ニールス・イェルネ ニールス・イェルネの概要

ニールス・イェルネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/22 04:52 UTC 版)

Niels Kaj Jerne
ニールス・イェルネ
Niels Kaj Jerne 1950 crop.jpg
生誕 23 December 1911年12月23日
イギリスの旗 イギリス ロンドン
死没 (1994-10-07) 1994年10月7日(満82歳没)
フランスの旗 フランス ガール県
国籍 デンマークの旗 デンマーク
研究分野 免疫学
研究機関 ピッツバーグ大学
主な業績 モノクローナル抗体
主な受賞歴 ガードナー国際賞(1970)
ノーベル生理学・医学賞(1984)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1984年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:免疫制御機構に関する理論の確立とモノクローナル抗体の作成法の開発

来歴

彼の先祖はファノ島というデンマーク西部にある小さな島に住んでいたが、1910年、彼の両親はロンドンへ引っ越し、1911年に彼が生まれた。第一次世界大戦中、彼の両親はオランダへ引っ越し、彼は子供の時期をロッテルダムですごした。ライデン大学にて2年間物理学を勉強した後ドロップアウトし、コペンハーゲンへ引っ越し、コペンハーゲン医科大学に入学。研究の対象を医学分野へと変更、在学中の1935年に初めの妻チェックと結婚。2児を儲ける。イェルネは、妻と共に遊興の日々を送り、経済的には実家からの仕送りに依存した。1942年コペンハーゲン医科大学を卒業し、医学の学位を得た時には30歳を越えていた。

1946年には彼の派手な女性関係がもとで、妻のチェックが自殺。妻も他の芸術家と不倫を重ねていた。

1943年から1956年まで、デンマーク国立血清研究所の研究員を務め、この時にジフテリアの抗毒素の理化学的性質についての著名な業績を残した。仕事の帰り道、自転車でコペンハーゲンのLangebroを横切っているときにこの画期的な科学的な考えを思いついたと言われている。この抗体形成の理論により、国際的に評価され、1956年にはジュネーヴにある世界保健機関にて働くようになる。ここでは生物学的標準品のセクション及び免疫学のセクションの責任者を務めた。6年間世界保健機構にて働いた後、アメリカ合衆国に渡り、ピッツバーグ大学にて微生物学の教授及び微生物学部の主任教授として4年間働く。(1962年以降も、免疫学のExpert Advisory Panelのメンバーとして世界保健機構での仕事は続ける。)

1966年ヨーロッパに戻り、フランクフルトフランクフルト大学の実験的治療の教授を務める。1969年スイスバーゼルにあるバーゼル免疫学研究所にて所長を務める。1970年ガードナー国際賞受賞。1980年に引退。

栄典等

彼は、現代の免疫学の大家として歓迎され、多数の名誉博士号を受け、多くの学会の会員となっている。




[ヘルプ]
  1. ^ Jerne; Niels Kaj (1911 - 1994)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。


「ニールス・イェルネ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ニールス・イェルネ」の関連用語

ニールス・イェルネのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FACOM M-780モデルグループ

ニオイカワキタケ

ヒッコリーストライプ

タラキヒ

ダブル蝶結び

アゾベ

スピニングボール

ボディテディ





ニールス・イェルネのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニールス・イェルネ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS