オイレス工業 オイレス工業の概要

オイレス工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/11 08:20 UTC 版)

オイレス工業株式会社
OILES CORPORATION
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6282
本社所在地 日本
郵便番号:105-8584
東京都港区浜松町一丁目30番5号
設立 1952年3月11日
業種 機械
事業内容 別記のとおり
代表者 佐藤英二(代表取締役会長)
栗本弘嗣(代表取締役社長)
資本金 85億8,500万円(2007年3月31日現在)
売上高 38,609百万円(単独)
55,344百万円(連結)
総資産 56,933百万円(単独)
65,852百万円(連結)
従業員数 1,106名(平成25年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行
外部リンク http://www.oiles.co.jp/
テンプレートを表示

概要

無給油式軸受けメーカー最大手。 免震装置でも首位。ほかに建築機器・計測機器など。 自動車、FA・OA・AV等の機器や、産業機械に使用されるオイルレスベアリング(無給油軸受)、建築用・土木構造用の免震制振装置の製造をしている機械(産業機器)メーカー(B to B 【Business to Business】)企業である。

(オイルレスベアリングは国内で5割のシェアを持つ。)

現在保有している特許は1800件以上あり、売り上げの60%を特許製品で占めている為、円高等の景気による煽りを受けにくい基盤がある。 「日本初」の肩書がつく製品(『自動車排気管用無給油球面シール軸受』、『鉛プラグ入り積層天然ゴム免震装置』など)多数。

免震・採用事例 スカイツリー・ソラシティ(事務所 店舗 駐車場)、日清製粉グループ本社製粉記念館本館(記念館)、靖国神社灯篭免震工事(灯篭)など他多数。

制震・採用事例 中京競馬場スタンド等改築工事(競馬場)、新宿イーストサイドスクエア(オフィス 店舗)、JPタワー(事務所 店舗)など他多数。

海外拠点はアメリカ、ドイツ、チェコ、中国、台湾、タイの6ヶ所になる。

沿革

  • 1939年 - 川崎宗造が日本オイルレスベアリング研究所として創業
  • 1952年 - (株)日本オイルレスベアリング研究所を設立(株式会社に改組)
  • 1966年 - オイレス工業(株)に社名変更
  • 1976年 - 米国に現地法人「オイレス アメリカ コーポレーション」を設立
  • 1981年 - 本社を東京都港区へ移転
  • 1987年 - 免震装置の販売
  • 1988年 - 中国に「自潤元件工業有限公司」設立、ドイツに「Oiles Tribomet Gleitlemente GmbH」設立
  • 1989年 - 株式の公開
  • 1994年 - 東証2部へ上場
  • 1997年 - 東証1部へ上場
  • 1998年 - 中国に「上海自潤軸承有限公司」を設立
  • 2002年 - タイに合弁会社「オイレス タイ カンパニー リミテッド」を設立
  • 2003年 - 建築機器事業を分社化。チェコに「オイレス チェコ マニュファクチュアリング」を設立
  • 2004年 - 本社を現住所(東京都港区浜松町一丁目30番5号)に移転。カナダに「オイレス カナダ コーポレーション」を設立
  • 2005年 - 中国(蘇州)に「自潤軸承(蘇州)有限会社」を設立。フランスに「オイレス フランス SASU」設立

生産拠点

  • 藤沢事業場 - 神奈川県藤沢市
  • 足利事業場 - 栃木県足利市
  • 滋賀工場 - 滋賀県栗東市
  • 大分工場 - 大分県中津市



「オイレス工業」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

オイレス工業に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オイレス工業」の関連用語

オイレス工業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ルビー

天狗岩用水

エゾキセワタ

ゲヴュルツトラミナー

2Pコネクタ

キングリバー号

原油供給価格

入口の予告





オイレス工業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオイレス工業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS