クッパー細胞 クッパー細胞の概要

クッパー細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/04 09:06 UTC 版)

1867年ドイツ解剖学カール・ヴィルヘルム・フォン・クッパーによって報告された。この時発見された細胞は後日伊東細胞であったことが判明している。

クッパー細胞は、物質の貪食取り込みを行う免疫機能を有する。






「クッパー細胞」の続きの解説一覧





クッパー細胞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クッパー細胞」の関連用語

クッパー細胞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マカンバ

陸上のおう地

ポケットタイプ水分計

ビーノ

桜生水

セガ・マークIII

パーム核油

トラディショナルキルト





クッパー細胞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクッパー細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS