オーラルセックス オーラルセックスの概要

オーラルセックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/24 18:15 UTC 版)

フェラチオ
クンニリングス

概要

厳格な法律が多いことで有名なシンガポールでは、前戯の延長線上以外の目的でオーラルセックスをすることが2006年まで法律で禁止されていた。

場面

オーラルセックスは、性行為前戯としての役割が強く、ベッドなど性交が行われる場所でその延長線上的に行われることが多い。そのためフェラチオやイラマチオをする場合、男性が射精することはあまり多くはない。男性が早漏であったり、オーラルセックスを行う人側の唇や舌や口腔の駆使の仕方が巧みであったりして偶発的に射精してしまうことはある。

吉行淳之介の小説『夕暮まで』(1978年)では、オーラルセックスは許すが、性交は許さないという処女の女性が主人公である。

性病口腔癌舌癌喉頭癌の危険性について

オーラルセックスでも相手の体液に直接、接触するので、性行為感染症に感染する危険性がある。

フェラチオをする者が歯を磨いた後や歯周病などにより出血している場合、相手の男性を感染させる、もしくは自分が感染させられる可能性がある。

ヒト免疫不全ウイルス (HIV) は、血液や男性の精液に多く含まれる。このため、もし男性がHIVに感染していて、相手の口の中や目の周囲に射精した場合、相手をHIVに感染させてしまうという重大な危険がある。

また、フェラチオによってHIVに感染する、もしくは感染させる確率は低いと言われるが、HIVは潜伏期間が非常に長く、このため気づかず相手を感染させてしまう危険がある。

口唇ヘルペスはヘルペスウイルスが感染して発症する病気である。ヘルペスウイルスは感染力が強いため、ヘルペスウイルスに感染している人がフェラチオをした場合、フェラチオをされる側の男性を感染させてしまう可能性は非常に高い。

フェラチオでの性病の予防にはコンドームの使用が望ましいが、通常のコンドームはゴム特有のにおいと味があるので好まれず、また男女ともゴムを介することにより刺激が少なくなるのであまり好まれない。

強制的に行うイラマチオの場合は、男性器を咥える側の人に、行為中の身体的な苦痛だけでなく、顎関節症口内炎などの病気を引き起こすことがある。

また、2006年に、米マルム大学の学部の研究は、HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染している人に対して無防備なオーラルセックスを行うことが口腔ガンの危険性を増す可能性が高いことを明らかしている。調査では、がん患者におけるヒトパピローマウイルスに感染した者の率は36%で、健康な人々における感染者率1%と比較して明らかに高い確率でHPVを持っていることが明らかになった[1][2]

加えて、最近の研究では、オーラルセックスと喉頭ガンの間に相関関係があることが分かっており、HPV(ヒトパピローマウイルス)の伝染によるものであると考えられている。研究では、生涯の1~5人のオーラルセックスパートナーがいた人々は、オーラルセックスを行わない人々と比較して喉頭ガンの発症リスクがほぼ2倍まで高められたと結論付けており、5人以上のオーラルセックスパートナーと行為を行っていた場合にはそのリスクは250%まで増大するとしている[3]

直接的に性器・性器周辺を愛撫する行為






「オーラルセックス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

オーラルセックスに関連した本

オーラルセックスに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オーラルセックス」の関連用語

オーラルセックスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




オーラルセックスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーラルセックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS