フェランチ効果 フェランチ効果の概要

フェランチ効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/25 15:09 UTC 版)

現象

380 kV 送電線
50 Hz送電
L(インダクタンス) = 1,01 mH/km
C(キャパシタンス) = 11,48 nF/km

送電線長さ 電圧上昇率
100 km 0.6 %
200 km 2.3 %
300 km 5.4 %
400 km 9.9 %

フェランチ効果では、送電線や送電ケーブルのキャパシタンスに応じて充電電流が流れることが原因となって電圧上昇が発生する。結果として、送電線の受電端の電圧UEは、以下の式にしたがって送電端の電圧USより大きくなる。

\frac{U_E}{U_S} = \left( 1 + \frac{1}{2}\frac{R + X_L}{X_C} \right)^{-1}

電圧上昇の程度は、送電線や送電ケーブルの長さが長いほど大きく、そのキャパシタンスXCが大きいほど大きい。一方インダクタンスXLは電圧上昇を低減する方向に働く。また、負荷の無かった送電線に負荷をつないだ際には、これに加えて電源投入時の過渡現象も発生する。同時に一相地絡故障が発生するとさらに電圧が上昇して絶縁破壊を起こすことがある。

フェランチ効果の軽減のために、分路リアクトルが用いられる。分路リアクトルは回路に必要に応じて接続され、電圧上昇を軽減するように送電線のインダクタンスを増やす働きをする。コイルのリアクタンスを選択することにより電圧上昇の程度を制御することができる。また送電端と受電端にリアクトルを接続することでフェランチ効果の軽減だけではなく、軽負荷時のキャパシタンス充電電流の補償も行うことができる。これに加えて、送電線の送電端と受電端で同時に電源を切る同調回路が使用される。

参考文献

  • H. Koettnitz, G. Winkler, K. Weßnigk: Grundlagen elektrischer Betriebsvorgänge in Elektroenergiesystemen. VEB Deutscher Verlag für Grundstoffindustrie Leipzig

外部リンク




「フェランチ効果」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フェランチ効果」の関連用語

フェランチ効果のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山中和紙

アオクシエラウミウシ

BCJマーク

U-125

LS460

丸源氏組

ジョン・ワーノック

キャロル





フェランチ効果のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェランチ効果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS