スリーボンド スリーボンドの概要

スリーボンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/14 13:42 UTC 版)

株式会社 スリーボンド
ThreeBond Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
193-8533
東京都八王子市狭間町1456
設立 1955年
代表者 代表取締役社長 落合信二
資本金 3,00,000,000円
売上高 587億円(グループ全体売り上げ 2010年12月実績)
従業員数 2715 人(グループ内従業員 2010年12月末現在)
外部リンク http://www.threebond.co.jp
テンプレートを表示

概要

創業者の鵜久森税が、1955年(昭和30年)に東京都江東区で「東京スリーボンド」を創業する。創業から数年間は、自動車エンジン用液状ガスケットの製造が中心であったが、やがて工業用接着剤の製造に移行する。現在の製品は多岐にわたり、接着剤、シール剤、ロック剤、防錆潤滑油など工業用化学商品を手がけている。放熱シリコン接着剤も製造している。

分社化経営を行っており、全国に15の支店と27の専売店がある。専売店は各々が株式会社として独立した経営を行っているが、その株式の殆どは同社が保有している。海外に関しては北中米圏、南米圏、欧州圏、中華圏、アジア圏など世界中のエリアに拠点を持っている。

研究機関は神奈川県相模原市に、東京本社、岡山県、埼玉県に分散していた研究開発拠点を集約した研究所を建設。2012年6月より稼働。敷地は主力工場の一つであるスリーボンド高分子敷地内の約2万6000平方メートルに立地している。世界戦略上の中心としての活動拠点となる。

生産体制

関連工場は全部で7社(国内)。接着剤・シール剤を生産しているのはスリーボンド高分子株式会社とスリーボンド化成株式会社の2社。

他の5社はボルトやプラグ、ナットなどに接着剤を加工する加工会社という位置付けになる。 (館林スリーボンド化学株式会社、富士スリーボンド化学株式会社、中部スリーボンド化学株式会社、兵庫スリーボンド化学株式会社、北九州スリーボンド化学株式会社)

スポーツ

モータースポーツ

2000年より全日本F3選手権に、日産のエンジンをベースに、東名エンジンが開発・設計を行い、梅田チューニングショップで部品の設計・製造を行う体制で参戦を開始(ドライバーは土屋武士)。F3というカテゴリーを選んだのは、「若手育成カテゴリーでかつ世界共通のルールで行われておりイメージが良い」ことに加え、国内の自動車メーカー全社と取引関係があるという事情から、SUPER GTなど特定メーカーとの関与が必要なカテゴリーには参戦しづらいという理由からだという[1]

2011年には安田裕信のドライブで全日本F3のチームチャンピオンを獲得。2012年イギリスF3に参戦を開始する一方で[2]、全日本F3への参戦を休止した。

前述の通り従来は特定メーカーとの関与を避けていたが、2012年からはスーパー耐久・ST-GT3クラスに日産・GT-Rで参戦するKONDO Racingのメインスポンサーも務めることとなり[3]、徐々に日産との関係が強まりつつある。

ヨット

2008年1月オーストラリアメルボルンで行われた470級セーリング世界選手権においてスリーボンド所属の上野太郎・松永鉄也が総合15位の成績を修め、北京オリンピック日本代表に決定。同オリンピックにて7位入賞を果たした。

硬式野球部

1960年代から80年代にかけて、硬式野球部があり、都市対抗野球にも出場したが、その後休部した。出身者にはのちに日本ハムファイターズに入団した沖泰司横浜大洋ホエールズに入団した清水義之らがいる。


[ヘルプ]
  1. ^ Racing On』(ニューズ出版)2008年12月号・pp.126 - 127
  2. ^ スリーボンドレーシング 英国F3シリーズに参戦 - スリーボンド・2012年2月28日
  3. ^ KONDO Racing、日産学園とGT-R GT3でS耐参戦 - オートスポーツ・2012年4月5日


「スリーボンド」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

スリーボンドに関連した本

スリーボンドに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スリーボンド」の関連用語

スリーボンドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




スリーボンドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスリーボンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS