シェムリアップ シェムリアップの概要

シェムリアップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/13 17:19 UTC 版)

シェムリアップ
ក្រុងសៀមរាប
Siem reap.jpg
フランス植民地時代の建造物
座標 : 北緯13度21分44秒 東経103度51分35秒 / 北緯13.36222度 東経103.85972度 / 13.36222; 103.85972
行政
カンボジアの旗 カンボジア
 州 シェムリアップ州
 市 シェムリアップ
市長 Kim Chay Hieng
人口
人口 (2009現在)
  市域 171,800人
その他
等時帯 UTC/GMT +7
アンコール・ワット

シェムリアップクメール語: ក្រុងសៀមរាប、ラテン文字表記:Siem Reap)はカンボジアシェムリアップ州州都である。アンコール・ワットアンコール・トムなどを含むアンコール遺跡群の観光拠点となっている。日本ではシエムレアプとも表記される。

基礎情報

  • 国:カンボジア王国
  • 州:シェムリアップ州
  • 人口:171,800(2009年)

歴史

シェムリアップ一帯は、何世紀もの間、シャム(現在のタイ王国)の領土かその王権の属国であった。Siem Reap は直訳すれば「シャム人敗戦の地」であるが、これは17世紀にクメール人がシャムのアユタヤ王朝の軍隊に勝利したことにちなむ。

帝国主義時代にフランスは東南アジアの広大な領域を植民地化した。カンボジアのほかにラオスベトナムもこの「フランス領インドシナ」に属した。1907年3月25日の条約で、シェムリアップ、バッタンバン及びシソポン(合計で 20,000 平方キロメートル以上)も植民地政府に属した。

太平洋戦争中はタイ・フランス領インドシナ紛争と、それを終結させた東京条約により、一時期タイの領土となったが、戦後はフランス領に復帰した。しかし1949年から1953年にかけカンボジア王国が成立すると、その領域となった。

1975年から始まったクメール・ルージュ支配の時代には、全国の他の都市から誘拐されてシェムリアップの住民にさせられた人々が、畑での重労働に従事させられた。これらの人々は、1979年1月にベトナム軍が侵攻してクメール・ルージュに勝利した後、故郷の都市に帰されたが、クメール・ルージュは1990年代の初めまで森に逃げ込んで攻撃を続けた。住民は、長年の間、バリケードを築いて中心街を守らなければならなかった。シェムリアップやUNTAC平和維持部隊に対する最後の攻撃は1993年に起こった。

政府が外国人観光客の入国を認めるようになると、多くの観光客がシェムリアップをアンコール遺跡群への拠点として利用したため、安定した収入源が加わった。こうして、20世紀の初頭に建てられたホテルが次々に再び営業を始めた。

2000年代に入っても、シェムリアップは観光の拠点都市として発展し続けており、様々な種類のレストランに加えて、五つ星高級ホテルから5米ドルの安宿まで、あらゆる価格帯のホテルやゲストハウスが営業している。現在、プノンペンと同様に建設ラッシュの状態にあり、国立の巨大な博物館やコンサートホール(地元の小児は無料)、観光客向けの病院なども建設されている。

肥大化した観光産業がシェムリアップ(そしてアンコール遺跡)をどのように変化させるのかは、まだ予断を許さない。

2005年6月に、市内のインターナショナル・スクールで、人質立てこもり事件が起こり、カナダ人児童一人が殺害された。

地理

シェムリアップ川沿いの生活路

東南アジア最大の湖であり、世界でも有数の多様な魚類が生息するトンレサップ湖の約10キロメートル北東にあり、アンコール・ワットの6キロメートル南である。

シェムリアップ川の両岸に広がる市街地には60,000人の住民がいる。カンボジアの他の多くの町と同じく、いくつものWat(寺院と僧坊)の周りに発展した村がひとまとまりになって発展してできた町である。

町の中心にはオールド・マーケットがあり、その周りをフランス植民地風の民家が取り囲んでいる。




「シェムリアップ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

シェムリアップに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シェムリアップ」の関連用語

シェムリアップのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




シェムリアップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシェムリアップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS