コンテナ 日本の海上コンテナ取扱量

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > コンテナ > コンテナの解説 > 日本の海上コンテナ取扱量 

コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/10 09:52 UTC 版)

日本の海上コンテナ取扱量

日本全国では62港もの港でコンテナが扱えるためコンテナを利用する利便性は高いが、これは国内での陸上輸送費が高いために例えばアメリカから金沢や新潟へ外国貨物を輸入する場合は、大型コンテナ船で太平洋を越えて東京港で陸揚げして陸上を運ぶよりもいったん釜山港などでコンテナを積み替えて日本海側の中規模の港に運んだほうがコストが安いといった事情も関係している。

62港のうちの13港は年間のコンテナ扱い数が1万TEU以下である。釜山港が韓国のコンテナの80%を扱っているのとは対照的である。

2002年に国土交通省はスーパー中枢港湾政策を打ち出し、2004年に東京湾・伊勢湾・大阪湾を日本の中枢的な港湾として指定して、投資と開発によって国際競争力を回復しようと図っている。下記のデータでは確かに地方の港湾は数字の上からも切捨てに成功したことが読み取れるが、集中されたはずの東京・名古屋・大阪でのコンテナ扱い数はそれほど良い数字とは見られずアジアでの主要港の地位は過去の栄光となって久しい。

日本全国の港での外国貿易コンテナの取扱量 (2005年)
総コンテナ数
実コンテナ+空コンテナ、 TEU
実コンテナ数
(TEU)
輸出入合計 輸出 前年比 輸入 前年比 輸出入合計 輸出 前年比 輸入 前年比
1 東京 3,592,319 1,661,595 8.5% 1,930,724 5.7% 2,958,010 1,074,594 5.5% 1,883,416 5.5%
2 横浜 2,726,591 1,418,793 4.7% 1,307,798 4.6% 2,286,096 1,133,282 3.9% 1,152,814 4.2%
3 名古屋 2,307,155 1,166,262 7.3% 1,140,893 6.8% 1,875,313 931,080 5.9% 944,233 4.8%
4 神戸 1,884,660 972.861 1.8% 911,799 1.9% 1,662,160 815,625 2.9% 846,535 2.5%
5 大阪 1,802,309 809,903 5.3% 992,406 3.8% 1,347,264 376,874 1.1% 970,390 4.8%
6 博多 621,068 311,858 10.6% 309,210 7.0% 467,700 187.591 11.7% 280,109 4.6%
7 清水 412,592 230,157 0.7% 182,435 2.9% 357,334 204,325 -0.9% 153.009 0.5%
8 北九州 407,695 215,606 3.0% 192,089 0.6% 337,266 156,458 4.7% 180,808 2.7%
9 苫小牧 170,705 83,272 -4.2% 87,433 -5.9% 115,894 32,982 -15.1% 82,912 -5.4%
10 新潟 157,426 78,339 9.7% 79,087 8.2% 100,582 22,206 16.5% 78,376 8.7%
11位以下は省略
全国合計 15,764,177 7,834,092 5.4% 7,930,085 4.2% 12,713,166 5,457,355 3.9% 7,255,811 4.3%

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ イギリス英語発音:[kənˈteɪnə(r)] コンイナ
  2. ^ アメリカ英語発音:[kənˈteɪnər] カンイナー

出典








コンテナと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

コンテナに関連した本

コンテナに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コンテナ」の関連用語

コンテナのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




コンテナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンテナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS