バレーボール全日本男子 歴代監督の一覧

バレーボール全日本男子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/25 01:36 UTC 版)

バレーボール全日本男子(バレーボールぜんにほんだんし)は、国際大会で編成される、日本の男子バレーボールナショナルチームである。




  1. ^ Asian Volleyball Confederation (AVC)”. FIVB. 2010年6月30日閲覧。
  2. ^ 「ミュンヘンの奇跡」 バレーボール・南将之”. 日本トップリーグ連携機構. 2010年6月30日閲覧。
  3. ^ スーパーエース中垣内、ミュンヘンの奇跡・南将之ら、男子バレー名アタッカー列伝”. スポーツナビ. 2010年6月30日閲覧。
  4. ^ 当時、全日本のスターティングメンバーの平均身長は約190cmで、大会最長身だった。 バレー界の巨人・松平康隆さん死去…五輪男子「ミュンヘンの奇跡」で金に導く”. スポーツ報知 (2012年1月6日). 2012年1月9日閲覧。
  5. ^ バレーボール全日本男子、新監督に初の外国人 読売新聞 2013年2月18日閲覧
  6. ^ バレー男子初外国人監督 ボーナスも破格(日刊スポーツ) - goo ニュース
  7. ^ 全日本男子チーム監督交代を決定 新監督には南部正司氏が就任 - 日本バレーボール協会 2014年02月06日
  8. ^ 全日本男子チームの愛称決定!”. 日本バレーボール協会 (2009年6月1日). 2010年7月26日閲覧。
  9. ^ 龍神NIPPON”. 日本バレーボール協会. 2010年8月7日閲覧。
  10. ^ https://www.jva.or.jp/ryujin_nippon/nickname.html 愛称:龍神NIPPON|全日本男子 日本バレーボール協会
  11. ^ 火の鳥NIPPON・龍神NIPPON 選手キャラクターシール バレーボールステーション
  12. ^ 新戦術「Hybrid6」でロシアに勝利し白星スタート! FIVBワールドグランプリ2014ファイナル東京大会 日本バレーボール協会
  13. ^ 全日本男子チーム・龍神NIPPON 新ユニフォーム発表”. 日本バレーボール協会 (2009年11月13日). 2010年11月18日閲覧。全日本男子ユニフォーム”. 日本バレーボール協会 (2009年11月13日). 2010年11月18日閲覧。
  14. ^ プレスリリース-アシックス・企業情報トップ 平成23年10月20日
  15. ^ 女子よりも大きいサイズ。
  16. ^ FIVBワールドリーグ2013開幕! ゲーリー・サトウ新監督の初陣は黒星”. 日本バレーボール協会 (20013-06-01). 2014年2月7日閲覧。
  17. ^ http://www.fivb.org/EN/volleyball/competitions/WorldLeague/2015/Teams2.asp?Team=JPN
  18. ^ MSN産経ニュース. “【バレー】”. 2013年11月24日閲覧。


「バレーボール全日本男子」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バレーボール全日本男子に関連した本

バレーボール全日本男子に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バレーボール全日本男子」の関連用語

1
90% |||||

2
78% |||||

3
78% |||||

4
76% |||||

5
76% |||||

6
76% |||||

7
74% |||||


9
74% |||||

10
72% |||||

バレーボール全日本男子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホウチャクソウ

ウスイロジュズモ

オーバーラップ・グリップ

山川二葉

踵骨

ライナーワーク

宮型霊柩車

水郷筑波国定公園





バレーボール全日本男子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバレーボール全日本男子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS