媒先生  ポールのミラクル大作戦
日本の漫画作品一覧 ムクロヒメ<骸姫>  DEATH NOTE  ボボボーボ・ボーボボ  のんすとっぷ  ケロケロちゃいむ
プレイステーション2用ソフト プロ野球スピリッツ4  Iris 〜イリス〜  ボボボーボ・ボーボボ  街ingメーカー  エルミナージュ
ゲームボーイアドバンス用ソフト ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島  シスター・プリンセス RePure  ボボボーボ・ボーボボ  ファイナルファンタジーI・II  逆転裁判
漫画作品 ほ ボンジュール・ベースボール  僕は少年探偵ダン♪♪  ボボボーボ・ボーボボ  ポケットいっぱいの夢  ボクはしたたか君
ゲームキューブ用ソフト ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス  牧場物語 ワンダフルライフ  ボボボーボ・ボーボボ  くるりんスカッシュ!  ゼルダの伝説 4つの剣+

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ボボボーボ・ボーボボに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ボボボーボ・ボーボボ」の関連用語

ボボボーボ・ボーボボのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

820SH

リャンカン

方等上流砂防堰堤

第二しょうどしま丸

クレーン車

泰山府君

グラインダー

キャノチェ





ボボボーボ・ボーボボのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボボボーボ・ボーボボ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS