バスタードソード バスタードソードの概要

バスタードソード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/06/29 08:26 UTC 版)

バスタードソード

目次

定義

バスタード (Bastard) とは、「雑種」または「私生児」という意味[3]であり、卑罵語としての意味が強い為海外では前述のHand and a half Sword表記の方が正規表記として採用されているケースが多い。「類似」「複合」といった意味もある[2]。発音がほぼ同じBusterd(破壊者)と混同されることがあるが、誤りである。

「雑種」

「雑種 (Bastard) 」の名が冠せられた理由にも諸説あるが[2]

  1. 「片手剣」と「両手剣」の間の剣である[2]
  2. 切ることも突くこともできる剣である[2]
  3. 切ることに適した「ゲルマン系の剣」と突くことに適した「ラテン系の剣」の間の剣である

との説がある。

歴史的背景

従来のヨーロッパの剣は斬ることには適していなかったため、斬る・刺すの両方ができる剣のことを示しているという説もある。これは鋼鉄の製造技術が伝わった14〜16世紀のドイツで作られたとされている。 登場した当初はその攻撃力の高さから脚光を浴びたがそれもつかの間のことで、銃や細身の剣に主役の座を奪われることになる。

西洋の片手剣はほとんどのものが80〜100センチメートルの間で作られている。これは成人男性の腕の長さに合わせて作られているためであり、剣を振るう際は、剣を自分の腕の延長と見なして扱う。従って、腕と同じ長さの80〜100cmの剣が最も扱いやすいとされる。ところがバスタードソードは当然それよりも長く、重い。バスタードソードは片手と両手のどちらでも扱えるよう、柄頭および握りの重さが刀身と釣り合うように設計されているのだが[2]、使用者にとってはこの差が大きな負担となる。つまり、バスタードソードは独特の重心と使用法を持った剣なのである。そのため、バスタードソードを扱うには専用の訓練を受け、扱い方を身に付ける必要がある[2]。これがバスタードソードが普及しなかった原因の一つであり、弱点でもある。

外観

剣の分類は未だ確定事項が出ていないことも多いが、このバスタードソードは、

  • 長さは1.1〜1.4メートルほど[2]
  • 重さは2.5〜3キログラムほど[2]
  • 両手でも握るために柄は長く作られている[1]
  • 刃は狭い

などの特徴でもって分類される。

ファンタジー作品での扱い

『ダンジョンズ&ドラゴンズ』をはじめとするTRPGでは、片手でも両手でも使用可能な剣として登場する。小説『ロードス島戦記』でパーンが父から受け継ぎ、最初に使っていた剣はバスタードソードである。アニメでは終盤まで愛用され、主に両手で使われていた。

関連項目


  1. ^ a b 「暗黒時代と中世ヨーロッパの刀剣」『武器 歴史,形,用法,威力』 ダイヤグラムグループ編、田村優・北島孝一訳、マール社1982年12月20日(原著1980年)、第19刷、47頁(日本語)。ISBN 4-8373-0706-X
  2. ^ a b c d e f g h i 『武器屋』 Truth In Fantasy編集部編、新紀元社1991年12月24日、第3版、81,203頁。ISBN 4-88317-209-0
  3. ^ “bastard”, プログレッシブ英和中辞典goo辞書, 小学館, http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/6978/m0u/ 2011年9月11日閲覧。 


「バスタードソード」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バスタードソードに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バスタードソード」の関連用語

バスタードソードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




バスタードソードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバスタードソード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS