エピオルニス エピオルニスの概要

エピオルニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/30 08:39 UTC 版)

エピオルニス
Aepyornis maximus.jpg
エピオルニスの全身骨格と卵
地質時代
完新世
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: エピオルニス目 Aepyornithiformes[1]
: エピオルニス科 Aepyornithidae
: エピオルニス属 Aepyornis
学名
Aepyornis
英名
Elephant Bird
下位分類
  • A. maximus
  • A. gracilis
  • A. hildebrandti
  • A. medius

マダガスカル島の固有種である。かつては無人島であったマダガスカル島で独自の進化を遂げ繁栄していたが、2000年ほど前からマダガスカル島に人間が移住、生活するようになると狩猟や開発などで生息数を減らすことになり、最終的に絶滅してしまった。ヨーロッパ人がマダガスカル島に本格的に訪れるようになった16世紀には既に絶滅していたと言われるが、1840年頃まで生存していたとする説もある。

伝説の巨大な鳥・ロック鳥のモデルだったのではないかとも言われている。ただし、エピオルニスは伝説のロック鳥と違って翼が退化しており、空を飛ぶことはできなかった。

特徴

頭頂までの高さは3~3.4m、体重は推定330kg~500kgあり、ダチョウを大きく上回っていた(ダチョウは135kg程度)。また、卵も巨大であり、現在知られている最大の卵の化石は長さ約33cm、直径約24cmで、ダチョウの卵(長さ約17~18cm)の2倍近くもある。また卵の殻の厚さは3~4mmで、重さは約9~10kg(ダチョウの卵の約7個分で、ニワトリの卵の約180個分)と推定されている。

エピオルニスを主題にした作品

参考文献

関連項目

執筆の途中です この項目「エピオルニス」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類

  1. ^ Brands(a), Sheila (Aug 14 2008). "Systema Naturae 2000 / Classification, Genus Aepyornis". Project: The Taxonomicon. Retrieved Feb 04 2009.
  2. ^ 英語では「Elephant bird」(象鳥)とも呼ばれる。日本語表記では「イーピヨルニス」とも。
  3. ^ 歴史上最も身長が高い鳥はジャイアントモアと言われている。


「エピオルニス」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エピオルニスに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エピオルニス」の関連用語

エピオルニスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

由良海水浴場

防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲

ビンふたつ包み

大内宿の自然用水

人感センサー式棚下照明

桂の滝

梶並伸博

リッジリフト





エピオルニスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエピオルニス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS