ピチレモン ピチレモンの概要

ピチレモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/20 05:37 UTC 版)

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ピチレモン
Pichilemon
愛称・略称 ピチレ
ジャンル ローティーン向けファッション
読者対象 女子小中学生
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 470円(2013年12月時点)[1] [2]
出版社 学研パブリッシング
編集部名 ピチレモン編集部
編集長 上原京子
刊行期間 1986年4月 -
発行部数 10万[3]部(2014年4月 - 2014年6月日本雑誌協会調べ)
姉妹誌 本文参照
ウェブサイト ピチレモンネット
特記事項 かつては少女向け総合雑誌だった

概要

来歴

1986年4月、学習研究社(現・学研ホールディングス)ティーンズ向け女性ファッション誌『Lemon』の姉妹誌として創刊。この頃同様他誌の創刊が相次ぐ。

誌名の由来は『Lemon』の妹分の雑誌ということから採られた。本来ならば『プチレモン』となるべきところだが、「ピチ」の方が元気なイメージがあるということで『ピチレモン』となった[4]

キャッチフレーズは「女の子が最初に手にする女性誌」。

1995年からはファッションをメインとする雑誌に転換。1999年2月号からはサイズがそれまでのB5版から現行のA4版に拡大された。

現在の題字はデザインを読者から一般公募し、2001年5月号から使用されている。

誌面は主にファッション記事、ビューティー記事、占い芸能などのバラエティー記事の3本立てにより構成されている。ターゲット層は、小学生から中学生女子(ピチレモン世代)。主なメイン読者は中学1年生である。読者の投稿は「ピチレ学園」と呼ばれ、同誌編集部と読者との交流が図られている。

2003年、別冊としてハイティーン向けのファッション雑誌『ANEX PICHI(アネピチ)』が発刊していた。2004年7月号で『Fapri(ファプリ)』に改題した後、2005年1月号で休刊。

2009年10月、学研グループの組織改編に伴い発行元が学研パブリッシングへ移る。

2013年1月から別冊で、学研教育出版から姉妹誌として、新小学生女子向けのキャラクター及びおしゃれ雑誌『キラピチ』を発行している。Vol.1から2013年7月のVol.3までは4半期ごとで、以降は隔月発行している。

また、2012年5月から出版している『らぶキャラ』は、ピチレモン別冊として出版している。

編集長は2005年6月号まで篠田徳子が務め、同年7月号から2009年10月号まで白井和成が、同年11月号から2010年10月号まで脇谷典利が、同年11月号から2012年10月号まで正田省二が務めた。同年11月号から瀧井繭子、2013年12月号から上原京子が担当している[5]

ピチモ

出演モデルの大きな特徴として、すでに芸能事務所に所属しているプロモデルの他に、オーディションにより読者からプロモデルになっていくモデルを多数擁する。どちらもピチモ(ピチレモンモデルの略称)と呼ばれる。

1999年に開始した年1回開催の同誌のピチモオーディション(2000年の第2回から2005年の第13回オーディションまでは春と秋で年2回の開催)にてグランプリおよび準グランプリを選出する。

かつては、グランプリ獲得者を「読者モデル」、準グランプリ獲得者を「ピチレフレンド」と銘打ち、読者モデルは1年間、ピチレフレンドは最低1回、同誌への掲載が約束され、専属モデルへの道も開かれていた。

さらに、準グランプリの中から「PENTY'S賞」「Priuri賞」(2006年第14回から)といった、オーディションに協賛するアパレルメーカーブランド名を冠した特別賞が贈られた者は、それぞれの賞に応じて各ブランドの特集記事にも登場する。

2007年のピチモオーディションからはグランプリ、準グランプリの区別はなくなり、芸能事務所に所属し、合格者全員が専属モデルとして毎月登場することになる。

オーディションの参加資格は2・3月号時点の小学4年生から中学3年生の女児に限られる。身長、体重、国籍の制限はない。2013年の第21回では事務所所属者の応募はできなかった。

毎年、2・3月号に応募用紙が付属し、6月号で結果発表となる。ただし、2011年は東日本大震災の影響で結果発表は7月号に延期した。翌年からは毎年7月号発表となっている。

卒業OG、現役モデルの一部は、NHK番組「すイエんサー」で、番組リポーターを担当するすイエんサーガールズを兼務している。

メンモ 

2007年11月号(10月1日発売)で初登場。その後、徐々にレギュラー化し現在ではほぼ毎月出演をしている。イメージが恋愛モノのカット、ストーリー企画(着回し企画)への出演等が多い。卒業はピチモと同時期となる。

その他

東京・原宿と大阪・梅田キデイランド店内にオリジナルグッズや、ティーンズ向けグッズを販売する「ピチレショップ」を出店していた。現在は原宿ではファッションブランドのHbGと共同で「HbG Pichi」のブランドを展開し、店舗を出店している。

2004年9月22日にゲームボーイアドバンス用ソフト「エンジェルコレクション2 ピチモになろう」(エム・ティー・オー)が発売になった。

2005年にピチモ13人が出演したDVD「ピチモでドラマ-私がモデルになれた理由」(東映ビデオ)が発売になった。

2006年から2008年6月28日までテレビ埼玉にてピチモデルが出演する番組「ピチスタ」を毎月第4土曜日18:30に放映していた。 また、ローカル局放映のために、テレビ情報サイト「DOGATCH(ドガッチ)」にて、動画配信を行っていた。

また、かつてTBSラジオにてピチモのレギュラー番組「ピチモのサタピチ」(2002年10月 - 2004年3月)が放送されていた。

毎年夏期には読者を招待し、代々木第二体育館など東京都内で、ピチモが総出演となるファッションショーライブステージを華々しく繰り広げる「ピチレモン夏まつり」を開催している。

2006年は名称を「ピチレモンフェスタ」と改め、秋の催しとして10月7日にとしまえん屋内館で開催された。 2008年1月には「ピチレモンフェスタTV」として、ピチレモンのホームページ「ピチレモンネット」でオンデマンドで動画配信するWEB番組を収録して配信するイベントを実施していた。 2009年4月には「ピチレモンフェスタTV3」が開催。

「フェスタ」は学研本社ビルの会場に抽選で50組100人だけが招待される催しであった。

祭りイベントはその後2010年に、ピチレモン25周年イベント ☆ピチレモン×MEGA WEB☆ 『MEGAたのし~春休みガールズピチフェスタ』(2010年3月21日 - 4月4日)をトヨタシティショウケース1階メガステージにて開催。

2011年からは、7月に『ピチレモン夏祭りinイオンレイクタウン』をイオン越谷レイクタウン(埼玉県越谷市)で、8月は『ピチレモン学園祭in原宿』を原宿クエストホール(東京都渋谷区神宮前)で、 2012年8月には『ピチレモン夏の大学園祭』を山野ホール(東京都渋谷区代々木)で開催。

2013年からは招待客を1000人規模に戻し、3月の『ピチレモン春の大学園祭』と8月の『ピチレモン夏の大学園祭SP「ガールズサマーフェス」』をDIFFER有明で開催した。2014年3月には「春のピチパSP in 東京!」とピチレモン企画スカイツリーイベントを、開催している。

2014年の「ピチレモン ガールズフェス 2014」は、8月14日にイオンモール広島府中スターギャラリー(広島県安芸郡府中町)で、8月25日にはイオンモール幕張新都心グランドモールグランドスクエア(千葉市舞浜区)にて開催。

このほかには年に数回、「読者開放日」と称するイベントを全国各地で開催している。

またロート製薬と共同で正しいスキンケアが学べる、ピチレモン×極潤イベント「肌会」、ブランド・プリウリやMc Sister共同でのトークイベントを全国各地で開催している。

2013年5月15日には映画くちづけ (劇作品)公開直前にタイアップイベント「父の日デートファッションショー」を開催。 2014年1月にはテアトルアカデミーのタイアップ企画オーディションをテアトルアカデミー東京・大阪・名古屋の各校で開催。

近年では、ダイワサイクルと共同で自転車「ピチサイクル」を商品開発した。 プロデュース・コラボレーションは他に、 ゼブラのジェルボールペン「サラサクリップ×ピチレモン」の共同開発(2014年1月)、 キャンドゥとバレンタインデーのチョコ作りを応援する「ピチレモン×製菓グッズ」展開(2014年1月)、 APITA×ピチレモン 限定コラボ品「ロリポップ」(2014年1月)、 レピピアルマリオ・福原遥コラボアイテム(2014年3月)、 ナカバヤシの「スイング・ロジカルノート」とのコラボノート(5冊パックで、5種類開発) などがある。 2014年7月には株式会社グレイス、ユニーと共同で水着を開発し、アピタで販売が展開される。 2014年9月にはカバヤ食品のロングセラー玩具菓子「ジュエルボックス」と共同でピチレモンモデルがテーマに沿ってアクセサリーを3アイテムずつデザインした「ピチレモン×ジュエルボックス」を開発し発売した。

マスコットキャラクターは祝勝デザインによるウサギを主題にしたラビピョンズ。青がラビディ。ピンクがラビリー。2013年からはぴちれ衛門というキャラクターも登場。

現在は行っていないが、以前は年間定期購読が可能で、定期購読可能な他社のファッション雑誌と同様に特別号の値上げ分や送料は出版社側が負担、メール便・宅配便を利用して配達されていた。

主なピチモ

現役モデル

メンズモデル

主な卒業ピチモ

2014年卒業のOG
2013年卒業のOG
2012年卒業のOG
2011年卒業のOG
2010年卒業のOG
2009年卒業のOG
2008年卒業のOG
2007年卒業のOG
2006年卒業のOG
2005年卒業のOG
2004年卒業のOG
2003年卒業のOG
2002年卒業のOG
2001年卒業のOG
2000年以前卒業のOG



  1. ^ 場合によっては価格の変動あり。
  2. ^ 2014年1月号時点では特別定価によりほぼ490円となっている。
  3. ^ 1万未満四捨五入
  4. ^ 「ピチレモン15年の歴史」2000年2月号、10頁より。
  5. ^ ピチレモン概要にて編集部の記載あり


「ピチレモン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ピチレモンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ピチレモン」の関連用語

ピチレモンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ピチレモンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピチレモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS