バウルー バウルーの概要

バウルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/18 04:33 UTC 版)

概要

1934年、ポントチックは大学生や地元の政治家や町の裕福な人々、そしてオーナーも加入していた、SEパルメイラスのたまり場だった。そこに、カシミロ・ピント・ネットことバウルーが(当時は法学大生、後にジャーナリスト)元市長が出版した教育保健省の幼児食教育ための本に基づき、ポントチックのクック(カーロスさん)に、アルブミンプロテインビタミンが豊富のサンドイッチを依頼した。

依頼したレシピは:

そこに、キッコ(Antonio Boccini Jr.)という名のバウルーさんの友達が一口食べて、ガルソンに「このバウルーの一つちょうだい!」とオーダーしたことから、同じ夜にその場所にいた多数のお客さんが「バウルーと同じの」と注文し始め、じわじわと町中に「バウルーのレシピ」が広がった。

現在ブラジルでは一般的に溶けたチーズとトマトが一緒のレシピには「バウル」の名前がつく。

上のレシピは1998年にバウル市の条例1998年6月24日4314号にてオフィシャル化された[1]

現代のバウルー

現代、いろいろなバウルーのレシピバージョンがある。

もっとも有名なのが以下:

  • フランスバウルー:フランスパン、ローストビーフ、グリュイエールチーズディジョン
  • イタリアンバウルー:フランスパン、ローストビーフ、モツァレラチーズ、パルマハム、ドライトマトとオレガノ。
  • アメリカンバウルー:フランスパン、ローストビーフ、モツァレラチーズ、レタス、トマト、ピクルス。
  • ポルトガルバウルー:フランスパン、ハム、チーズ、トマト 
  • ガウーショバウルー:フランスパン、薄切りのステーキ、エメンタールチーズエンダイブ、トマト
  • ゴイアーノバウルー:食パン、ハム、チーズ (卵焼きやトマトも入る)

だが、バウルーの名がついても、上のレシピを忠実に従わない。バリエーションが豊富なブラジルのポピュラーなサンドイッチである。

関連項目

外部リンク




「バウルー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バウルー」の関連用語

バウルーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

GTO

地方自治法施行60周年記念 沖縄県分 1,000円銀貨幣

クモハ1000形

鶉図目貫

馬のプール

コリンズ

原子炉容器

カランビット





バウルーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバウルー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS