ゲームヤロウ ゲームヤロウの概要

ゲームヤロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/22 09:14 UTC 版)

ゲームヤロウ株式会社
GAME YAROU Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
141-0031
東京都品川区西五反田1丁目21番8号KSS五反田ビル6階
設立 2007年4月18日
業種 情報・通信業
事業内容 オンラインゲームの開発・運営
代表者 代表取締役社長 楊燕姫
資本金 1000万円(2011年11月現在)
従業員数 60名(2008年5月現在)
主要子会社 日本の旗 ジャレコ 100%
外部リンク http://www.gameyarou.co.jp/
テンプレートを表示

概要

韓国のオンラインゲーム企業「GameHi」が運営しているオンラインFPSゲームサドンアタック」を日本向けに提供するために設立された現地子会社である。設立当初の社名は「ゲームハイ株式会社」で、2007年10月1日、ゲームヤロウ株式会社に社名変更した。その由来として、「楽しくゲームをプレイしよう」というユーザーへの呼びかけと、社員全員がゲームを好きな「ゲーム野郎達」である事を挙げている[1]。同名のポータルサイトの運営を行っていたが、2013年12月頃より公式サイトと共に接続できない状態となる。2013年12月16日には「ゲームヤロウアカウントでのゲームプレイサービスの継続が困難」としてNexonがチャネリングサービスを終了した [2]。 2014年5月21日、東京地方裁判所において破産手続き開始。負債総額は約22億4000万円と報道されている[3][4]

沿革

  • 2007年4月18日 - 韓国のオンラインゲーム企業GameHiが日本子会社「ゲームハイ株式会社」を設立。
  • 2007年7月26日 - サドンアタックの正式サービス開始。
  • 2007年10月1日 - 「ゲームヤロウ株式会社」に社名変更。
  • 2009年1月15日 - 株式会社ジャレコ・ホールディングから株式会社ジャレコを1円で買収し、完全子会社化。ただし、株式会社ジャレコ・ホールディングに対する負債7億円を引き継いでいるため、実質的な買収価格は7億円。
  • 2010年7月30日 - NexonによるGameHiの買収により、GameHiとの資本関係を解消。
  • 2013年12月1日 - ノーステイルやThe WAR2において、接続が不可能ないし困難になる。
  • 2014年2月1日 - 公式サイトが閲覧不可能になる。
  • 2014年5月21日 - 東京地方裁判所において破産手続き開始。

提供していたオンラインゲーム

全てのゲームにおいて、利用料無料のアイテム課金制を採用していた。

オンラインMMORPG。公式サイトではHMMORPG(Historical MMORPG)と紹介されている。直訳すると、「歴史に基づくMMORPG」。
オンラインMMORPG。
  • The WAR2
オンラインMMORPG。このゲームはブラウザゲーム仕様となっている。

運営終了

オンラインレースゲーム
  • 封神ストーリー
天道オンライン。プレオープンβテストが2011年6月16日スタートの予定だったが延期となり、サービス開始日時は未定となる。





「ゲームヤロウ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ゲームヤロウ」の関連用語

ゲームヤロウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

池田成章

BlackBerry Bold 9900

カミカゼ

スパッタリング

富田鐵之助

5000系

アジャスターベルト

クーロン





ゲームヤロウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゲームヤロウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS