ノーパンしゃぶしゃぶ ノーパンしゃぶしゃぶの概要

ノーパンしゃぶしゃぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/10 15:25 UTC 版)

東京・新宿の高級ノーパンしゃぶしゃぶ店が、大蔵省接待汚職事件大蔵官僚(当時)接待の舞台の一つとなっていた事が報道されたことから、1998年平成10年)に話題となった[2]。exciteによれば、ノーパンしゃぶしゃぶは飲食店と言う扱いであり、風俗店とは異なり「飲食費として領収書を落とせる」ことにより、接待に利用されたようだ[1]

朝日新聞出版/週刊朝日によれば、この事件で話題となった店舗については、東京・歌舞伎町にあった会員制の店舗であり、コースの料金は2時間で税込み1万9980円と言うもので、フォアグラ松坂牛などが提供されていたと言う。また、従業員の証言によれば、接待する側は冷めていたが、接待される側は「一心不乱に見ている」状態であったと言う[3]

また、講談社・「週刊現代」2016年12月17日号掲載「風俗界の大発明『ノーパン喫茶』は、こうして男たちをトリコにした」においてみうらじゅんは、ノーパン喫茶は若年層に人気があったが、ノーパンしゃぶしゃぶはオッサンに人気があったと述懐している[4]


  1. ^ a b 「ノーパンしゃぶしゃぶ」が話題に 大蔵省の汚職事件を振り返る” (2016年2月16日). 2016年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月17日閲覧。
  2. ^ 牧太郎 (2006年6月27日). “大きな声では言えないが:日銀の前科?”. 毎日新聞 (毎日新聞社). オリジナル2006年7月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20060708205210/http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060627k0000e070082000c.html 2017年2月16日閲覧。 
  3. ^ 失われた10年”に過剰接待「ノーパンしゃぶしゃぶ」があった! (4/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)”. 朝日新聞出版/週刊朝日 (017年3月10日). 2017年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月16日閲覧。
  4. ^ 風俗界の大発明『ノーパン喫茶』は、こうして男たちをトリコにした(週刊現代)”. 講談社/週刊現代 (2016年12月17日). 2016年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月17日閲覧。


「ノーパンしゃぶしゃぶ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノーパンしゃぶしゃぶ」の関連用語

ノーパンしゃぶしゃぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キャンバー

ムクドリ

500形

W62T

8000系

フェタ

2005 SM510

三々





ノーパンしゃぶしゃぶのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノーパンしゃぶしゃぶ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS