ニュルンベルク裁判 ニュルンベルク裁判の概要

ニュルンベルク裁判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/16 16:09 UTC 版)

最初の主な裁判(英語Trial of the Major War Criminals Before the International Military Tribunal, IMT)と、それに続く、ニュルンベルクを占領統治していたアメリカ合衆国による12の裁判(英語:Nuremberg Military Tribunals, NMT. 1949年4月14日まで行われ、一般には「ニュルンベルク継続裁判」として、最初の主な裁判とは区別される)で構成された。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c 芝健介 2001, pp. 22.
  2. ^ 「戦争犯罪と法」多谷千香子(岩波書店)P.3-4[1]
  3. ^ 林博史 2004, pp. 26-27.
  4. ^ a b c 林博史 2004, pp. 4.
  5. ^ 林博史 2004, pp. 4-5.
  6. ^ a b c d e f 林博史 2004, pp. 5.
  7. ^ 林博史 2004, pp. 5-6.
  8. ^ 林博史 2004, pp. 6.
  9. ^ 林博史 2004, pp. 6-7.
  10. ^ 林博史 2004, pp. 21.
  11. ^ 林博史 2004, pp. 23.
  12. ^ 林博史 2004, pp. 25.
  13. ^ 林博史 2004, pp. 30-31.
  14. ^ 林博史 2004, pp. 34.
  15. ^ a b 清水正義 2005-05, pp. 191.
  16. ^ 林博史 2004-7, pp. 32.
  17. ^ a b 清水正義 2005-05, pp. 196.
  18. ^ 林博史 2004-7, pp. 52-53.
  19. ^ a b c d e 林博史 2004-7, pp. 53.
  20. ^ 清水正義 2004-11, pp. 82.
  21. ^ a b 清水正義 2009-12, pp. 7.
  22. ^ 林博史 2004-7, pp. 54.
  23. ^ 林博史 2004-7, pp. 55.
  24. ^ a b c d e 清水正義 2005-05, pp. 188-189.
  25. ^ a b c 林博史 2004-7, pp. 61.
  26. ^ 林博史 2004-7, pp. 62.
  27. ^ 林博史 2004-7, pp. 64.
  28. ^ a b 清水正義 2009-12, pp. 4.
  29. ^ 清水正義 2009-12, pp. 11.
  30. ^ 清水正義 2009-12, pp. 1.
  31. ^ a b c d e f 芝健介 2001, pp. 29.
  32. ^ 守屋純 2005-10-31, pp. 4.
  33. ^ 清水正義 2009-12, pp. 5.
  34. ^ 清水正義 2009-12, pp. 5-6.
  35. ^ 清水正義 2009-12, pp. 10-11.
  36. ^ a b 清水正義 2009-12, pp. 12.
  37. ^ 小林宏晨「ニュルンベルグ裁判と弁護人ヤールライス」(『政経研究』第43巻4号/日本大学法学会)
  38. ^ 清水正義 2005-05, pp. 187.
  39. ^ 清水正義 2005-05, pp. 188.
  40. ^ 清水正義 2010-12, pp. 33.
  41. ^ 清水正義 2005-05, pp. 190.
  42. ^ 「しかしニュルンベルクで敗れたドイツを裁く席に座った署名団の一つ、ソヴィエトが――被告たちと同じく―― (ポーランドに対する)侵略戦争を準備し、1939年9月半ばからその戦争を遂行しただけでなく、 さらに加えて1939年12月14日、イギリスとフランスの発議で、ソヴィエトはフィンランド攻撃を理由として すでに国際連盟から追放されていたこと、そしてロンドン協定調印の日、すなわち1945年8月8日、日本に対して 宣戦布告を行なったこと――これらはニュルンベルクでは黙殺されてしまった。 ソヴィエトはポーランド、フィンランド、日本に対して明々白々な侵略戦争を行なったが、このことはニュルンベルクでは何一つ疑いをだしはさまれることもなかったし、ついに罪を問われることもなかった」ヴェルナー・マーザー『ニュルンベルク裁判』西義之訳、403-404頁。
  43. ^ 「いわゆるパルチザン(レジスタンス)の《栄光の》戦いは、卑劣な殺人以外の何ものでもない。この戦いの発案者こそ真の戦争犯罪人である。フランス人、ベルギー人から、よく引用される憎悪を感じたことはない。むしろ、ドイツ軍と占領地住民の友好な関係をいくども目撃しているのだ。―パルチザンたちが頭をもたげるのは、自分たちに生命の危険がなくなった時に限られている。彼らは戦ったのではなく、ドイツ軍の構成員個人をだまし討ちにしたのだ。軍事的に見た場合、パルチザンの行動はドイツ軍の作戦に何の影響をも及ぼしていない。しかし、この国際法にもとる戦闘の発案者たちのために無関係な住民が、ドイツ軍の報復処置によってひどい目にあったのである。国民間の憎悪は、パルチザンの犯罪的投入によって計画通りあおり立てられ、長期にわたって深まっていった」クルト・マイヤー(元武装親衛隊少将)『擲弾兵―パンツァーマイヤー戦記』
  44. ^ 第13条 「裁判所は、訴訟手続に関する規則を作成する。」
  45. ^ 第18条 「公判を、起訴事実により提起された案件の迅速な審理に厳密に限定すること。不当な遅延を生ずるような行為をも防止するため、厳重な手段をとり、起訴事実に関係のない案件および陳述は、その種類のいかんを問わず、一切除外すること」
  46. ^ 第19条 「法廷は、証拠に関する法技術的規則に拘束されない。法廷は、迅速かつ非法技術的手続を最大限に採用し、かつ、適用し、法廷において証明力があると認めるいかなる証拠をも許容するものである。」
  47. ^ 第21条 「法廷は、公知の事実については、証明を求めることなく、これを法廷に事実と認める。また、法廷は、戦争犯罪捜査のため同盟諸国において設立された委員会の決議および文書を含む、連合諸国の公文書および報告書並びにいずれかの連合国の軍事法廷またはその他の法廷の記録や判決書をも、同様に法廷に顕著な事実と認める。」
  48. ^ 第26条 「被告人の有罪及び無罪に関する裁判所の判決には、その理由を付する。判決は、最終であって、再審査を許さない。」
  49. ^ 岡野詩子 2012-11, pp. 190.
  50. ^ Die Zeit, Aug. 19, 1960
  51. ^ 池田徳真『プロパガンダ戦史』中公新書,1981年
  52. ^ 芝健介 2001, pp. 38.
  53. ^ ドイツにおける検閲の実態を調査した論文 (censorship in Germany) を参照。
  54. ^ A・J・P・テイラー『第二次大戦の起源』吉田輝夫訳、中央公論社、31-32頁。
  55. ^ ヴェルナー・マーザー 著、西義之 訳『ニュルンベルク裁判』
  56. ^ E. L. Van Roden, "American Atrocities in Germany" または日本語訳のドイツにおけるアメリカの虐待行為を参照。
  57. ^ Principles of International Law Recognized in the Charter of the Nüremberg Tribunal and in the Judgment of the Tribunal, 1950. - 赤十字国際委員会
  58. ^ 大量虐殺(ジェノサイド)の語源学-あるいは「命名の政治学添谷育志、明治学院大学法学研究90号、2011年1月、47p
  59. ^ 1950年11月8日西ドイツ連邦議会 ハンス・ヨアヒム・フォン・メルカッツ(ドイツ党)「ドイツ兵に加えられた名誉毀損は償うことができません。ドイツ兵の名誉は侵害できない確かなものです」、「名誉ある人びとを品位のない環境で拘禁しておく企てには反対しなければなりません。ドイツ人の魂にのしかかる負担を取り除くために、力強い行動が必要です。マンシュタイン将軍やケッセルリンク将軍のような男たち、つまり目下ランツベルクとヴェルルに収監されている男たちとわれわれは一体です。われわれは、われわれの身代わりにかれらにおしつけられたものをともに背負わねばなりません」(石田勇治『過去の克服 ヒトラー後のドイツ』より引用)、1952年9月17日西ドイツ連邦議会 ニュルンベルク裁判について フォン・メルカッツ(キリスト教民主同盟)「法的根拠、裁判方法、判決理由そして執行の点でも不当なのです」、メルテン(ドイツ社会民主党)「この裁判は正義に貢献したのではなく、まさにこのためにつくり出された法律をともなう政治的裁判であったことは、法律の門外漢にも明らかです」、エーヴァース(ドイツ党)「戦争犯罪人という言葉は原則として避けていただきたい。……無罪にもかかわらず有罪とされた人びとだからです」(木佐芳男 『〈戦争責任〉とは何か 清算されなかったドイツの過去』 より引用)
  60. ^ リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーは開戦時の外務次官であった父親エルンスト・フォン・ヴァイツゼッカーがニュルンベルク継続裁判で有罪になった事について「侵略戦争を指導した」とする罪状を「まったく馬鹿げた非難だった。真実をちょうど裏返しにした奇妙な話である(『ヴァイツゼッカー回想録』より引用)」と全面的に否定している。
  61. ^ 「1950年代には、ユダヤ人大虐殺などナチの犯罪がしばしば意図的に、あるいは無意識のうちにただの戦争犯罪として語られることが多く、ナチの犯罪者が戦犯として恩赦の対象となったことも訴追を阻害した」「戦後長らくナチの犯罪を戦争犯罪と同一視する傾向が強く、そのことがナチの犯罪訴追の障害となってきた事情があった」(石田勇治『過去の克服 ヒトラー後のドイツ』より引用)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ニュルンベルク裁判に関連した本

ニュルンベルク裁判に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ニュルンベルク裁判」の関連用語

ニュルンベルク裁判のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ニュルンベルク裁判のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニュルンベルク裁判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS