オー・プリティ・ウーマン オー・プリティ・ウーマンの概要

オー・プリティ・ウーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/23 14:42 UTC 版)

オー・プリティ・ウーマン
ロイ・オービソンシングル
B面 ヨ・テ・アモ・マリア
リリース
ジャンル ポップス
時間
レーベル モニュメント・レコード
作詞・作曲 ロイ・オービソン、ビル・ディーズ
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ)
  • 1位(イギリス)
ロイ・オービソン シングル 年表
イッツ・オーヴァー
(1964年)
オー・プリティ・ウーマン
(1964年)
グッドナイト
(1965年)
ミュージックビデオ
「Oh, Pretty Woman」 - YouTube
テンプレートを表示
オー・プリティ・ウーマン
ヴァン・ヘイレンシングル
収録アルバム ダイヴァー・ダウン
B面 ハッピー・トレイルズ
リリース
ジャンル ハードロック
時間
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
作詞・作曲 ロイ・オービソン、ビル・ディーズ
プロデュース テッド・テンプルマン
チャート最高順位
  • 12位(アメリカ)
ミュージックビデオ
「(Oh) Pretty Woman」 - YouTube
テンプレートを表示

オリジナル・ヴァージョン

ロイ自身とビル・ディーズの共作で、ロイの妻のクローデットにインスパイアされて作られた[2]。本作は大ヒットを記録し、本国アメリカでは、Billboard Pop Singlesで1位を獲得。ロイにとって通算2作目にして最後の全米1位獲得シングルとなった[3]。イギリスでも通算3週に渡って1位を獲得[4]

ロイのオリジナル・ヴァージョンは、1990年公開の映画『プリティ・ウーマン』(監督:ゲイリー・マーシャル)の主題歌として使用された。

ヴァン・ヘイレン・ヴァージョン

ヴァン・ヘイレンによるカヴァーは、1982年のアルバム『ダイヴァー・ダウン』からの先行シングルとしてリリースされ、Billboard Hot 100で12位に達した。ヴァン・ヘイレンのシングルが全米トップ20入りを果たしたのは、1979年の「踊り明かそう」以来となる[5]

他のカヴァー

プリティ・ウーマン事件

1989年、米国のヒップホップグループ、「ツー・ライブ・クルー」によって同曲を改変した楽曲、「Pretty Woman」が制作され、著作権侵害訴訟となったが(w:Campbell v. Acuff-Rose Music, Inc.)、パロディによる引用(フェアユース)の範囲とされ、2 Live Crewの勝訴となった。


[ヘルプ]
  1. ^ 500 Greatest Songs of All Time: Roy Orbison, 'Oh, Pretty Woman' | Rolling Stone
  2. ^ ベスト・アルバム『ゴールデン・デイズ』日本盤CD(SICP 8002)ライナーノーツ(上柴とおる、2001年9月3日)
  3. ^ Roy Orbison - Awards: AllMusic
  4. ^ ChartArchive - Roy Orbison - Oh Pretty Woman
  5. ^ Van Halen - Awards: AllMusic


「オー・プリティ・ウーマン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

オー・プリティ・ウーマンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オー・プリティ・ウーマン」の関連用語

オー・プリティ・ウーマンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

瀬波温泉海水浴場

タルねじ

ロシナンテ・ローズマリー

PC-9821V200

ビターチョコレート

蝶結び

関西型宮型霊柩車

ラウンドタイプブラスリップ





オー・プリティ・ウーマンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオー・プリティ・ウーマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS