スポーツの歴史 近代のスポーツ

スポーツの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/08 05:13 UTC 版)

近代のスポーツ

近代のスポーツは中世社会のスポーツ文化を発展継承しつつ、近代社会で主導権を持ったブルジョワジーの論理である近代合理主義に基づき、それまでの伝統的なスポーツを再編して成立し、伝統的スポーツの土着性や祝祭性を排除し、産業化、規格化の方向に向かって発展した。これらのスポーツは以降のスポーツ文化の中心的役割を果たした一方、近代化できなかったスポーツはスポーツ文化の周縁に追いやられ存続することになった。

多くの近代スポーツは、それ以前の中世に都市や農村で行われていたスポーツにまでたどることができる。これらは、現在行われているスポーツに比べてルールがあまり整備されておらず、暴力的で混沌としている。ストリートフットボールのような祝祭日に行われていたスポーツは、しばしば暴徒化し、政府当局から禁令が出された。民衆にとって健全な娯楽が求められていた。17世紀のイングランドで現れたボクシングは、1743年に初めてルールが整備された。これに対して王侯貴族がパトロンとしてスポーツ競技会を開催することもあった。競馬は特に上流階級の人々に人気があり、イギリスのアン女王アスコット競馬場を設立するほどであった。

1888年創設当初のアーセナルFC

ウィンチェスターやイートンなどの多くのイギリスのパブリックスクールでは、スポーツ、特にフットボールを教育に取り入れた。産業革命により人々が農村から都市部に移動するのに伴い、農村のスポーツが都市部にもたらされ、中流階級や上流階級に影響を及ぼした。産業革命により交通が整備され人々の移動が活発になると、イギリス国内やほかの場所でパブリックスクールや大学のチーム同士が対戦する機会が増え、ルールの違いにより衝突が多くなると、さまざまなパブリックスクールでのルールを統一するため、初のサッカーにおける統轄団体であるフットボール・アソシエーションが設立された。このFAが創設された1863年以降、イングランドではサッカークラブが多く創設された。現在プレミアリーグに所属するクラブのほとんどは19世紀末に創設されている。このほか多くのスポーツで19世紀末までに全国的な統轄組織が設立されていった。また、上級階級からの影響でアマチュアリズムフェアプレーの精神が強調されるようになった。

イギリスのスポーツはイギリスの海外進出に伴い、19世紀末から20世紀初頭にかけて世界中に広まっていった。クリケットはオーストラリア、南アフリカ、インドなど当時の大英帝国の多くの国で普及した。

市民革命により、国防の中心が貴族から市民へと移ると、それに伴い国防の担い手としての国民教育の必要性が高まった。国家秩序の形成のために体操が取り入れられ、ヤーンのドイツ体操、リングのスウェーデン体操が行われるようになった。

フランスクーベルタン普仏戦争で敗れた青少年の活性化のためスポーツ教育に着目し、イギリスに留学した。イギリスから帰国したクーベルタンは1894年に開かれたパリの国際会議で、オリンピックの復活を宣言し、国際オリンピック委員会が設立された。これ以降スポーツの組織化が進んだ。


  1. ^ 稲垣正浩・谷釜了正編著『スポーツ史講義』大修館書店、1995年、pp. 37-38. ISBN 978-4-469-26299-5
  2. ^ 稲垣正浩・谷釜了正編著『スポーツ史講義』大修館書店、1995年、p. 39.
  3. ^ 『図説 スポーツの歴史―「世界スポーツ史」へのアプローチ』稲垣正浩ほか著、大修館書店、1996年、pp. 14-15. ISBN 978-4-469-26352-7
  4. ^ 『スポーツの百科事典』小田伸午編集、田口貞善監修、丸善、2007年、p. 202. ISBN 978-4-621-07831-0
  5. ^ 『最新スポーツ科学事典』日本体育学会監修、平凡社、2006年、p. 669. ISBN 978-4-582-13501-5
  6. ^ 『最新スポーツ科学事典』日本体育学会監修、平凡社、2006年、p. 670.
  7. ^ 『スポーツの百科事典』小田伸午編集、田口貞善監修、丸善、2007年、pp. 511-512.
  8. ^ 『最新スポーツ科学事典』日本体育学会監修、平凡社、2006年、p. 670.
  9. ^ 『スポーツの百科事典』小田伸午編集、田口貞善監修、丸善、2007年、p. 513.
  10. ^ 『最新スポーツ科学事典』日本体育学会監修、平凡社、2006年、p. 671.
  11. ^ 『スポーツの百科事典』小田伸午編集、田口貞善監修、丸善、2007年、p. 514.


「スポーツの歴史」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

スポーツの歴史に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スポーツの歴史」の関連用語

スポーツの歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




スポーツの歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスポーツの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS