シュルレアリスム その他シュルレアリスムの画家

シュルレアリスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/26 21:43 UTC 版)

その他シュルレアリスムの画家

シュルレアリスムと評価される写真作品を制作した作家

シュルレアリスムの写真作品を制作した作家の範囲を概観するため、次に掲げる参考文献に掲載されている図版の作家名を列挙する。(作家名のあとのカッコ内は生没年、各行の最後に記載した年数は作品の制作年)

参考文献:La photographie surréaliste (Photo Poche 116)

  • 1. Félix Nadar (1820-1910) Intérieur du Géant, 1863
  • 2. Eugène Atget (1857-1927) vers 1898-1900
  • 3. Anonyme, sans date
  • 4. Man Ray (1890-1976) 1922
  • 5. Man Ray (1890-1976) 1922
  • 6. Man Ray (1890-1976) 1922
  • 7. Jean Moral (1906-1999) 1925
  • 8. Maurice Tabard (1897-1984) 1931
  • 9. Jean Painlevé (1902-1989) assisté d'Eli Lotar (1905-1969) 1929
  • 10. Eli Lotar (1905-1969) 1929
  • 11. Roger Parry/Fabien Loris, 1930
  • 12. Roger Parry (1905-1977) 1930
  • 13. Heinz Hajek-Halke (1898-1983) 1930
  • 14. Jacques-André Boiffard (1902-1961) 1930
  • 15. Brassaï, Gyula Halász (dit) (1899-1984) 1934
  • 16. Max Ernst (1891-1976) 1931
  • 17. Herbert Bayer (1900-1985) 1932
  • 18. Aurel Bauh (1900-1964) 1931
  • 19. Roger Parry (1905-1977) 1932
  • 20. Brassaï, Gyula Halász (dit) (1899-1984) 1932
  • 21. Jindrich Styrsky (1899-1942) 1933
  • 22. Salvador Dalí (1904-1989) 1933
  • 23. Brassaï, Gyula Halász (dit) (1899-1984) sans date
  • 24. Georges Hugnet (1906-1974) 1936
  • 25. André Kertész (1894-1985) 1933
  • 26. Jindrich Styrsky (1899-1942) vers 1945
  • 27. André Steiner (1901-1978) 1934
  • 28. André Steiner (1901-1978) 1934
  • 29. Hans Bellmer (1902-1975) 1934
  • 30. Jacques-André Boiffard (1902-1961) sans date



  • 31. E. L. T. Mesens (1903-1971) 1926
  • 32. Dora Maar (1907-1997) 1935
  • 33. Hans Bellmer (1902-1975) 1935-1938
  • 34. Herbert Bayer (1900-1985) 1936
  • 35. Brassaï, Gyula Halász (dit) (1899-1984) 作品制作年の記載なし(sans dateとも書いていない)
  • 36. Henri Cartier-Bresson (1908-2004) 1934
  • 37. Erwin Blumenfeld (生没年記載なし) vers 1936
  • 38. Claude Cahun (1894-1954) 1936
  • 39. Hans Bellmer (1902-1975) 1938-1949
  • 40. Nush Eluard (1906-1946) vers 1936
  • 41. Dora Maar (1907-1997) 1936
  • 42. Dora Maar (1907-1997) vers 1936
  • 43. René Magritte (1898-1967) 1937
  • 44. Raoul Ubac (1910-1985) 1937
  • 45. Wols (1913-1951) 作品制作年の記載なし(sans dateとも書いていない)
  • 46. Raoul Ubac (1910-1985) 1937
  • 47. Karel Teige (1900-1951) 1942
  • 48. Raoul Ubac (1910-1985) sans date
  • 49. Georges Hugnet (1906-1974) 1936
  • 50. Grete Stern (1904-1999) 1949
  • 51. Christian Schad (生没年記載なし) 1919
  • 52. Meret Oppenheim (生没年記載なし) 1952
  • 53. Pierre Molinier (1900-1976) vers 1970
  • 54. Joan Fontcuberta (né en 1955) 1987
  • 55. Joel-Peter Witkin (né en 1939) 1990
  • 56. Joan Fontcuberta (né en 1955) 2004
  • 57. Sandy Skoglund (né en 1946) 1989
  • 58. Lucien Lorelle (1894-1968) sans date
  • 59. Lee Miller (1908-1977) 1930
  • 60. Joan Fontcuberta (né en 1955) 1987



  • 表紙 Maurice Cloche (1907-1990) 1928

日本におけるシュルレアリスム

日本におけるシュルレアリスムの画家としては、古賀春江 (こが はるえ、1895年 - 1933年)、福沢一郎 (ふくざわ いちろう、1898年 - 1992年)、北脇昇 (きたわき のぼる、1901年 - 1951年)、靉光(あいみつ、1907年 - 1946年)などがいる。写真家では、山本悍右(やまもと かんすけ、1914年 - 1987年)などがいる。

詩人では西脇順三郎瀧口修造北園克衛友部正人友川かずきなど。作家では安部公房が優れた作品を残している。

漫画界では、つげ義春ねじ式1968年月刊『ガロ』6月増刊号に発表)によって初めてシュルレアリスム的表現の可能性が切り開かれ、漫画界のみならず多くの知識人芸術家などに多大な影響を与えるとともに全共闘世代の圧倒的支持を得た。

日本におけるシュルレアリスムは、ダダとは基本的に連続性がない。日本においてダダに属するとされる作家(MAVOに属する作家等)のほとんどがシュルレアリスムに移ってきておらず、逆に、日本のシュルレアリストのほとんどがダダイストとして活動していないのである。

俗語としてのシュルレアリスム

1990年代末期頃から、日本のメディアや俗語において「シュール」であるということは、超現実主義の意味から逸脱して「ナンセンス」「不条理」であるという意味で使われるようになった。 あくまで「シュールな」「シュールだ」というように略称でのみ使われ、その場合は本来のシュルレアリスムからは独立した別の概念として扱われることがもっぱらであるが、これは応用である。




[ヘルプ]
  1. ^ フランス語発音: [sy(ʁ)ʁealism]
  2. ^ 英語発音:[səˈri(ə)lɪz(ə)m]
  3. ^ フランス語発音: [sy(ʁ)ʁealist]
  4. ^ プラド美術館鑑賞案内 ゴヤ(黒い絵) バレリヤ・ボザール


「シュルレアリスム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シュルレアリスム」の関連用語

シュルレアリスムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

4WD

メラミン化粧板

クリージー石

V字がけ

木村正辞

山浦早水

ドット

奴禰鳥居





シュルレアリスムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシュルレアリスム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS