エピクロロヒドリン エピクロロヒドリンの概要

エピクロロヒドリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/29 18:03 UTC 版)

エピクロロヒドリン
Epichlorohydrin.png
IUPAC名 2-クロロメチルオキシラン
別名 1-クロロ-2,3-エポキシプロパン
γ-クロロプロピレンオキシド
分子式 C3H5ClO
分子量 92.5
CAS登録番号 [106-89-8](ラセミ体)
[51594-55-9](R体)
[67843-74-7](S体)
形状 無色液体
密度 1.2 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 3.2(空気 = 1)
融点 -48 °C(-25.6°C または -57°C とするデータもあり)
沸点 116 °C
水への溶解度 6g/100mL
SMILES ClCC1CO1
出典 ICSC

目次

性質

常温ではクロロホルム様の臭気を持つ引火性の透明な液体。腐食性があり、吸入すると肺水腫を引き起こすおそれがあるほか、腎臓肝臓などに障害を与える。国際がん研究機関では「おそらく発がん性がある」 (Group 2A) に分類している。

反応性が高く、加熱または酸・塩基などの触媒によってエポキシドの開環重合が進行し、クロロメチル基が結合したポリエーテルを生じる。水中では徐々に加水分解して3-クロロ-1,2-プロパンジオール(α-クロロヒドリン)となる[1]

生産

プロピレンを原料として合成する[2]。 まず、プロピレンを塩素とのラジカル反応によって塩素化し、塩化アリルとする。次に次亜塩素酸と反応させ、ジクロロプロパノールとする。最後に水酸化ナトリウム水酸化カルシウムなどの強塩基を作用させると、塩酸が分子内脱離しエピクロロヒドリンが生成する。

アリルアルコールを原料とする方法も知られている[3]。まず、アリルアルコールを塩酸の存在下で塩素によって塩素化しジクロロプロパノールとする。最後に塩基を作用させてエピクロロヒドリンとする。

全世界で一年に生産されるエピクロロヒドリンは約 90.3 万トンで、そのうち半分をダウ・ケミカルが生産している[2]。2008年度日本国内生産量は 106,943t、消費量は 9,556t である[4]

用途

エピクロロヒドリンの大半はビスフェノールAなどとの共重合によりエポキシ樹脂とされ、接着剤塗料などとして利用される。

エピクロロヒドリンをアルカリ条件で加水分解するとグリセリンが得られる[5]。この方法で生産されるグリセリン(合成グリセリン)は天然由来のグリセリンよりも高純度であるため、医療用などに用いられる。

エピクロロヒドリンのみを重合、あるいは酸化エチレンやアリルグリシジルエーテルと共重合すると、合成ゴムの1種であるエピクロロヒドリンゴムが生成する。エピクロロヒドリンゴムは耐油性・耐熱性・耐寒性・耐オゾン性に優れ、自動車部品などに使われている。

繊維の染色性・耐水性・形状安定性などを向上させるための表面改質に用いられる。

メタクリル酸と反応させて得られるメタクリル酸グリシジルは、イオン交換樹脂原料や帯電防止剤として利用される。

光学異性体

エピクロロヒドリンには、C2位をキラル中心とした2つの光学異性体がある。不斉触媒微生物を用いた光学分割によってどちらの異性体も高い鏡像体過剰率での合成が可能[6]であり、医薬品などのキラル化合物を合成する際の原料として利用されている。




「エピクロロヒドリン」の続きの解説一覧





エピクロロヒドリンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エピクロロヒドリンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エピクロロヒドリン」の関連用語

エピクロロヒドリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

庄川

レイキ

ヘイズ

返信ハガキの書き方

苦竹

馬の温泉

ちょんぼり

サイドローディング





エピクロロヒドリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエピクロロヒドリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS