ケチャップ 主なメーカー

ケチャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/21 23:02 UTC 版)

ケチャップ: ketchup)とは、野菜キノコ、またはなどを原料にした調味料トマトを用いたものはトマトケチャップと呼ばれる。


[ヘルプ]
  1. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  2. ^ a b ニッポン・ロングセラー考 Vol.043 トマトケチャップ” (日本語). COMZINE. NTTコムウェア (2006年11月24日). 2010年12月9日閲覧。
  3. ^ 変幻自在!ケチャップ使いきり激ウマ活用術” (日本語). 大きな作品の一部の場合、作品名. 日本放送協会. pp. ためしてガッテン (2009年9月2日). 2010年12月9日閲覧。
  4. ^ 流体って何?(流体の種類)” (日本語). 移送の学び舎. 兵神装備. pp. 移送物の基礎知識クラス. 2010年12月9日閲覧。
  5. ^ 第181回『ケチャップ』テレビ朝日 食彩の王国(註:放映映像より。Web上には画像なし)
  6. ^ 閩南語の方言字や台湾語で、鮭もしくは「魚奚(魚偏に奚)」と記し ke または koe と読む。魚のサケとは無関係
  7. ^ 台湾語は鮭[1] 台日大辭典上巻(1932年) p455 台湾総督府以外にも、コエチャ(肴(さかな)に鹽(しほ)したとき出る汁)[2] 台日大辭典上巻(1932年) p462 台湾総督府という言葉がある。 ただし、トマトケチャップやウスターソースを指す、kiat-chiap(キエッチャプ、橘汁)または kiat-chiap-puh(キエッチアップッ)[3] 台日大辭典上巻(1932年) p292 台湾総督府は、日本語英語からの借用語と見られる。
  8. ^ マレー語の「kicap」とインドネシア語の kecap は、現在魚醤以外に大豆の醗酵調味料である醤油の意にまで広がっており、むしろ今日では醤油を指す場合の方が多い。
  9. ^ 広東語では魚を使ったソースを、マレー語の kichap にちなんで gipjap 喼汁 キッチャプ と呼び、トマトケチャップは kejap 茄汁 ケーチャプ と呼ぶ。さらに、濃い汁という意味で gitjap ギッチャプ という言葉もあるが、語源ではない。
  10. ^ 『しょうゆ世界への旅』(大塚滋、東洋経済新報社)は「茄醤(コエチップ・ケツィアプ)」と表記しているが、音が合わない。
  11. ^ a b 104:トマトケチャップの歴史” (日本語). ドールの食育活動. ドール. pp. カラダを支える野菜&果物のおはなし (2010年9月21日). 2010年12月9日閲覧。
  12. ^ 21世紀研究会編『食の世界地図』文藝春秋・77P
  13. ^ 国内初の「トマトケチャップ」を再現-横浜・清水屋” (日本語). ヨコハマ経済新聞 (2008年1月8日). 2010年12月9日閲覧。
  14. ^ ピザは野菜です!--絶望的なアメリカの食事情ガジェット通信 2011年11月17日
  15. ^ Adams, Cecil (2004年6月16日). “Did the Reagan-era USDA really classify ketchup as a vegetable?” (英語). The Straight Dope. 2011-11-22T10:22Z閲覧。


「ケチャップ」の続きの解説一覧





ケチャップと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ケチャップに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ケチャップ」の関連用語

ケチャップのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鴨茅

アップル・カー

金明千島笹

グランディス

ブドウガイ科の1種2

電気牧柵

長良川の鵜飼

ED282





ケチャップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケチャップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS