スクールバス スクールバスの概要

スクールバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/03 06:38 UTC 版)

アメリカ合衆国の一般的なスクールバス

基本的な運行形態

学生・生徒(園児)が居住している住宅地域と学校(幼稚園などを含む)の間、学校最寄りの鉄道駅と学校の間、離れたキャンパス間などを結ぶ形で運行される。運行主体は、一般的に学校を運営している団体(学校法人など)である。

一般の路線バスとは異なったものであるが、学校は始業時刻、終業時刻が一定であるため、所定の運行時刻に所定の経路を運行し、決められた地点に停車する。

学校関係者(生徒教員など)以外の利用は基本的にできない。また特別支援学校[1]の場合、高等部の生徒については自力通学を原則としているため利用できないケースが多い。運行時刻や経路、停車地も基本的にはその学校の関係者にしか告知されていないが、不特定多数が閲覧可能なウェブサイトなどで公開されている例もあり、部外者が運行時刻を知ることは必ずしも不可能というわけではない。特に部外者が学校に用事がある際(例・大学や私立高校のオープンキャンパス、学校見学、学園祭入学試験など)に、最寄駅からのスクールバスの利用を案内している学校においては、公開しているケースが多い。

なお乗合バス事業者が、学校の最寄りの鉄道駅などから学校の間に学生・生徒向けのバスを運行する場合もある。この場合は運賃等が通常の路線バスと同額か、若干割引扱い[2]になっていることも多い。このようなバスについては、一般乗合旅客自動車運送事業による運行(普通の路線バス)であり上述したスクールバスとは別物と考えられている。特別支援学校以外の公立学校ではスクールバスを運行している所が稀少であり、大半は路線バス利用になる。

獨協埼玉中学校・高等学校埼玉県立大学のように、登下校時も含め、通常は有料の路線バス(朝日自動車)を運行し、文化祭や入試、学校見学会等のイベント時は臨時増発便として、無料のチャーター便を運行する所もある[3]。反対に秀明八千代中学校・高等学校のように登下校時のみ無料バスを運行し、閑散時は通常のちばレインボーバスの路線の一部として運行している所もある。

日本におけるスクールバス

自家用登録のスクールバスの例(聖徳学園三田幼稚園)
自家用登録のスクールバスの例(聖徳学園三田幼稚園
バス事業者が委託を受けて運行するスクールバスの例(小学校、JRバス関東が運行)
バス事業者が委託を受けて運行するスクールバスの例(小学校、JRバス関東が運行)
中学校・高等学校の例(明治大学付属明治中学校・高等学校のスクールバス、京王バス東・京王バス中央が運行)
中学校・高等学校の例(明治大学付属明治中学校・高等学校のスクールバス、京王バス東・京王バス中央が運行)
大学の例(早稲田大学)
大学の例(早稲田大学)
特別支援学校の例(東京都立江戸川特別支援学校、宮園福祉)
特別支援学校の例(東京都立江戸川特別支援学校、宮園福祉
路線バス扱いで運行する例(北海道中央バス、北海道教育大学岩見沢校、学生や教員以外には時刻を非公表にしている)
路線バス扱いで運行する例(北海道中央バス、北海道教育大学岩見沢校、学生や教員以外には時刻を非公表にしている)
在日米軍スクールバス車両
在日米軍スクールバス車両
一般路線に転用された元在日米軍スクールバス車両(写真は琉球バス交通になってからのものだが、塗装はスクールバス時代のもの)
一般路線に転用された元在日米軍スクールバス車両(写真は琉球バス交通になってからのものだが、塗装はスクールバス時代のもの)

日本では、幼稚園や保育所(幼児バス)、生徒の移動に介助を必要とする特別支援学校[1]、公立小学校中学校、最寄駅から距離のある一部の私立学校外国人学校ブラジル学校など)、自動車教習所フィットネスクラブ学習塾などがスクールバスを運行している。

運行形態

学校が運行主体となっているものでは、主に私立学校や幼稚園に多い。また、自治体が運行主体となっているものは主に公立小中学校用であり、居住地と学校が遠く離れている過疎地や山間部の地域などで多く運行されている。特に、人口密度が低く学校が少ないほか冬季における徒歩や自転車での通学が困難な北海道に多い。

実際の運行方式としては、学校・地方公共団体自身が一切を保有・運行する法規上の自家用バスと、道路運送法第3条2号に基づく特定バスとしてバス(あるいはタクシー)事業者に委託する方式がある。

自家用バスの場合、車両は自前で保守管理し、運転士も自前で雇用する(派遣の場合もある)。自家用バスのためナンバープレートは白色で、大型一種免許または中型一種免許で運転することができるが、内規で大型二種免許保有者しか運転士を採用しないところもある。特定輸送の形態として運行される場合、車両はバス事業者の所属であり(ただし、車両には委託元の学校名が大きく描かれ、運行するバス会社の名前は車体の隅のほうに小さく表示されることがほとんどである)、ナンバープレートは事業用自動車である緑色2ナンバー(路線バスや観光バスと同様の形態)となる。そのため、運転士は、大型二種免許所持者である。特別支援学校では、車椅子リフトなど一般のバスとは構造が異なる部分もあることから、8ナンバー車が多い。また、バス専用車線・バス優先車線で路線バスとして扱われる[4]

学校から相当離れた地域まで長距離のスクールバスが運行される例もある。例えば、千葉県東金市に所在する城西国際大学東金線求名駅が最寄駅)では東京駅横浜駅東京湾アクアライン木更津駅経由)・西船橋駅成田駅成東駅経由)から大学関係者および来校者向けの有料スクールバス(同大学ではシャトルバスと呼称)が平和交通および西岬観光により運行されている。また、神姫グリーンバス篠山営業所にあるスクールバス車両は路線バス運用を兼ねながらスクールバス運行を行っている。佐賀県唐津市に所在する早稲田佐賀中学校・高等学校では、福岡市からの通学者のために、高速バス「からつ号」の唐津方面第一便と第二便を校門前にある唐津城入口停留所を経由させることで対応している。

地方において通学範囲が広かったり山間部にある公立学校では、学校でバス車両を保有しないことがあり、地元のバス事業者が、一般の路線バスと同じ扱いでありながら昼間に走る路線バスとは全く違うルートでバスを運行させ、それを「スクールバス」と称する場合がある。この場合、定期券や運賃はその事業者の通常制度に従う場合が多い。例えば佐賀県唐津市では、市域が広いにも関わらず高校が市街地に集中しているため、昭和自動車が一般路線の市街地区間のルート変更をして、同時に複数の公立高校(例えば、肥前町方面から来て唐津南高校唐津東中高を経由や、呼子町方面から来て唐津南高校・唐津西高校工業高校を経由)を経由するようにさせ、バス路線がある地域であれば、乗り換え次第で市内のどの地域からでもどの高校へ通えるようになっている。

沖縄県の米軍基地におけるスクールバス

  • 運行は日本の民間企業が行ってきた。2010年現在はセノンが運行している。車両はアメリカ合衆国本土と同様に黄色の塗装で、側面にはSTOPと表記された板が装備されている。ただし、基地の外部の一般道では使用しない。また、車椅子で乗車可能な車両も数台ある。
  • 以前は沖縄の大手バス企業であった琉球バス(現・琉球バス交通)が運行していたが、1999年にセノンが落札したことにより事実上撤退した(沖縄県では社会問題にもなった)。車両は、琉球バスの塗装を逆転(青と橙の色を反転)した専用車両を新車で導入して使用していたが、経済的に厳しかった会社ではスクールバスからの運用終了後も廃車にはせず一般路線車として転用し、2010年現在でも使用されている(一部は塗装変更)。

アメリカ合衆国におけるスクールバス

子どもが乗車するスクールバス。ライトが点滅し、STOPの板が起き、遮断バーが前方に出ている。

19世紀末期から20世紀初頭にかけて、都市近郊から遠く離れた地域の生徒のために運行が開始された。しかし次第にスクールバス導入は、広い国土や通学の安全性よりも、人種問題の解消が目的とされるようになってきた。20世紀半ばまでアメリカは白人の通う学校と黒人の通う学校に分かれていた。1954年合衆国連邦最高裁が人種で学校を分けることを違法としたが、郊外化が進む中で白人は郊外に、黒人はインナーシティにという人種の住み分けが起こってしまい、学校における人種の偏りは改善されないままであった。

その解決法として考案されたのが、人種統合バス通学(Desegregation busing)である。1971年に連邦最高裁が合憲としたもので、「強制バス通学」とも呼ばれる。白人とマイノリティーの割合が一定になるように、黒人を郊外へ、白人を都心部へ通学させたため、多くの子どもたちが自宅から遠く離れた学校へ通うことを余儀なくされた。その後マグネット・スクールチャーター・スクール越境通学ホームスクーリングなど多様な教育形態が生まれたことで、ようやく1990年代に強制的なバス通学は終わった。

近年は人種統合という目的よりも、ますます郊外が広がり徒歩自転車による通学が長距離となり困難または犯罪交通事故に巻き込まれるのを防ぐため、そしてマグネットやチャーター・スクール、ESL特別支援教育といった学区全体(日本の都道府県に相当する面積のものもある)の生徒を対象にした学校が様々な場所に位置するため、通学にバスが利用されている。

その一方、バスの代わりに自家用車で通学する子どももいる。いわゆる「カギっ子」状態は、アメリカにおいては保護者児童虐待の疑いを受ける可能性があり、バスの到着時刻前に両親ともに出勤する共働き家庭では、親が出勤途中に学校で子どもを降ろして、始業時間まで早朝学童保育 (Before school Program) に預けるのが一般的である。また少数だが、小学校低学年ではスクールバスでの喧嘩いじめを避けるために、親が車で送り迎えをする家庭もある。このほか、学区を越えた通学はバスのサービスを受けられないことが多く、車で通学する。

スクールバスは、小・中・高校の始業時間を時間差にして使い回しすることもある。一般的には高等学校の始業時間が最も早い。理由の一つとして、小学生以下の放課後のカギっ子状態を避けるため、中高生の兄や姉が先に帰宅して迎えられるよう配慮されているためである。高校の校区は広大であるためバス路線も長く、午前6時前後に到着するような地域もあるため 運転免許証を取得して自分の車で通学する高校生も多い(路線バスが発達した地域では、高校生がスクールバスではなく一般のバスを利用する学区もある)。また、登下校以外(遠足など)にもスクールバスを利用する。

車両

アメリカ合衆国では単に「スクールバス」といった場合、黄色い車両のことを指すことが多い。スクールバスはすべて黄色(スクールバス・イエロー)でなければならないと連邦統一安全規格によって決められている。トラックのシャシーにコーチビルダーが車体を架装したものが主流で、大きさや外観によってA, B, C, Dの4つの規格区分が存在する。

また道路上での立場は、自家用車と比較するとかなり高い。その一例として、スクールバスが学生の乗降を扱っている際のルールが挙げられる。乗降扱い中は、運転席上部のライトが点滅、車両側面からSTOPと表記された赤い八角形のサインボードが出て、子どもがむやみにバスの前を横切らないよう遮断バーが前方に飛び出す。この時、後続車はたとえ片側に何車線あっても追い越しを行なってはならない。また中央分離帯がない場合は、対向車も停止しなければならないことになっている。このため、アメリカで自動車を運転する場合は、特にスクールバスに対する注意が必要となる。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 特別支援学校とは、養護学校、盲学校、聾学校が法改正により同一名称となったものである。
  2. ^ 都営バス学バス系統や東武バス系列に多い。
  3. ^ 獨協埼玉中学・高校の文化祭「蛙鳴祭」のパンフレットにはバス時刻表が掲載されており、有料便と無料便の双方が存在する旨の注意書きがある。
  4. ^ 道路交通法第20条の2 の適用を受ける。


「スクールバス」の続きの解説一覧





スクールバスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

スクールバスに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スクールバス」の関連用語

スクールバスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




スクールバスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスクールバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS