ボストン スポーツ

ボストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/24 23:43 UTC 版)

スポーツ

フェンウェイ・パークでのボストン・レッドソックスの試合

ボストン・レッドソックスは、メジャーリーグベースボール(MLB)のアメリカンリーグ発足時(1901年)からのメンバーであり、2007年のワールドシリーズチャンピオンである。ホーム・ゲームは、フェンウェイ地区ケンモア・スクエア近くのフェンウェイ・パークで行われる。同球場は1912年の建設で、北米4大プロスポーツリーグを通して、アメリカで現在使用されているスポーツアリーナ、スタジアムの中では最も歴史がある[100]

ボストンは、1903年に近代ワールドシリーズの最初の試合が行われた場所でもある。この時対戦したのは、ア・リーグのチャンピオンであるレッドソックスと、ナ・リーグのチャンピオン、ピッツバーグ・パイレーツであった[101]。レッドソックスは1903年当時「ボストン・ピルグリムズ」と呼ばれていたとの説があるが、これは根拠がないようである[102]。ボストンで最初のプロ野球チームは、レッドストッキングズであり、1871年のナショナルリーグの創設メンバーであった。同チームは1883年からビーンイーターズと名前を変えて1911年までプレーし、1912年からはボストン・ブレーブズと名前を変えたが、1952年のシーズン終了後にミルウォーキーへ移転した。更にその後の1966年にアトランタへ移転し、現在アトランタ・ブレーブスとしてプレーしている[103]

ボストン・ノースステーションに隣接するTDガーデン(旧称TDバンクノース・ガーデン、フリート・センター、ショーマット・センター)は、3つのメジャーリーグチームの本拠地となっている。ナショナル・ラクロス・リーグのボストン・ブレイザーズ、アイスホッケーNHL)のボストン・ブルーインズ、そして2008年NBA優勝チームであるボストン・セルティックスである。同スタジアムは、バスケットボールの試合会場に1万8624席、アイスホッケーの会場には1万7565席を有する。ブルーインズは、NHLの最初のアメリカのメンバーであり、オリジナル・シックスのフランチャイズである[104]。セルティックスは、バスケットボール・アソシエーション・オブ・アメリカ(後にもう一つのリーグと統合してNBAとなる)の創立メンバーである[105]。セルティックスは、1957年から2008年まで17回優勝しており、他のNBAチームよりも獲得したタイトル数で飛び抜けている[106]

アメリカンフットボールニューイングランド・ペイトリオッツは、1971年以来フォックスボロ郊外でプレーしてきたが、そもそもは1960年にボストン・ペイトリオッツとして結成されたチームである。アメリカン・フットボール・リーグ (AFL) の創立メンバーであり、1970年にナショナル・フットボール・リーグ(NFL)に加盟した。スーパーボウルで、2001年、2003年、2004年と3回タイトルを勝ち取っている[107]。ペイトリオッツは、メジャーリーグサッカーニューイングランド・レボリューションとともに、ジレット・スタジアムを使用している。

このようにそれぞれが長い歴史を持つ各チームだが、1986年にセルティックスがNBAチャンピオンに輝いて以降、ボストンは長らくアメリカ4大スポーツのタイトルから遠ざかっていた。しかし2001年シーズンにペイトリオッツがチーム史上初のスーパーボウル制覇を成し遂げると、これを皮切りに2004年にレッドソックスが85年ぶりのワールドシリーズ制覇、2008年にセルティックスが21シーズンぶりのNBAファイナル制覇を成し遂げる。そして2011年にブルーインズが1972年以来、実に39年ぶりにスタンレー・カップを制覇した[108]。これはボストンにとって21世紀に入って以降、10年間で7つ目のアメリカ4大スポーツのタイトルとなった。またこの結果、ボストンにフランチャイズを置くアメリカ4大スポーツ全てのチームがわずか8年間で各リーグを全て制覇したこととなり、これはどの都市も成し遂げたことがないアメリカ史上初の快挙となった[109]。このようにボストンは21世紀以降、アメリカ4大スポーツで目覚ましい成績を収めている。

ボストンの多くの単科・総合大学が、カレッジスポーツで活躍している。市内には、全米大学体育協会(NCAA)のディビジョンIに所属する学校が4つある。ボストン・カレッジアトランティック・コースト・カンファレンス加盟)、ボストン大学(アメリカ・イースト・カンファレンス加盟)、ノースイースタン大学(コロニアル・アスレチック・アソシエーション加盟)、ハーバード大学アイビー・リーグ加盟)である。ECACホッケーに属するハーバードを除く3校は、ホッケー・イーストカンファレンスに属する。これら4大学のホッケーチームは、毎年「ビーンポット・トーナメント」と呼ばれるトーナメントで一堂に会する。ゲームは、TDガーデンで2月の月曜の夜2晩にかけて行われる[110]

ボストンで最も有名なスポーツイベントの一つが、ボストンマラソンであり、ホプキントンからバックベイ地区のコープリー・スクエアまで42.195kmを走る。このマラソンは世界で最も歴史があり、参加者も多い[111]。レースは4月の愛国記念日に行われ、必ずレッドソックスのホームゲームと同時に午前11時05分(2007年は10時05分)から始まる。正午前に始まるメジャーリーグベースボールの試合は、1年を通してこのときだけである[112]。市で行われるもう一つの大きなイベントが、チャールズ川レガッタレース、ヘッド・オブ・チャールズ・レガッタである。

クラブ リーグ スポーツ プレー地 創設 優勝歴
ボストン・レッドソックス MLB 野球 フェンウェイ・パーク 1901年 ワールドシリーズタイトル (7)
ア・リーグ・ペナント (12)
ニューイングランド・ペイトリオッツ NFL アメフト ジレット・スタジアム 1960年 スーパーボウルタイトル (3)
AFCチャンピオン (6)
ボストン・セルティックス NBA バスケットボール TDガーデン 1946年 NBAタイトル (17)
ボストン・ブルーインズ NHL アイスホッケー TDガーデン 1924年 スタンレー・カップ (5)
ニューイングランド・レボリューション MLS サッカー ジレット・スタジアム 1995年 USオープンカップ (1)、 スーパーリーガ (1)
ボストン・ブレイカーズ NWSL サッカー(女子) ハーバード・スタジアム 2001年 なし
ボストン・カノンズ MLL ラクロス(アウトドア) ハーバード・スタジアム 2001年 なし
ボストン・ブレイザーズ NLL ラクロス(インドア) TDガーデン 2008年 なし
ニューイングランド・リプタイド NPF ソフトボール マーティン・ソフトボール・フィールド 2004年 コールズ・カップ (1)



[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Norman Dalager. “What's in a nickname?”. The Boston Globe. 2008年6月12日閲覧。
  2. ^ Boston Travel & Vacations”. Britania. 2008年10月7日閲覧。
  3. ^ Annual Estimates of the Population of Metropolitan and Micropolitan Statistical Areas: April 1, 2000 to July 1, 2007”. U.S. Census Bureau (2007年). 2007年3月20日閲覧。
  4. ^ Revision puts population estimate for Hub over 600,000”. Boston Globe. 2008年12月5日閲覧。
  5. ^ Steinbicker, Earl (2000). 50 one day adventures in Massachusetts, Rhode Island, Connecticut, Vermont, New Hampshire, and Maine. Hastingshouse/Daytrips Publishers. pp. 7. ISBN 0803820089. 
  6. ^ a b c d e Boston: Economy”. Thomson Gale (Thomson Corporation) (2006年). 2007年4月28日閲覧。
  7. ^ a b c d Banner, David (2007年). “BOSTON HISTORY—The History of Boston, Massachusetts”. SearchBoston.com. 2008年10月17日閲覧。
  8. ^ a b c Points of Pride”. Boston Public Schools. 2009年5月23日閲覧。
  9. ^ a b Fagundes, David; Grant, Anthony (April 28, 2003). The Rough Guide to Boston. Rough Guides. ISBN 1-84353-044-9. 
  10. ^ Banner, David. “Going to College in Boston”. SearchBoston. 2009年4月5日閲覧。
  11. ^ Boston City Guide”. World Travel Guide. 2009年4月8日閲覧。
  12. ^ Pittsburgh article”. post-gazette.com (2008年). 2008年8月3日閲覧。
  13. ^ Hampson, Rick (2005年4月19日). “Studies: Gentrification a boost for everyone”. USA Today (USATODAY.com). http://www.usatoday.com/news/nation/2005-04-19-gentrification_x.htm 2009年5月2日閲覧。 
  14. ^ Heudorfer, Bonnie; Bluestone, Barry (2004年). “The Greater Boston Housing Report Card (pdf)”. Center for Urban and Regional Policy (CURP), Northeastern University. pp. 6. 2007年2月19日閲覧。
  15. ^ Cost of Living Index for Selected U.S. Cities, 2005”. Information Please Database. Pearson Education (2007年). 2009年5月2日閲覧。
  16. ^ Cost of living – The world's most expensive big cities”. City Mayors (2008年7月28日). 2009年5月2日閲覧。
  17. ^ Quality of Living global city rankings 2009 – Mercer survey”. Mercer (2009年4月28日). 2009年5月8日閲覧。
  18. ^ 仲野博文 (2013年10月4日). “脅えるアメリカ社会 ボストンマラソン爆弾事件の衝撃”. ダイヤモンド・オンライン. http://diamond.jp/articles/-/42575 2013年10月5日閲覧。 
  19. ^ 2014 Global Cities Index and Emerging Cities Outlook (2014年4月公表)
  20. ^ Timeline of Plymouth Colony 1620-1692”. Plimoth Plantation (2007年). 2009年7月31日閲覧。
  21. ^ Archaeology of the Central Artery Project: Highway to the Past”. Commonwealth Museum—Massachusetts Historical Commission (2007年). 2007年4月6日閲覧。
  22. ^ "Growth" to Boston in its Heyday, 1640’s to 1730’s (PDF)”. Boston History & Innovation Collaborative (2006年). 2007年5月8日閲覧。
  23. ^ Colonial Boston”. University Archives. 2009年5月2日閲覧。
  24. ^ Boston, Massachusetts”. U-S-History.com. 2009年5月2日閲覧。
  25. ^ Boston African American National Historic Site”. National Park Service (2007年4月28日). 2007年5月8日閲覧。
  26. ^ Fugitive Slave Law”. The Massachusetts Historical Society. 2009年5月2日閲覧。
  27. ^ The "Trial" of Anthony Burns”. The Massachusetts Historical Society. 2009年5月2日閲覧。
  28. ^ 150th Anniversary of Anthony Burns Fugitive Slave Case”. Suffolk University (2004年4月24日). 2009年5月2日閲覧。
  29. ^ About Boston”. City of Boston (2006年). 2007年5月8日閲覧。
  30. ^ a b State Street Trust Company; Walton Advertising and Printing Company (1922) (TXT). Boston: one hundred years a city. 2. Boston: State Street Trust Company. http://www.archive.org/stream/bostononehundred02stat/bostononehundred02stat_djvu.txt 2009年4月20日閲覧。. 
  31. ^ 伊藤章治 『ジャガイモの世界史』 中公新書、2008年、p.62。ISBN 978-4-12-101930-1
  32. ^ People & Events: Boston's Immigrant Population”. WGBH/PBS Online (American Experience) (2003年). 2007年5月4日閲覧。
  33. ^ Boston People”. city-data.com (2007年). 2007年5月5日閲覧。
  34. ^ The History of Land Fill in Boston”. iBoston.org (2006年). 2006年1月9日閲覧。
  35. ^ なお参照:Howe, Jeffery (1996年). “Boston: History of the Landfills”. Boston College. 2007年4月30日閲覧。
  36. ^ Historical Atlas of Massachusetts. University of Massachusetts. (1991). pp. 37. 
  37. ^ Collins, Monica (2005年8月7日). “Born Again”. The Boston Globe. 2007年5月8日閲覧。
  38. ^ Roessner, Jane. "A Decent Place to Live: from Columbia Point to Harbor Point – A Community History," Boston: Northeastern University Press, c2000. Cf. p.80, "The Columbia Point Health Center: The First Community Health Center in the Country."
  39. ^ Cf. Roessner, p.293. "The HOPE VI housing program, inspired in part by the success of Harbor Point, was created by legislation passed by Congress in 1992."
  40. ^ Feeney, Mark; Mehegan, David (2005年4月15日). “Atlantic, 148-year institution, leaving city”. The Boston Globe. 2007年3月31日閲覧。
  41. ^ Elevation data—Boston”. U.S. Geological Survey (2007年). 2007年2月19日閲覧。
  42. ^ Bellevue Hill, Massachusetts”. Peakbagger.com (2007年). 2007年3月21日閲覧。
  43. ^ http://www.massbike.org/bikeways/neponset/
  44. ^ Kings Chapel Burying Ground, USGS Boston South (MA) Topo Map”. TopoZone (2006年). 2007年4月29日閲覧。
  45. ^ Boston - A City of Neighborhoods”. City of Boston. 2009年6月18日閲覧。
  46. ^ Boston Skyscrapers”. Emporis.com (2005年). 2005年5月15日閲覧。
  47. ^ About the SEHS”. South End Historical Society (2007年). 2007年2月19日閲覧。
  48. ^ Boston Common”. CelebrateBoston.com (2006年). 2007年2月19日閲覧。
  49. ^ Franklin Park”. City of Boston (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  50. ^ Boston Daily Normals”. NWS Taunton, MA (2006年). 2006年4月19日閲覧。
  51. ^ Boston Temperature Records”. NWS Taunton, MA (2006年). 2006年2月9日閲覧。
  52. ^ Weather”. City of Boston Film Bureau (2007年). 2007年4月29日閲覧。
  53. ^ Historical Weather for Boston, Massachusetts, United States of America”. Weatherbase (2008年). 2008年4月6日閲覧。
  54. ^ Massachusetts—Climate”. city-data.com (Thomson Gale) (2005年). 2007年4月29日閲覧。
  55. ^ May in the Northeast”. Intellicast.com (2003年). 2009年5月23日閲覧。
  56. ^ Wangsness, Lisa (2005年10月30日). “Snowstorm packs October surprise”. The Boston Globe. 2007年4月29日閲覧。
  57. ^ Ryan, Andrew (2007年7月11日). “Sea breeze keeps Boston 25 degrees cooler while others swelter”. The Boston Globe. 2009年3月31日閲覧。
  58. ^ Ryan, Andrew (2008年6月9日). “Boston sea breeze drops temperature 20 degrees in 20 minutes”. The Boston Globe. 2009年3月31日閲覧。
  59. ^ NowData - NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2011年12月14日閲覧。
  60. ^ Climatological Normals of Boston”. Hong Kong Observatory. 2010年5月11日閲覧。
  61. ^ American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  62. ^ 2005 challenges”. United States Census Bureau (2007年2月16日). 2007年4月28日閲覧。
  63. ^ a b Boston city, Massachusetts—DP-1, Profile of General Demographics Characteristics: 2000”. United States Census Bureau (2000年). 2007年5月4日閲覧。
  64. ^ Boston city, Massachusetts—DP-3. Profile of Selected Economic Characteristics: 2000”. United States Census Bureau (2000年). 2007年5月4日閲覧。
  65. ^ 1位〜3位はニューヨークサンフランシスコシカゴである。ニュージャージー州パターソンなどのように、これより人口密度が高い市はたくさんあるが、これらは広域の町の都市区域である。
  66. ^ US Cities Over 100,000: Ranked by Population Density: 1990”. Wendell Cox Consultancy. 2007年10月1日閲覧。
  67. ^ Boston's Population Doubles—Every Day (pdf)”. Boston Redevelopment Authority—Insight Reports. 2009年5月23日閲覧。
  68. ^ 2007 ACS Demographic and Housing Estimates: Boston
  69. ^ Boston, Massachusetts”. Sperling's BestPlaces (2009年). 2009年5月23日閲覧。
  70. ^ Boston city, Massachusetts—DP-2, Profile of Selected Social Characteristics: 2000”. United States Census Bureau (2000年). 2007年5月4日閲覧。
  71. ^ “12.9% in Seattle are gay or bisexual, second only to S.F., study says”. The Seattle Times (The Seattle Times Company). (2006年). http://seattletimes.nwsource.com/ABPub/zoom/html/2003432941.html 2009年5月1日閲覧。 
  72. ^ 不況の米国で犯罪が減る不思議 - このときの市警本部長ウイリアム・ブラットンはその手腕を買われてニューヨーク市警本部長に任命され、「ニューヨークの奇跡」と呼ばれる犯罪率の激減をもたらした(JBpress
  73. ^ a b Winship, Christopher (2002年3月). “End of a Miracle? (pdf)”. Harvard University. 2007年2月19日閲覧。
  74. ^ Boston Police Department's Monthly Crime Statistics”. CityOfBoston.gov (2005年). 2009年5月23日閲覧。
  75. ^ Boston MA Crime Statistics (2004—New Crime Data)”. areaConnect.com (2007年). 2007年2月19日閲覧。
  76. ^ Leadership Through Innovation: The History of Boston's Economy (pdf)”. Boston Redevelopment Authority (2003年). 2009年5月23日閲覧。
  77. ^ Top 100 NIH Cities”. SSTI.org (2004年). 2007年2月19日閲覧。
  78. ^ Boston Economy”. City-Data.com (2007年). 2007年6月20日閲覧。
  79. ^ This is BCG—History—1963”. The Boston Consulting Group (2007年). 2009年5月23日閲覧。
  80. ^ Cities of the World—Boston Economy”. city-data.com (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  81. ^ AeA ranks Atlanta 10th-largest U.S. cybercity.
  82. ^ About the Port—History”. Massport (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  83. ^ Baker, Billy (2008年5月25日). “Wicked good Bostonisms come, and mostly go”. The Boston Globe. Boston.com. 2009年5月2日閲覧。
  84. ^ Phelan, Joseph (November 2004). “Boston Marathon”. Artcyclopedia. 
  85. ^ Who We Are”. Handel and Haydn Society (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  86. ^ About Boston Harborfest!”. Boston Harborfest. 2009年5月23日閲覧。
  87. ^ Frequently Asked Questions”. Boston 4 Celebrations Foundation (2009年). 2009年5月23日閲覧。
  88. ^ General Information: Introduction and History”. Boston Athenæum (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  89. ^ Wardrop, Josh B. (2006年9月25日). “A look at the Hub’s place in rock ’n’ roll history”. Panorama Magazine. 2009年5月23日閲覧。
  90. ^ Faneuil Hall Boston, the Cradle of Liberty”. CelebrateBoston.com. 2009年4月11日閲覧。
  91. ^ The Freedom Trail: For Visitors”. The Freedom Trail Foundation. 2009年6月26日閲覧。
  92. ^ Weiss, Adam (2007年3月26日). “Inside the Boston Accent Podcast”. Boston Behind the Scenes. 2009年5月2日閲覧。
  93. ^ Keefe, Patrick Radden (2007年10月22日). “Ben Affleck's Boston in Gone Baby Gone”. Slate Magazine. The Washington Post Company. 2009年5月2日閲覧。
  94. ^ Voices – The Voices Recordings”. BBC. 2009年5月2日閲覧。
  95. ^ History of the Union Oyster House. Union Oyster House, Boston, MA”. Union Oyster House. 2009年7月14日閲覧。
  96. ^ WriteBoston – T.i.P”. City of Boston (2007年). 2009年5月23日閲覧。
  97. ^ Arbitron - Market Ranks and Schedule, 1–50”. Arbitron (Fall 2005). 2007年2月18日閲覧。
  98. ^ DMA Listing”. Nielsen Media (2006年). 2007年2月18日閲覧。
  99. ^ The Route 128 tower complex”. The Boston Radio Archives (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  100. ^ Fenway Park”. ESPN.com. 2009年4月1日閲覧。
  101. ^ 1903 World Series—Major League Baseball: World Series History”. Major League Baseball at MLB.com (2007年). 2009年5月23日閲覧。
  102. ^ Bill Nowlin (2008年). “The Boston Pilgrims Never Existed”. Baseball Almanac. 2008年4月3日閲覧。
  103. ^ Braves History”. MLB.com. 2009年5月2日閲覧。
  104. ^ National Hockey League (NHL) Expansion History”. Rauzulu's Street. 2009年4月1日閲覧。
  105. ^ NBA History – NBA Growth Timetable”. Basketball.com. 2009年4月1日閲覧。
  106. ^ NBA Finals: All-Time Champions”. NBA (2007年). 2007年2月20日閲覧。
  107. ^ The History of the New England Patriots”. New England Patriots (2007年). 2007年4月29日閲覧。
  108. ^ Bruins drop Canucks for first Stanley Cup title since 1972”. USA TODAY. 2011年8月24日閲覧。
  109. ^ Win would truly make Boston Title Town”. ESPN BOSTON (2011年). 2011年8月24日閲覧。
  110. ^ Bertagna, Joe (2001年12月27日). “The Beanpot At 50 - Still Inspiring and Still Growing”. Beanpot Hockey. 2007年4月28日閲覧。
  111. ^ B.A.A. Boston Marathon Race Facts”. Boston Athletic Association (2007年). 2007年4月29日閲覧。
  112. ^ Patriots’ Day and the Red Sox”. Red Sox Connection (2007年). 2009年5月23日閲覧。
  113. ^ The Boston Public Schools at a Glance: School Committee”. Boston Public Schools (2007年3月14日). 2007年4月28日閲覧。
  114. ^ A Guide to the City of Boston's Zoning Board of Appeal Process (PDF)”. City of Boston (2000年10月). 2007年11月14日閲覧。
  115. ^ Massachusetts Federal Buildings”. United States General Services Administration (2007年2月1日). 2007年4月29日閲覧。
  116. ^ Massachusetts's Representatives—Congressional District Maps”. GovTrack.us (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  117. ^ About Boston”. Bunker Hill Community College (2006年). 2007年6月1日閲覧。
  118. ^ Largest Employers in the City of Boston (PDF)”. Boston Redevelopment Authority (1996-1997). 2009年5月23日閲覧。
  119. ^ History of NESL”. New England School of Law (2006年). 2009年5月23日閲覧。
  120. ^ Laczkoski, Michelle (2006年2月27日). “BC outlines move into Allston-Brighton”. The Daily Free Press (Boston University). 2009年5月23日閲覧。
  121. ^ A Brief History of New England Conservatory”. New England Conservatory of Music (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  122. ^ Kladko, Brian (2007年4月20日). “Crimson Tide”. Boston Business Journal. 2007年4月28日閲覧。
  123. ^ Van Sack, Jessica (2006年1月9日). “College’s students extend giving hands” (英語). The Patriot Ledger. http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_action=print&p_docid=12733565A0927C58 2009年5月29日閲覧。 
  124. ^ The Best Education in the Biggest Cities”. Forbes. (2002). 
  125. ^ Boston public schools”. Boston Globe (2005年11月3日). 2007年9月29日閲覧。
  126. ^ About Boston Public Schools”. United Nations Association of the United States of America. 2007年10月30日閲覧。
  127. ^ http://www.bostonyouthzone.com/teenzone/employment/byf/
  128. ^ Overview”. MASCO—Medical Academic and Scientific Community Organization (2007年). 2007年2月21日閲覧。
  129. ^ Facility Listing Report”. United States Department of Veterans Affairs (2007年). 2007年4月28日閲覧。
  130. ^ MGH Havard”. 2009年1月7日閲覧。
  131. ^ Boston Medical Center—Facts (pdf)”. Boston Medical Center (2006年11月). 2007年2月21日閲覧。
  132. ^ Boston Medical Center”. Children's Hospital Boston (2007年). 2007年11月14日閲覧。
  133. ^ About BWSC”. Boston Water and Sewer Commission. 2009年5月23日閲覧。
  134. ^ “Your Drinking Water: Massachusetts Water Resources Authority, 2006 Drinking Water Report” (プレスリリース), Massachusetts Water Resources Authority, (2007年6月19日) 
  135. ^ Massachusetts News and Analysis”. US Department of Health and Human Services - National Energy Affordability and Accessibility Project (2003年9月). 2007年4月28日閲覧。
  136. ^ Boston Utilities”. Boston Central (2004年). 2007年4月28日閲覧。
  137. ^ About Logan”. Massport (2007年). 2007年5月9日閲覧。
  138. ^ Shurtleff, Arthur A. (January 1911). “The Street Plan of the Metropolitan District of Boston”. Landscape Architecture 1: 71–83. 
  139. ^ Census and You (pdf)”. US Census Bureau. pp. 12 (1996年1月). 2007年2月19日閲覧。
  140. ^ a b Boston: Light Rail Transit Overview”. Light Rail Progress (2003年5月). 2007年2月19日閲覧。
  141. ^ Westwood—Route 128 Station, MA (RTE)”. Amtrak (2007年). 2007年5月9日閲覧。
  142. ^ Boston—South Station, MA (BOS)”. Amtrak (2007年). 2007年5月9日閲覧。
  143. ^ 25万を超える都市中。Carfree Database Results—Highest percentage (Cities over 250,000)”. Bikes at Work Inc. (2007年). 2007年2月26日閲覧。
  144. ^ MacLaughlin, Nina (2006). “Boston Can Be Bike City...If You Fix These Five Big Problems”. The Phoenix - Bicycle Bible 2006. 
  145. ^ Bicycle Commuting and Facilities in Major U.S. Cities: If You Build Them, Commuters Will Use Them—Another Look (pdf)”. Dill bike facilities. pp. 5 (2003年). 2007年4月4日閲覧。
  146. ^ a b c Boston Sister Cities”. The City of Boston. 2009年4月5日閲覧。
  147. ^ 京都市の姉妹都市(世界地図)”. 京都市情報館. 京都市総合企画局. 2009年10月25日閲覧。
  148. ^ Twinning, cooperation and international solidarity” (French). Strasbourg.eu. 2009年4月5日閲覧。
  149. ^ Boston Strasbourg Sister City Association”. Boston-Strasbourg Sister City Association (BSSCA). 2009年4月5日閲覧。
  150. ^ Twinning agreements – Boston”. Barcelona City Council. 2009年4月5日閲覧。
  151. ^ The twin cities of Padua” (Italian). Padovanet. Comune di Padova (2008年6月4日). 2009年4月5日閲覧。
  152. ^ Sister cities – Boston”. City of Melbourne. 2009年4月5日閲覧。
  153. ^ International Sister Cities”. Taipei City Council. 2009年4月5日閲覧。
  154. ^ US Trip: Ma Meets Boston Mayor”. Taipei City Government (2006年3月23日). 2009年4月5日閲覧。
  155. ^ Town twinning”. Boston Borough Council. 2009年4月5日閲覧。
  156. ^ Partnership of the Historic Bostons”. Partnership of the Historic Bostons. 2009年4月5日閲覧。
  157. ^ Boston” (Hebrew). Haifa Municipality. 2009年4月5日閲覧。
  158. ^ Press Office of the Municipality of Valladolid (2007年9月18日). “Valladolid and Boston have signed a protocol of friendship between the two cities” (Spanish). Ayuntamiento de Valladolid. 2009年4月5日閲覧。







ボストンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ボストンに関連した本

ボストンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ボストン」の関連用語

ボストンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ボストンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボストン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS