ノ・ホンチョル ノ・ホンチョルの概要

ノ・ホンチョル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/08 08:44 UTC 版)

盧弘喆
ノ・ホンチョル
本名 同じ
生年月日 1979年3月31日(34歳)
出身地 韓国の旗 韓国 ソウル特別市
身長 180cm
最終学歴 弘益大学校 機械情報工学専攻
出身 2004年Mnet <Dr.ノ KIN 町>
活動時期 2004年 -
現在の代表番組 無限挑戦
豪快ガールズ
ほか
過去の代表番組 ノロワ
1泊2日
ほか

略歴

  • 1979年3月31日ソウル特別市生まれ。
  • 弘益大学校 機械情報工学専攻卒業。卒業後、「ホンチョルツアー」、「夢と冒険のホンチョルワールド」など、事業家として活動する。
  • 2004年Mnetの『Dr.ノ KIN 町』で芸能界デビュー。当時には珍しいおしゃぺり屋キャラで注目を浴びる。
  • 2005年『無限挑戦』のスタートメンバーとして参加。『無限挑戦』での活躍で人気芸能人になる。

逸話

  • 彼のデビュー当時、精神科医者たちは彼の精神状態をテーマにする会議をしたという[2]
  • 凄く潔癖な性格で、『無限挑戦』で放送された彼の家は凄く綺麗だった。
  • 特異な発想と衣装などで「ドル+アイ」(韓国語でサイコの意味)というあだ名がつけられた。
  • 株に手を出して失敗したことがある。彼は『無限挑戦』でチョン・ジュナの勧誘で株に手を出したと暴露した。
  • 2008年2月19日、住んでいるマンションの玄関で精神分裂症状のある男性に暴行されたが、CCTVでは被害者の彼が極度の興奮状態の加害者を安心させる姿が録画され、ネチズンはそんな彼に賛辞を送った。そして被襲事件捜査途中 犯人は当時 20cmの過渡刀をお持ちしていたと言うのが明かされてネチズンたちは驚愕を禁じえなかった.
  • 吉本興業からスカウト提案を受けたことがあったが、断ったという[3]
  • ボブスレー韓国国家代表選抜戦に選手として参加し、2009年大韓体育会ボブスレー選手として定式登録されている。
  • 2009年6月8日、歌手チャン・ユンジョンとの付き合っている事実を公開した以後ノ・ホンチョル&チャン・ユンジョンカップルは多くの人々の関心と羨ましさを買ったりして放送で大っぴらにいちゃいちゃしたりした。しかし熱愛公開10ヶ月後の2010年3月9日、二人は報道資料を通じて公式に別れたことを明かした。
  • 彼は無限挑戦新年計画だったダイエットに失敗して彼のトレードマークだった金髪頭を切り捨てた。以降は、黄色の染色をせずに、黒髪の状態にある。
  • 無限挑戦の自体美男投票では2位だったが、無限挑戦で開かれた公式的な美男対決では(現場投票25%、インターネット投票25%、成形外科専門医投票25%,全世界投票 25%を合算した結果で無限挑戦内衣最高美男が抜かれ)最終順位1位に無限挑戦の公式美男と認められるようになった。実はこの前無限挑戦を見ればその頃にも公式的な美男投票をした事があったが、その頃にもノ・ホンチョルが 1位であった. しかしどうなった事か 1位をしたノ・ホンチョル本人も、無限挑戦メンバーたちも前で言及した投票で公式的な無限挑戦内衣最高美男が抜かれられた 美男ですね特集」前までノ・ホンチョルの「ドル+アイ」イメージのせいか無限挑戦内での最高美男はノ・ホンチョルではないハハで間違って分かっていた。
  • 2010年末には "彼がチャン・ユンジョンと別れた理由がゲイなので別れた。"というルーマーが出たりした。

現在放送中のレギュラー番組

  • 無限挑戦 (MBC / 毎週土曜日 18:30 - 19:50)
  • ショー!K-POPの中心 (MBC / 毎週土曜日 16:00 - 17:10) - MC
  • シングル男のハッピーライフ (MBC / 毎週金曜日 23:00 - 24:20) - MC

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ 『無限挑戦』 第3期 #143 「精神鑑定SP」 2009年2月28日OA
  3. ^ 『無限挑戦』 第3期 #73 「無限挑戦、日本に行く!!SP」 2007年9月29日OA


「ノ・ホンチョル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノ・ホンチョル」の関連用語

ノ・ホンチョルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ノ・ホンチョルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノ・ホンチョル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS