クレディセゾン クレディセゾンの概要

クレディセゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/05 09:22 UTC 版)

株式会社クレディセゾン
Credit Saison Co., Ltd.
logo
Sunshine 60 Ikebukuro Tokyo 20070304-03 cropped.jpg
クレディセゾン本社の入るサンシャイン60
種類 株式会社
市場情報
東証2部 8253
1963年7月2日 - 1968年6月
東証1部 8253
1968年6月上場
略称 セゾン、クレセゾン
本社所在地 日本の旗 日本
170-6052
東京都豊島区東池袋三丁目1番1号
サンシャイン60・52F
設立 1951年5月1日
(株式会社緑屋
業種 その他金融業
事業内容 クレジットカード金融ほか
代表者 前川輝之(代表取締役会長
林野宏代表取締役社長
髙橋直樹(代表取締役副社長)
資本金 759億29百万円
2015年3月31日現在)
発行済株式総数 185,444,772株
(2015年3月31日現在)
純利益 連結:126億28百万円
単体:113億15百万円
(2015年3月期)
純資産 連結:4,470億82百万円
単体:3,884億70百万円
(2015年3月31日現在)
総資産 連結:2兆3,732億99百万円
単体:2兆2,879億86百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 連結:3,726名
単体:2,078名
(2015年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 みずほ銀行 13.36%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)9.56%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)5.32%
JP MORGAN CHASE BANK 385632 4.76%
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 4.18%
(2015年3月31日現在)
主要子会社 #グループ企業参照
外部リンク http://www.saisoncard.co.jp/
特記事項:市場情報の年月日は、東京証券取引所市場第二部に上場した年月日であり、東京証券取引所市場第一部に指定された年月日ではない。
テンプレートを表示



[ヘルプ]

  1. ^ なお、西武信用金庫のキャッシュカードを一体化した提携カードがあるが、同信用金庫は西武グループとは無関係である。
  2. ^ 正確には98億円。
  3. ^ 過去にオリエントファイナンス(現:オリエントコーポレーション)がVISA、MasterCard、JCBに加えてDiners Clubカードの取扱いをした事はあったが、この発行主体は当時の日本ダイナースクラブであった(提携カードの扱い)為、一社の完全自社発行によるクァッドブランド化は日本初となる。
  4. ^ ただし、Amazonギフト券WebMoneyなど共通の交換先が存在するので、それらの利用を前提とする実質的な合算は可能。
  5. ^ UCカードでは「みずほマイレージクラブカード」を発行している。
  6. ^ UCカードでは「マイレージ・プラスカード」を発行している。

出典

  1. ^ 『セゾンの挫折と再生』P 80
  2. ^ 『セゾンの挫折と再生』P 41
  3. ^ 『セゾンの挫折と再生』P 81
  4. ^ 『セゾンの挫折と再生』P 82
  5. ^ “西武百の金融支援大筋了承 2300億円、26日決定へ”. 共同通信. (2003年2月21日). http://www.47news.jp/CN/200302/CN2003022101000337.html 2014年6月28日閲覧。 
  6. ^ 『セゾンの挫折と再生』P 145
  7. ^ “セゾン会員に銀行商品販売 みずほがカード提携発表”. 共同通信. (2004年8月4日). http://www.47news.jp/CN/200408/CN2004080401005567.html 2014年6月28日閲覧。 
  8. ^ “セゾン、みずほが業務提携 会員数でカード業界2位に”. 共同通信. (2004年8月4日). http://www.47news.jp/CN/200408/CN2004080401000759.html 2014年6月28日閲覧。 
  9. ^ “カード再編で新展開、セブン&アイとセゾンが提携”. 東洋経済オンライン. (2010年3月29日). http://toyokeizai.net/articles/-/3960 2014年6月28日閲覧。 
  10. ^ 『セゾンの挫折と再生』P 102
  11. ^ 『セゾンの挫折と再生』P 158
  12. ^ 「事業の状況」『株式会社クレディセゾン S10057PB:有価証券報告書 ‐ 第65期』
  13. ^ “セゾン築き上げた堤清二氏が死去 86歳 作家「辻井喬」で活躍”. 共同通信. (2013年11月25日). http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112801001182.html 2014年6月28日閲覧。 
  14. ^ 「「新しい消費経済学作りたかった」 堤清二氏死去」『日本経済新聞電子版』 2013年11月28日
  15. ^ 「クレディセゾン、東南アで金融事業に参入」『日本経済新聞電子版』 2014年5月19日
  16. ^ 「クレディセゾン、シンガポールの決済関連VBに出資」『日本経済新聞電子版』 2014年12月1日
  17. ^ 「クレディセゾン、ベトナムで個人向けローン」『日本経済新聞電子版』 2015年4月3日
  18. ^ “クレディセゾン株が逆行高に みずほ銀から自社株取得”. 日本経済新聞. (2016年12月9日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO94961660Z01C15A2DTA000/ 2016年6月12日閲覧。 
  19. ^ ネット決済:「確認不備」カード会社敗訴 長崎地裁支部 毎日新聞 2008年5月2日(リンク切れ、2009年5月1日)
  20. ^ 毎日新聞、2008年12月3日(リンク切れ)
  21. ^ 女性会員の割合は67%、30代以下が42%(2005年3月末、みずほFG 2005年ディスクロージャー誌「経営戦略のフェーズ転換」より)
  22. ^ カード発行時に同封される小冊子『SAISON AMERICAN EXPRESS CARD ご利用のご案内』(2011年7月1日現在)p.19
  23. ^ セゾン・UC国内空港ラウンジサービス
  24. ^ SoftBankカード”. 2013年12月11日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

クレディセゾンに関連した本

「クレディセゾン」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる売上債権回収率とは

    株式の投資判断とされる売上債権回収率とは、売上債権の売上高の割合をパーセンテージで表したものです。売上債権とは、売掛金や受取手形のことで、貸借対照表では現金や商品、有価証券などと同じく流動資産として計...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クレディセゾン」の関連用語

クレディセゾンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ロック

東丹沢県民の森

ハトロン紙

地方自治法施行60周年記念 神奈川県分 1,000円銀貨幣

Freelander 2

2階床組

てん

ウイングチップ





クレディセゾンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレディセゾン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS