ネルンストの式 ネルンストの式の概要

ネルンストの式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/13 06:12 UTC 版)

酸化還元反応におけるネルンストの式

以下の式で示されるような酸化Ox還元Redの間の電子授受平衡反応を考える.

Ox+ze^{-}=Red

このとき,系に挿入された不活性電極の持つ電位 (電極電位) Eは,平衡時には以下の式で記述され,これをネルンストの式という.

E=E^{\circ }+{\frac  {RT}{z{{\rm {F}}}}}\ln {\frac  {a_{{{\rm {Ox}}}}}{a_{{{\rm {Red}}}}}}


なお,25℃においては,以下のように換算され,これも広く用いられる.

E=E^{\circ }+{\frac  {0.0592}{z}}\log {\frac  {a_{{{\rm {Ox}}}}}{a_{{{\rm {Red}}}}}}

電気生理学におけるネルンストの式

イオンXに対して透過性がある膜を隔てて、片側の区画(o)でのイオンXの濃度が[X]o、他方の区画(i)での濃度が[X]iであるとする。イオンXは濃度勾配にしたがって膜を透過するが、それによって生じる電荷の移動により、膜を隔てて電位差が生じる。平衡に達したときの区画oに対する区画iの電位Eは,以下の式で記述され,これをネルンストの式という.

E={\frac  {RT}{z{{\rm {F}}}}}\ln {\frac  {[X]_{{{\rm {o}}}}}{[X]_{{{\rm {i}}}}}}

平衡電位を境にしてイオンの流れる方向が逆になるので逆転電位(reversal potential)とも呼ばれる。 なお,20℃において平衡電位をmVであらわすと,以下のように換算され,これも広く用いられる.

E'={\frac  {58\ {\mathrm  {mV}}}{z}}\log {\frac  {[X]_{{{\rm {o}}}}}{[X]_{{{\rm {i}}}}}}

たとえば、細胞の中(i)のカリウムイオン濃度が100 mM、細胞の外(o)のカリウムイオン濃度が1 mMであり、細胞がカリウムイオンに透過性を示すとするとカリウムイオンの平衡電位は−116 mVになる。

関連項目




「ネルンストの式」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ネルンストの式に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ネルンストの式」の関連用語

ネルンストの式のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ネルンストの式のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネルンストの式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS