キャロル・キング キャロル・キングの概要

キャロル・キング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/02 05:27 UTC 版)

キャロル・キング
Carole King
CaroleKingHWOFDec2012.jpg
ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのイベントにて (2012年12月)
基本情報
出生名 Carol Klein
生誕 (1942-02-09) 1942年2月9日(75歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク市ブルックリン
ジャンル ポップス
ブルー・アイド・ソウル
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1958年 - 現在
レーベル Ode Records
キャピトル・レコード
アトランティック・レコード
Rhythm Safari
Rockingale
公式サイト Official Website

16歳でデビューし、挫折を味わいながらも30歳を過ぎた1970年代に大きく開花。母国の代表的歌手に昇り詰めた。

1972年2013年度『グラミー賞』受賞。1990年ロックの殿堂』入り。2015年度『ケネディ・センター名誉賞』受賞。

概要

本名キャロル・ジョーン・クライン(Carol Joan Klein)。ニューヨーク市ブルックリン生まれ、1958年に歌手デビュー。1人目の夫、ジェリー・ゴフィンとの間に生まれた長女のルイーズ・ゴフィンも、シンガーソングライターとして活動している。離婚歴2回(最初の夫はジェリー・ゴフィン、2番目の夫はベーシストのチャールズ・ラーキー)。1977年には3人目の夫となるリック・エヴァーズと結婚したが、翌年リックの麻薬禍により死別している。

ニール・セダカのヒット曲「おおキャロル」は、キャロル・キングのことを歌ったもので、お返しに彼女は、アンサーソング「おおニール」を発表したエピソードがある。

経歴

空母ハリー・S・トルーマン艦内でのライブ (2000年12月)
NY公演にてジェームス・テイラーと共演 (2010年6月)

大学生時代に、ポール・サイモンからデモ・テープの作り方を教わった彼女は、自分で作ったデモ・テープを売り込み、1958年にABCパラマウント・レコードからシングル・デビュー。しかしながら、その後ABCやRCAなどに残した4作のシングルは何れも失敗に終わり、一旦歌手としてのキャリアは頓挫することとなる。

1960年代には、当時の夫ジェリー・ゴフィンとのソングライター・コンビで、「ロコ・モーション」「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ」「ゴー・アウェイ・リトル・ガール」「ワン・ファイン・デイ」「サヨナラ・ベイビー」など、後々まで歌い継がれている数々の作品を生み出した。1960年から1963年にかけての3年間で、2人は延べ20曲あまりの全米トップ40ヒットを世に送り出している。

彼女自身も、シンガーソングライターとして1曲だけ1962年に「イット・マイト・アズ・ウェル・レイン・アンティル・セプテンバー」により全米チャート22位[1][2]全英シングルチャート3位を記録している。しかし、飛ぶ鳥を落とすような勢いもビートルズの全米進出を機に翳りを見せ始め、仕事上の不和がプライベートにまで影響を及ぼしたらしく、1968年にゴフィンと離婚(仕事上では、その後も度々パートナー関係を続けている)。

1968年、ダニー・コーチマー、チャールズ・ラーキーらとザ・シティというグループを結成しアルバム『夢語り』を発表。

1970年代に入ってからは、シンガー・ソングライターとしての活動に本腰を入れ、1970年にアルバム『ライター』で再びソロ・デビュー。翌1971年のソロ・アルバム『つづれおり( Tapestry )は、全米アルバムチャートで15週連続1位、その後も302週連続でトップ100に留まるロングセラーとなり、グラミー賞でも4部門制覇、現在まで約2200万枚を売り上げている。先行シングル「イッツ・トゥー・レイト」は、全米シングルチャートで5週連続1位、年間チャートでは第3位を記録。ジェームス・テイラーが、収録曲「きみの友だち」をカバーし、シングルチャート1位を獲得している。その後も、アルバム『ミュージック』『喜びにつつまれて』、シングル「ジャズマン」など、順調にヒットを連発。1970年代前半から中期を代表するヒットメーカーの一人となり、2つの年代に渡って天下を取った。

また、『つづれおり』が大ヒット中の1972年には、五輪真弓のデビュー・アルバム『少女』の制作をサポート。その後、1974年までの3年間、五輪真弓のアルバム3作品を手掛けたことでも知られている。

1977年に、キャピトル・レコードに移籍後の最初のアルバム『シンプル・シングス』( Simple Things )もゴールド・ディスクを獲得。しかし、それ以後これといった大きなヒットはなく、今に至っている。1990年には初の来日公演が実現し、ジェリー・ゴフィンと連名でロックの殿堂入りも果たした。

1990年代以降は、映画主題歌やセリーヌ・ディオン、ザ・ウィルソンズなどへの曲提供などマイペースで音楽活動を継続し、2作のオリジナル・アルバムと1枚のライブ・アルバムを発売。2004年には「リビングルーム・ツアー」と題した北米コンサートツアーを行い、翌年には同ツアーの音源を記録したライブ盤が発売され、なかなかの好評を集めている。

ケネディ・センター名誉賞』授賞式にて小澤征爾らと (2015年12月)

2007年11月、キッコーマン北米進出50周年記念イベントの一環で、1990年以来17年振りの来日公演が実現。メアリー・J. ブライジブラック・アイド・ピーズファーギーと共演した。13日の日本武道館公演が、2008年4月11日NHK-BShiにて放映された。

2013年2月、長年の音楽界の功績によりグラミー賞の功労賞を受けた。同年3月には女性作曲家として初のガーシュウィン賞受賞者となった[3]

2013年には彼女の半生をその名曲とともに描いたミュージカル『ビューティフル英語版』がサンフランシスコで上演、2014年にブロードウェイ公演を行うとトニー賞主演女優賞をはじめ、グラミー賞やローレンス・オリヴィエ賞を受賞するなど好評を博し、ロンドン公演や全米ツアーも行われ、各地でロングラン公演が続けられている。日本でも2017年7〜8月に帝国劇場で、キャロル役を水樹奈々平原綾香のダブルキャストで上演された。

2015年、長年の業績を評価され、母国の栄誉である『ケネディ・センター名誉賞』を受賞した[4]

ディスコグラフィ

シングル

  • Right Girl / Goin' Wild (1958/ABC-Paramount 9921)
  • Under The Stars / Baby Sittin' (Dec.1958/ABC-Paramount 9986)
  • Short Mort / Queen Of The Beach (1959/RCA 47-7560)
  • Oh Neil / A Very Special Boy (1959/Alpine 57)
  • It Might As Well Rain Until September / Nobody's Perfect (Jun.1962/Companion 2000)
  • It Might As Well Rain Until September / Nobody's Perfect (1962/Dimension 2000)
  • School Bells Are Riging / I Didn't Have Any Summer Romance (1962/Dimension 1004)
  • He's A Bad Boy / We Grew Up Together (1963/Dimension 1009)
  • A Road To Nowhere / Some Of Your Lovin' (1966/Tomorrow 7502)

オリジナル・アルバム

  • 『ライター』 - Writer (1970)
  • つづれおり』 - Tapestry (1971)
  • 『ミュージック』 - Music (1971)
  • 『喜びは悲しみの後に』 - Rhymes and Reasons (1972)
  • 『ファンタジー』 - Fantasy (1973)
  • 『喜びにつつまれて』 - Wrap Around Joy (1974)
  • 『サラブレッド』 - Thoroughbred (1975)
  • 『シンプル・シングズ』 - Simple Things (1977)
  • 『ウェルカム・ホーム』 - Welcome Home (1978)
  • 『タッチ・ザ・スカイ』 - Touch the Sky (1979)
  • 『パールズ』 - Pearls (1980)
  • 『ワン・トゥ・ワン』 - One To One (1982)
  • 『スピーディング・タイム』 - Speeding Time (1983)
  • 『シティ・ストリーツ』 - City Streets (1989)
  • 『カラー・オヴ・ユア・ドリームス』 - Colour Of Your Dreams (1993)
  • 『ラヴ・メイクス・ザ・ワールド』 - Love Makes The World (2001)
  • 『ラヴ・メイクス・ザ・ワールド:デラックス・エディション』 - Love Makes the World: Deluxe Edition (2007)
  • 『ホリデイ・キャロル』 - A Holiday Carole (2011)
The City名義
  • 『夢語り』 - Now That Everything's Been Said (1968)

ライブ・アルバム

  • 『イン・コンサート』 - In Concert (1994)
  • 『カーネギーホール・コンサート』 - The Carnegie Hall Concert June 18,1971 (1996)
  • 『リビング・ルーム・ツアー』 - Living Room Tour (2005)
  • 『リビング・ルーム・ツアー』 - Live at the Troubadour (2010)

コンピレーション

  • Dimension Dolls (1963/Dimension LP 6001)
  • 『おしゃまなロージー』 - Really Rosie (1975) - サウンドトラック
  • 『グレイテスト・ヒッツ』 - Her Greatest Hits -Songs Of Long Ago (1978)
  • 『私花集』 - A Natural Woman -Ode Collection 1968-1976 (1994)
  • 『タイム・ゴーン・バイ』 - Time Gone By (1994)
  • 『ナチュラル・ウーマン~ヴェリー・ベスト・オブ』 - A Natural Woman -The Very Best Of- (1999)
  • 『ブリル・ビルディング・レジェンズ』 - Brill Building Legends - Complete Recordings 1958-1966 (1999)



[ヘルプ]


「キャロル・キング」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キャロル・キング」の関連用語

キャロル・キングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マリオ・アンドレッティ

EX-Z80

ピンセット

ミーアキャット

ロブ ウェッジ

義仲寺

越後三山只見国定公園

オクメ





キャロル・キングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャロル・キング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS