シュルレアリスム 研究

シュルレアリスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/26 21:43 UTC 版)

研究

  • 近年の日本においてシュールレアリスム研究及び大学におけるシュールレアリスムの講義並びに実技(自由連想法を用いたディスカッションを含む)を行っている人物として多田夏雄 が挙げられる。著書としてシュールレアリスム論(文星芸術大学紀要)。
  • シュールレアリスム研究家 黒沢義輝は戦前の日本におけるシュールレアリスム研究の第一人者である。
  • メディアアートの講義においてデペイズマンなどシュルレアリスムの技法の解説を行っている人物として中野圭がいる。

技法など

ただし、シュルレアリスムは必ずしも特定の技法のみに頼って表現されるわけではない。

関連文献

  • 鈴木雅雄、林道郎『シュルレアリスム美術を語るために』(水声社、2011)ISBN 9784891768348
  • 酒井健『シュルレアリスム : 終わりなき革命』(中央公論新社〈中公新書〉、 2011)ISBN 9784121020949
  • 谷川渥『シュルレアリスムのアメリカ』(みすず書房、2009)ISBN 9784622074090
  • 速水豊『シュルレアリスム絵画と日本 : イメージの受容と創造』(日本放送出版協会、2009)ISBN 9784140911358
  • 鈴木雅雄『シュルレアリスム、あるいは痙攣する複数性』(平凡社、2007)ISBN 9784582702743
  • 巌谷國士『シュルレアリスムとは何か』(筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2002)ISBN 4480086781
  • アンドレ・ブルトン(巖谷國士訳)『ナジャ』(岩波書店〈岩波文庫〉、2003)ISBN 4003259025
  • アンドレ・ブルトン(巖谷國士ほか訳)『魔術的芸術 普及版』(河出書房新社、2002)ISBN 4309265669
  • アンドレ・ブルトン(生田耕作訳)『超現実主義宣言』(中央公論新社〈中公文庫〉、1999)ISBN 412203499X
  • 『水声通信:20 思想史のなかのシュルレアリスム 』(水声社、2007年)
  • 『水声通信:23 シュルレアリスム美術をどう語るか』(水声社、2008年)
  • 『水声通信:25 シュルレアリスム美術はいかにして可能か』(水声社、2008年)



[ヘルプ]
  1. ^ フランス語発音: [sy(ʁ)ʁealism]
  2. ^ 英語発音:[səˈri(ə)lɪz(ə)m]
  3. ^ フランス語発音: [sy(ʁ)ʁealist]
  4. ^ プラド美術館鑑賞案内 ゴヤ(黒い絵) バレリヤ・ボザール







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シュルレアリスム」の関連用語

シュルレアリスムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

踏鍬

山田 晋次

たけひきのこ

自動給餌装置

桐紋雁金鍵透図鐔

スタウリコサウルス・プリセイ

トーマス・エジソン

立山玉殿の湧水





シュルレアリスムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシュルレアリスム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS