チュウブYAJINスタジアム チュウブYAJINスタジアムの概要

チュウブYAJINスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/12 23:40 UTC 版)

チュウブYAJINスタジアム
YAJIN Stadium.jpg
チュウブYAJINスタジアムの位置(鳥取県内)
チュウブYAJINスタジアム
施設情報
所在地 日本の旗 鳥取県米子市安部1-1
位置 北緯35度26分51.81秒
東経133度18分27.67秒
座標: 北緯35度26分51.81秒 東経133度18分27.67秒
起工 2012年4月
開場 2012年12月9日
所有者 株式会社SC鳥取[要出典]
運用者 株式会社SC鳥取[1]
特定非営利活動法人やまつみスポーツクラブ[1]
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 m × 68 m[1]
照明 なし
大型映像装置 なし
建設費 約4億円[1]
建設者 所子・美保建設共同体[1]
株式会社ホクシン[1]
株式会社三徳建設[1]
株式会社チュウブ[1]
使用チーム、大会
ガイナーレ鳥取(Jリーグ)
高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ中国
収容能力
7,390人
アクセス
#アクセスを参照。

なお、2012年11月より東京都中央区に本社、鳥取県東伯郡に本店を置く株式会社チュウブが命名権を取得しており、「チュウブYAJINスタジアム」(略称:チュスタ)の呼称を用いている(詳細は後述)。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)クラブであるガイナーレ鳥取のホームゲーム会場の一つとして利用されている。

概要

2012年12月9日に開場したサッカー専用の競技場である。施設はガイナーレが練習で利用するほか、ガイナーレの下部組織の育成拠点、市民の交流拠点、ユース世代以下の試合会場として使用されている。また、インターハイ全国高等学校サッカー選手権大会の予選、天皇杯全日本サッカー選手権大会などへの利用も検討されている。

沿革

立地と建設の経緯

ガイナーレ鳥取の前身で米子市を活動拠点としていたSC鳥取米子市営東山陸上競技場(現:どらドラパーク米子陸上競技場)で公式戦を開催していたが、ガイナーレがJリーグ加盟を目指すに当たって、鳥取県内でJリーグ試合開催基準に適合するスタジアムが鳥取市鳥取市営サッカー場(現:とりぎんバードスタジアム)以外に無かった。なお、米子市営東山陸上競技場は収容人数が2,000人で、米子市民は施設改修を求める署名25,000人分を米子市に提出したが、予算の問題により実現は難しかった。

一方、弓ヶ浜半島の付け根、米子市街地北部にある高さ13m、面積約7haの砂地でできた小山、通称「安部山」は、以前には9ホールのゴルフ場が存在したが、2004年に閉鎖されていた[1]。もともとの地質が砂地であり芝の生育に適した立地でもあることから、株式会社SC鳥取はゴルフ場閉鎖後から育成チームの練習拠点として整備する計画を持っていた[2]。その中で、関係者の「山を掘れば観客席も付けられるのではないか」という思いつき[2]から、「安部山」にクラブ自前のスタジアムと練習場を建設する構想を具体的に練ることとなった。

野人続々!プロジェクト

日本代表で2009年からガイナーレに加入した岡野雅行は、かつて加入を目指したオランダの名門・アヤックス・アムステルダムの練習環境に感銘を覚えたことからこの構想に賛同し、ガイナーレが日本フットボールリーグ (JFL) で首位となりJ2昇格が現実味を帯びてきた2010年7月に、岡野の愛称『野人』の名前を冠した「野人続々!プロジェクト」を企画、米子市安倍にサッカー専用スタジアム「YAJINスタジアム」と、スタジアムを中心としたスポーツ交流公園「強小の森スポーツパーク」を整備する計画を発表した[2]

この建設プロジェクトの特色は、施設の建設資金をすべて個人レベルでの協賛金で賄うことを想定しているところである。協賛金は一人一口1万円からで、スタジアムの「YAJINロード」のレンガに氏名が刻まれるなどの形でスタジアムに名前が残る形となる。また、建設資金を協賛金で賄うことにより、クラブ財政を圧迫することもなく、自治体からの資金支援を当てにする必要もないというメリットもあった。

このプロジェクトに、米子市では地元経済界やサッカー関係者などが「YAJINスタジアムをみんなでつくる会」を発足させて支援にあたり、個人と企業あわせて数千万円の資金があつまったことから正式に建設が決定し、2012年4月中旬から建設が開始、12月9日にこけら落としとなる記念試合(後述)が開催された。なお、同規模のスタジアムを平地に建設した場合30から40億円の建設費がかかるが、様々な工夫により約3億円におさえた[3]

施設概要

  • 芝:夏芝ティフトン・冬芝ライグラス[1]
  • 砂質の小山をすり鉢状に掘り、斜面にスタンドを設置[4]
  • 収容人員:7,390席(メインスタンド:1,680席、バックスタンド:1,420席、ゴール裏立見席:2,290席、芝生席:2,000席)[1][5]



注記

  1. ^ 現在鳥取市周辺で練習会場として使用している鳥取市若葉台スポーツセンターコカ・コーラウエストスポーツパークなどはいずれも公共施設であり、現状以上にガイナーレの利用頻度を上げると一般利用に支障が生じると指摘している[17]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 塚野真樹「チュウブYAJINスタジアム」、『月刊体育施設』、体育施設出版、2013年4月、 40-45頁。
  2. ^ a b c 市民参加型-野人続々!プロジェクト 開始にあたってのごあいさつ”. 野人続々!プロジェクト JAPAN NEEDS YAJIN (2010年7月26日). 2012年12月9日閲覧。
  3. ^ “J2鳥取新拠点「YAJINスタジアム」、ほぼ完成”. (2012年11月25日). http://www.asahi.com/sports/fb/OSK201211240068.html 2012年11月25日閲覧。 
  4. ^ “12月に完成記念試合 YAJINスタジアム”. 日本海新聞. (2012年10月20日). http://www.nnn.co.jp/news/121020/20121020079.html 2012年11月25日閲覧。 
  5. ^ a b c チュウブYAJINスタジアム”. J3リーグ. 2014年1月31日閲覧。
  6. ^ 生まれ変わった歴史ある 椅子〜日韓ワールドカップからの10年〜”. 野人続々!プロジェクト. ガイナーレ鳥取 (2012年10月3日). 2013年7月15日閲覧。
  7. ^ “YAJINスタジアム完成 ガイナーレ拠点 鳥取・米子”. (2012年12月9日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/121209/ttr12120902100000-n1.htm 2013年3月2日閲覧。 
  8. ^ a b c “チュウブYAJINスタジアムにおける公式戦開催について” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2013年3月1日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/20243/ 2013年3月2日閲覧。 
  9. ^ “Jリーグ、米子スタジアム公式戦認めず”. 読売新聞鳥取版. (2013年3月1日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news/20130228-OYT8T01379.htm 2013年3月1日閲覧。 
  10. ^ “サッカー:J2 今季米子開催困難に ガイナーレ公式戦、日程決定 /鳥取”. 毎日新聞地方版. (2013年8月2日). http://web.archive.org/web/20131005010332/http://mainichi.jp/area/tottori/news/20130802ddlk31050462000c.html 2013年8月7日閲覧。 
  11. ^ 見通し甘かった 「チュスタ」J公式戦見送り(2013年9月8日日本海新聞 2013年10月1日閲覧)
  12. ^ 試合日程・結果”. ガイナーレ鳥取 (2014年1月31日). 2014年1月31日閲覧。
  13. ^ 「チュウブYAJINスタジアム」ネーミングライツパートナー契約調印式開催”. 株式会社チュウブ (2012年11月1日). 2012年12月1日閲覧。
    “YAJINスタジアム ネーミングライツパートナー契約のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2012年11月1日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/18990/ 2012年12月1日閲覧。 
  14. ^ “チュウブYAJINスタジアム多目的広場 ネーミングライツパートナー契約のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2013年2月26日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/20205/ 2013年3月1日閲覧。 
    “「養和会YAJINフィールド」に チュスタの多目的広場”. 日本海新聞. (2013年2月24日). http://www.nnn.co.jp/news/130224/20130224004.html 2013年3月1日閲覧。 
    鳥取:養和会YAJINフィールド 調印式”. J's GOAL (2013年2月24日). 2013年3月1日閲覧。
  15. ^ a b c アクセス”. チュウブYAJINスタジアム. 2014年1月10日閲覧。
  16. ^ “チュウブYAJINスタジアム完成記念試合 河合竜二選手 不参加のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2012年12月9日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/19436/ 2012年12月9日閲覧。 
  17. ^ a b 経営方針の再構築について”. ガイナーレ鳥取 (2014年2月3日). 2014年5月8日閲覧。


「チュウブYAJINスタジアム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「チュウブYAJINスタジアム」の関連用語

チュウブYAJINスタジアムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

樽前山

芦田川

日野ブルーリボンII

リャンカン

10000形

サメハダヤドカリ

グランドキャニオン国立公園

東西線50系車両





チュウブYAJINスタジアムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチュウブYAJINスタジアム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS