クライモリ クライモリの概要

クライモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/19 20:49 UTC 版)

クライモリ
Wrong Turn
監督 ロブ・シュミット
脚本 アラン・B・マケルロイ
製作 スタン・ウィンストン
ブライアン・J・ギルバート
エリック・フェイグ
ロバート・カルザー
製作総指揮 ドン・カーモディ
ミッチ・ホーウィッツ
アーロン・ライダー
パトリック・ワックスバーガー
音楽 エリア・クミラル
撮影 ジョン・S・バートリー
編集 マイケル・ロス
製作会社 コンスタンティン・フィルム
リージェンシー・エンタープライズ
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス/サミット・エンターテインメント
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年5月30日
日本の旗 2004年10月9日
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $12,600,000[1]
興行収入 $28,650,575[1]
次作 クライモリ デッド・エンド
テンプレートを表示

スティーヴン・キングが「Book」誌で年間ベストワン映画に挙げて絶賛し、話題となった。

シリーズ化され、5作目まで制作された。

あらすじ

ウェストバージニア州の人里離れた深い森。その中の細い一本道を1台のレンジローバーが走っていた。乗っていたのは、ジェシー、カーリー、フランシーンの3人の若い女性と、カーリーのボーイフレンドのスコット、フランシーンのボーイフレンドのエヴァンの5人。彼等は失恋したジェシーを慰めようとキャンプに向かっていた。

ところが、道中で突然タイヤがパンク。さらに後ろから、隣州での面接に急いで向かっていた医学生のクリスの運転するムスタングが追突。6人に怪我はなかったものの、車は故障、携帯電話も通じず、人の気配もなく、孤立してしまう。

エヴァンとフランシーンを除く4人は公衆電話のある場所まで山を降りる事にしたが、想像を絶する恐怖が彼等に襲いかかる。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
クリス デズモンド・ハリントン 小山力也
ジェシー エリザ・ドゥシュク 松本梨香
カーリー エマニュエル・シュリーキー 松岡由貴
スコット ジェレミー・シスト 西凜太朗
エヴァン ケヴィン・ゼガーズ 浪川大輔
フランシーン リンディ・ブース 園崎未恵

その他、斎藤志郎魚建上田燿司田崎由美子

クライモリ・シリーズ

全シリーズと共に世界観は共通しているが前作との繋がりは一切ない。またクライモリのタイトルが入っている「クライモリ禁猟区」の作品があるがクライモリ・シリーズとは無関係。以下の作品がクライモリ・シリーズである。

  • 1作目 - クライモリ
  • 2作目 - クライモリ デッド・エンド
  • 3作目 - クライモリ デッド・リターン
  • 4作目 - クライモリ デッド・ビギニング
  • 5作目 - クライモリ デッド・パーティ

関連作品


  1. ^ a b Wrong Turn (2003)”. Box Office Mojo. 2009年10月21日閲覧。


「クライモリ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

クライモリに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クライモリ」の関連用語

クライモリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




クライモリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクライモリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS