クロルゾキサゾン クロルゾキサゾンの概要

クロルゾキサゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/23 20:55 UTC 版)

クロルゾキサゾン
IUPAC命名法による物質名
5-chloro-3H-benzooxazol-2-one
臨床データ
胎児危険度分類  ?
法的規制  ?
投与方法 経口
薬物動態的データ
生物学的利用能 良好に吸収される
血漿タンパク結合 13–18%
代謝 肝臓
半減期 1.1 hr
排泄 尿 (<1%)
識別
CAS登録番号 95-25-0
ATCコード M03BB03
PubChem CID 2733
DrugBank APRD00308
ChemSpider 2632
KEGG D00771
化学的データ
化学式 C7H4ClNO2 
分子量 169.565 g/mol

効能

主に錠剤の形で、肩こり頸肩腕症候群に対して使用される。本成分を含有する商品には「スラックシン錠」(イセイ)[1]や「コリホグス錠」(小林製薬[2]がある。

副作用

発疹めまい眠気、胃部不快感が起こることがある。肝障害や腎障害を持つ患者への投与は慎重を要する[1]

脚注


  1. ^ a b スラックシン錠(イーファーマ)
  2. ^ コリホグス錠(小林製薬)


「クロルゾキサゾン」の続きの解説一覧





クロルゾキサゾンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

クロルゾキサゾンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




クロルゾキサゾンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロルゾキサゾン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS