ニコラス・エドワーズ ニコラス・エドワーズの概要

ニコラス・エドワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/11 22:28 UTC 版)

ニコラス・エドワーズ
基本情報
出生 1992年7月31日(22歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド市
血液型 AB型
学歴 グレンコ市立高校卒
ジャンル J-POP
職業 歌手俳優
担当楽器 ボーカル
活動期間 2011年 -
レーベル ワーナー・ミュージック・ジャパン
事務所 江戸屋株式会社・メディアポッドDIV所属
公式サイト [1]
Mr. Children, B'z, ゆず など

来歴

来日前

1992年7月31日23:58、アメリカ合衆国オレゴン州ヒルスボロ市で生まれる。祖母は農場を営み、母はそのお手伝いと会社員の仕事を両立させる。父は、音楽活動を行いながら、地元の大学で栄養士を務める。3歳年下の弟が1人。父親の歌手活動を見て育つニコラスは、音楽に強い関心を持ち、小さい頃から歌手になることを夢見る[1]。小学校より、モデル活動を始める。1998年、6歳にて、親が離婚。そして、2004年、11歳にて、母が再婚。相手の子供を含め、妹1人と弟2人の兄となる。

2006年の秋、アメリカ合衆国オレゴン州ヒルスボロ市にあるグレンコ市立高校に入学後、日本語の勉強を始める。勉強し始めて1年半で、在ポートランド日本国総領事館が開催する第20回スピーチコンテスト(2008年5月11日開催)に出場し、第2部門(高校生対象)で2位を獲得[2]。2008年の夏、初来日。来日中、日本の伝統的な文化や言葉に魅了された彼は、日本で歌手になりたいと決意。アメリカに帰国後、熱烈に日本語の勉強をし続け、2010年の春、再び出場した在ポートランド日本国総領事館が開催する第22回のスピーチコンテスト(2010年4月24日開催)にて1位を獲得。2010年6月12日に17歳で高校卒業。その翌日、再来日。

デビュー前

来日後、外国人タレントを扱うイクリプス・プロダクションに所属[3]。2011年6月25日に放送された「のどじまん ザ!ワールド」第1回に出場し、3位を獲得。「美しすぎる18歳」としてテレビデビューを果たす。同年10月11日、「のどじまん ザ!ワールド」第2回で1位を獲得し、世界一日本の歌が上手い外国人として注目をされる。翌月、当時新番組であった世界番付に出演し、日本国内のツイッタ―トレンドのトップになるなど、またもインターネットで大きな反響を呼んだ。メディアに「超絶イケメン米国人[4]」と名付けられたニコラス・エドワーズは、翌年の3月に開催された第4回の沖縄国際映画祭の出品作である「ヒノマル♪ドリーム」に主演し、映画デビューを果たす。同月に放送された「のどじまん ザ!ワールド」第3回に再出場し、2位を獲得。2012年4月よりBSジャパンの「ヴァンガードTV2」にてレギュラーを務め、テレビ東京の「しまじろうのわお!」では「ムシバのうた」をボーカルを歌うなど、徐々に活躍の場を増やす。同年7月からカードファイト!! ヴァンガードのCMキャラクターとしてDAIGOと共演。同月、「のどじまん ザ!ワールド」第4回に出場し3位を獲得。銀河英雄伝説「撃墜王」編にて、ラインハルト・フォン・ローエングラム役として初舞台を踏む。同年の10月、16.2%の高視聴率を誇る第5回の「のどじまん ザ!ワールド」に出場し、優勝を果たす。

インディーズ時代

現在所属の江戸屋株式会社・メディアポッドDIVに移籍し、インディーズレーベルである江戸屋株式会社より、2012年12月19日にオリジナル曲である「My First Love Song」を配信。そして、2013年3月6日に、「My First Love Song」を含む7曲入りのEP「n/f」を店頭発売。3月の1日から31日までJOYSOUNDとカラオケキャンペーンを行い、東京、大阪、名古屋の順にインストアイベントを開催。4月7日に行われたインストアイベントの大阪公演にて、ワーナー・ミュージック・ジャパンよりメジャーデビューを発表。

デビュー

ワーナー・ミュージック・ジャパンより、自身の21歳の誕生日である2013年7月31日にデビューシングル「fが歌詞になる」をリリース。

主な出演

テレビ

CM

映画

  • ヒノマル♪ドリーム(2012年 沖縄国際映画祭 第4回出品作)ニコラス・エドワーズ役

舞台






「ニコラス・エドワーズ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ニコラス・エドワーズ」の関連用語

ニコラス・エドワーズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ニコラス・エドワーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニコラス・エドワーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS