ウルトラQの登場怪獣 悪魔ッ子 リリー

ウルトラQの登場怪獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/17 14:09 UTC 版)

悪魔ッ子 リリー

第25話「悪魔ッ子」に登場。英字表記はLILY[8][4]またはRIRI[131][5]

催眠術で毎夜眠らされ、幽体離脱の芸を披露していた魔術団の少女リリーの身に、催眠術をかけ過ぎた影響によりシナプス(神経細胞間や多種細胞間の信号を伝達する部位)の破壊現象が起こり、毎晩、その精神のみが迷い出て、数々の災厄を引き起こす。精神が白くぼやけて見えるのは、一種の電気信号であるシナプスがプラズマ現象に似た作用で実体化した影響と見られる。精神はリリー本人の意思とは関係なく深夜にさまようようになり、災厄はエスカレートし、殺人をも犯すようになる。最後には自らの肉体をも抹殺しようとするが、肉体が轢かれる直前に一ノ谷博士の人体電気操作機である超短波ジアテルミーの作用によりシナプスの破壊現象は収まる。以後は催眠術ではなく、普通の奇術に出演している。

  • 演:坂部紀子
  • 『ウルトラQ』の前身である『UNBALANCE』時代に原案を手がけた熊谷健は、座敷童子から発想したと述べている[34]
  • 精神体のリリーは黒バックで撮影した姿をフィルムに光学合成で焼きこむ表現が用いられた[131]。作画合成による表現が1カットのみ存在している[131]
  • 終盤の舞台は、当時SLが走っていた八高線[131][34]。クライマックスで万丈目が線路からリリーを助けるシーンは、円谷プロの依頼で列車を走らせ、合成ではなく一発撮りで行われた[131][34]
  • 笑い声は、東宝映画『マタンゴ』に登場するマタンゴの声を流用している[132]
  • シナリオでは、赤沼は赤ん坊の時分にリリーを拾い、我が子のように育ててきたことが語られている[5]
  • 『総天然色ウルトラQ』では、肌の色が濃いことからそのまま着色したのでは幽体の方が血色良く見えてしまうため、青白く光るように着色された[2][5]
  • 『ウルトラQ dark fantasy』ではリメイクキャラクターのリリーが登場している[5]



[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『キャラクター大全 総天然色ウルトラQ 上巻』ではGOMEZと表記している[6]
  2. ^ a b 資料によっては「奥多摩」[3]、「奥多摩・東海弾丸道路第3工区」[7][9][4]と記述している。
  3. ^ 『週刊ウルトラマンオフィシャルデータファイル』でのフログロス(B)の名前と共に解説されている[要文献特定詳細情報]
  4. ^ 資料によっては「山梨」[3]、「奥多摩・弾丸道路工事現場」[7]、「東海弾丸道路第3工区付近」[32][4]と記述している。
  5. ^ 『ウルトラ怪獣大全集』では「卵」と記述している[7]
  6. ^ ウルトラQ着色委員会にも参加した特殊美術の品田冬樹は、大きさやギミックの違いなどからラドンを使用したとする説に懐疑的な見解を述べている[5]
  7. ^ 資料によっては「伊豆淡島」と記述している[9][4]
  8. ^ 『「ウルトラQ」の誕生』では、『ウルトラQ』用に用意されたものではなく、円谷一が監督を務めたテレビドラマ『いまに見ておれ』で使用した着ぐるみを流用したものとしている[34]
  9. ^ 『ウルトラマン白書』では「火星→大島」と記述している[3]
  10. ^ 『ウルトラマン ベストブック』では「ナメクジとアザラシの合性」と表現している[8]
  11. ^ 『ウルトラマン ベストブック』では「太古のアジア圏」と記述している[8]
  12. ^ 『キャラクター大全 ウルトラQ』では「火炎放射器のみ」と記述しているが、誤りである。
  13. ^ 『ウルトラマン白書』では「南極→東京」と記述している[3]
  14. ^ 劇中ではペギラが誕生した経緯は語られていない。『キャラクター大全 総天然色ウルトラQ上巻』や『ウルトラ怪獣DVDコレクション9 ペギラ』(講談社2011年)ではアザラシの嫌うペギミンHを弱点とするため、海棲哺乳類の変異体ではないかと推測されると記述されている[61]ほか、後年の『ウルトラ怪獣擬人化計画』での紹介ページでも「南極のペンギンが、放射能の影響で突然変異を遂げたといわれる」と記述されている[62]
  15. ^ 当初のシナリオでは、氷漬けになるのは同じ冷凍怪獣のマーゴドンの予定だったが、着ぐるみが残っていなかったので変更された。
  16. ^ 『キャラクター大全 総天然色ウルトラQ 上巻』では最終的に「1.6メートル」になったものと記述している[75]
  17. ^ 『ウルトラマン ベストブック』では「青木ヶ原の池」と記述している[60]
  18. ^ 『ウルトラQグラフィティ』では別名を地底怪獣としている[11]
  19. ^ 『ウルトラマン画報 上巻』ではMONGULARと記述している[4]
  20. ^ 『ウルトラマン白書』では2トンと記載している[3]
  21. ^ 資料によっては「伊佐山」と記述している[8][4]
  22. ^ 直接焼け死ぬ描写はなく、地割れや火山噴火で表現されている。
  23. ^ 『ウルトラマン ベストブック』ではTARANTELLAと記述している[8]
  24. ^ 資料によっては「いなずま号内」[60][4]、「相川教授の実験室」[5][10]と記述している。
  25. ^ 『ウルトラマン白書』や『円谷プロ全怪獣図鑑』では「50 - 10万メートル」[3][10]、『ウルトラ怪獣大全集』では「風船大 - 無限大」[7]、『ウルトラマン ベストブック』では「30センチメートル - 50メートル - 無限大」[60]、『ウルトラマン大辞典』『ウルトラマン画報 上巻』では「50センチメートル - 無限大」[98][4]、『キャラクター大全 総天然色ウルトラQ 上巻』『総天然色ウルトラQ公式ガイドブック』では「細胞大 - 無限」[97][5]と記述している。
  26. ^ 資料によっては「不詳」[60][4]、「不明」[10]と記述している。
  27. ^ 『ウルトラマン ベストブック』ではLARUGUERSと記述している[8]
  28. ^ a b 『ウルトラマン ベストブック』では小型時の数値を「身長:文鳥大、体重:50グラム」と記述している[8]
  29. ^ 『ウルトラマン ベストブック』では「アジア圏」[8]、『ウルトラマン大辞典』では「港市」[104]、『ウルトラマン画報 上巻』では「第3氷期以前の地球→10世紀のインド西部→港市」[4]と記述している。
  30. ^ 『ウルトラマン ベストブック』ではZEMILAと記述している[60]
  31. ^ 『総天然色ウルトラQ公式ガイドブック』では「東京」と記述している[5]
  32. ^ 『「ウルトラQ」の誕生』では、『8ミリカメラ 特撮のタネ本』について資料的な信憑性は低いと指摘している[34]
  33. ^ 資料によっては「茨城」[3][98]、「茨城県の地底」[7]、「アジア圏(北京)」[60]、「北京郊外→茨城県の原子力発電所付近」[4]と記述している。
  34. ^ a b 資料によっては、身長・体重は「人間と同じ」と記載している[3][122][10]
  35. ^ 『キャラクター大全 総天然色ウルトラQ 下巻』ではGIANTMANと記述している[125]
  36. ^ 『ウルトラ怪獣大全集』では「東北の山奥」[7]、『円谷プロ全怪獣図鑑』では「八ヶ岳付近」[10]と記述している。
  37. ^ 当初は悪魔ッ子リリーの予定だったが、最終的には巨人に変更された[127]
  38. ^ 『ウルトラ怪獣大全集』では「不明」と記述している[7]
  39. ^ 『ウルトラ怪獣大全集』では「東北の山奥」[7]、『総天然色ウルトラQ公式ガイドブック』では「不明」[5]、『円谷プロ全怪獣図鑑』では「蓼科高原」[10]と記述している。
  40. ^ 『ウルトラマン ベストブック』では「アランカ帝国」と記述している[60]
  41. ^ 『ウルトラ怪獣大全集』では「不明」と記述している[7]
  42. ^ 『ウルトラマン白書』では、身長を「2 - 30メートル」と記載している[3]
  43. ^ 資料によっては「数百メートル深海」[3]、「太平洋の海底」[7]、「フィリピン沖」[60]、「深海」[134][4]と記述している。
  44. ^ 『キャラクター大全 総天然色ウルトラQ下巻』(講談社)では「イモリヤモリを使用」と記述している[133]
  45. ^ 書籍によっては、「8メートル」と記載している[3][126][135][10]
  46. ^ 資料によっては「四次元の空」[3][136][10]、「東京上空・四次元空間」[7]、「四次元世界」[8][4]と記述している。
  47. ^ 『ウルトラマン画報 上巻』では「東京上空」と記述している[4]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj BDBOX I 2011, pp. 4-16, 「怪獣図鑑」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg BDBOX II 2012, pp. 2-15, 「怪獣図鑑」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df 白書 1982, p. 21, 「ウルトラQ怪獣リスト」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed 画報 上巻 2002, pp. 17-26
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es et eu ev ew ex ey ez fa fb fc fd fe ff fg fh fi fj fk fl fm fn fo fp fq fr fs ft fu fv fw fx fy fz ga gb gc gd ge gf gg gh gi gj gk gl gm gn go gp gq 総天然色ウルトラQ公式ガイドブック 2012, pp. 1-59, 「総天然色ウルトラQ怪獣図鑑」
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r キャラクター大全 上巻 2011, pp. 12-19, 「第1話 ゴメスを倒せ!」
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw ウルトラ怪獣大全集 1984, pp. 115-119, 「ウルトラQ 全怪獣」
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm ベストブック 1993, pp. 29-46, 「CHAPTER 1 アンバランス・ゾーンの人々」
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 大辞典 2001, pp. 127-140, 「こ」
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, pp. 6-11, 「ウルトラQ」
  11. ^ a b c d e f g h i j k l グラフィティ 1983, 「Part.2 S39・12月 - S40・3月作品」
  12. ^ 『大ゴジラ図鑑』(ホビージャパン)44頁。
  13. ^ ケイブンシャ『ウルトラマン特撮の秘密百科』124頁
  14. ^ a b ウルトラQ伝説 1998, p. 76.
  15. ^ a b c d e f g h i j k l 白石雅彦 2016, pp. 177-285, 「第三部 大怪獣日本を蹂躙す」
  16. ^ a b c 総天然色ウルトラQ公式ガイドブック 2012, pp. 62-66, 「着色資料集」
  17. ^ a b c ウルトラギャラクシーNEO公式サイト, 登場怪獣 古代怪獣ゴメス(S)
  18. ^ ウルトラギャラクシーNEO公式サイト, ストーリー #1「レイオニクスハンター」.
  19. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 55.
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m ウルトラ銀河伝説超全集 2009, pp. 78-81, 「百体怪獣ベリュドラ完全攻略」
  21. ^ a b c サーガ超全集 2012, pp. 50-51
  22. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 376.
  23. ^ 『ウルトラマンサーガ』劇場版パンフレットより。
  24. ^ a b c d e ヒーロー&怪獣 ウルトラマンX(エックス)公式サイト”. 2017年3月9日閲覧。
  25. ^ a b c d e X超全集 2016, pp. 38-45, 「ウルトラマンX怪獣大図鑑」
  26. ^ 「[インタビュー]田口清隆」、『宇宙船』VOLUME 150(2015 autumn)、ホビージャパン、2015年10月1日、 pp.102-103、 ISBN 978-4-7986-1099-3
  27. ^ ウルトラマンX BDBOX II 2016, 「EPISODE GUIDE 第15話」.
  28. ^ キャラクターランドSP 2017, p. 55, 「『ウルトラマンオーブ』スーツアクターヒーローズリスト」.
  29. ^ キャラクターランドSP 2017, pp. 44-47, 「田口清隆監督インタビュー」.
  30. ^ 特撮ニュータイプ』2011年6月号より。[要ページ番号]
  31. ^ a b ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 71, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション5」
  32. ^ a b c 大辞典 2001, pp. 345-348, 「り」
  33. ^ a b c d 『DVD ウルトラQ vol.1』解説書より。
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 白石雅彦 2016, pp. 81-176, 「第二部『UNBALANCE』と『ウルトラQ』の間に」
  35. ^ a b c d e f g h i 『ゴジラ大辞典』 笠倉出版社2004年、200頁。ISBN 4773002921 
  36. ^ 総天然色ウルトラQ公式ガイドブック 2012, pp. 67 - 68.
  37. ^ ベストブック 1993, p. 41, 「東宝怪獣総進撃!縫いぐるみ改造法」.
  38. ^ a b ウルトラギャラクシー公式サイト, 登場怪獣 原始怪鳥リトラ(S)
  39. ^ a b c ウルトラギャラクシーNEO公式サイト, 登場怪獣 原始怪鳥リトラ
  40. ^ a b ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 47
  41. ^ a b c d e f ウルトラギャラクシー超全集 2009, pp. 43-44, 「THE ART OF ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY」
  42. ^ a b ウルトラギャラクシー公式サイト, 登場怪獣 原始怪鳥リトラ(S)
  43. ^ a b ウルトラギャラクシー超全集 2009, p. 23, 「レイが操る怪獣たち」
  44. ^ a b c d e f g h i j キャラクター大全 上巻 2011, pp. 20-25, 「第2話 五郎とゴロー」
  45. ^ a b c d e 大辞典 2001, pp. 287-292, 「へ」
  46. ^ a b c BDBOX II 2012, pp. 28-29, 「一部映像特典についての解説」
  47. ^ a b c d ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 76, 「怪獣漫才(ダイジェスト)UNIT 4-6」
  48. ^ a b c d e f g キャラクター大全 上巻 2011, pp. 26-31, 「第3話 宇宙からの贈りもの」
  49. ^ a b c d e 大辞典 2001, pp. 235-239, 「な」
  50. ^ a b c d e f g h i j k グラフィティ 1983, 「Part.1 S39・9月 - S40・2月作品」
  51. ^ a b 総天然色ウルトラQ公式ガイドブック 2012, p. 87.
  52. ^ a b ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 59, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション4」.
  53. ^ a b c d e f g h i j k キャラクター大全 上巻 2011, pp. 32-37, 「第4話 マンモスフラワー」
  54. ^ a b c d e f 大辞典 2001, pp. 156-175, 「し」
  55. ^ てれびくん2005年1月号増刊 円谷プロオフィシャルマガジン『ウルトラマンDNA Vol.2』(小学館)「モノクロームの彼方に 〜ウルトラQの色を求めて」より[要ページ番号]
  56. ^ a b マグマ大使パーフェクトブック』(白夜書房) 開米へのインタビューより。P162。
  57. ^ ヤマダマサミ著「ウルトラQ伝説」P221、P224、P225
  58. ^ ヤマダマサミ著「ウルトラQ伝説」P224、P225。「講談社のテレビ絵本 ウルトラQ完全復刻」
  59. ^ a b ウルトラギャラクシー公式サイト, 登場怪獣 巨大植物ジュラン
  60. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba ベストブック 1993, pp. 47-65, 「CHAPTER 2 続々出現、怪獣の群れ!」
  61. ^ a b c d e f g h i j k キャラクター大全 上巻 2011, pp. 38-43, 「第5話 ペギラが来た!」
  62. ^ ペギラ - ウルトラ怪獣擬人化計画
  63. ^ a b c d e f g h i j k l m n グラフィティ 1983, 「Part.3 S40・3月 - S40・12月作品」
  64. ^ a b c d e f g h i j k l m n 成田亨 2014, pp. 36-49, 「2-1 ウルトラQ」
  65. ^ 『成田亨画集・ウルトラ怪獣デザイン編』(朝日ソノラマ・1983年) p.18、99
  66. ^ 『円谷ヒーロー ウルトラ怪獣全史』(講談社・2014年) p.8
  67. ^ a b 白書 1982, p. 105, 「高山良策 怪獣造型写真集」
  68. ^ 『学年別学習雑誌で見る昭和子どもクロニクル1 ウルトラ博物館』(小学館、2003年)の紹介記事より。[要ページ番号]
  69. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 84, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション6」.
  70. ^ a b 円谷プロ画報 2013, p. 173.
  71. ^ キャラクター大全 ウルトラマン 全調査報告.未発表脚本紹介より。[要ページ番号]
  72. ^ 円谷ヒーローウルトラ怪獣全史(講談社 mook)2014[要ページ番号]
  73. ^ 円谷プロ画報 2013.
  74. ^ 『大決戦!超ウルトラ8兄弟超全集』 小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、2008年、86頁。ISBN 978-4091051202
  75. ^ a b c d e f g h i キャラクター大全 上巻 2011, pp. 44-51, 「第6話 育てよ!カメ」
  76. ^ a b c d e f g h 大辞典 2001, pp. 78-97, 「か」
  77. ^ KKベストセラーズ発行『語れ!ウルトラマン 兄弟激闘編』105頁
  78. ^ a b c d e f g h i j キャラクター大全 上巻 2011, pp. 52-57, 「第7話 SOS富士山」
  79. ^ ウルトラQ伝説 1998, pp. 262 - 264.
  80. ^ 「エピソードガイド第25話」『別冊映画秘宝 ウルトラマン研究読本』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、175頁。ISBN 978-4-8003-0262-5
  81. ^ a b c d e f g 大辞典 2001, pp. 327-330, 「も」
  82. ^ a b c d e f g h i j キャラクター大全 上巻 2011, pp. 58-63, 「第8話 甘い蜜の恐怖」
  83. ^ a b c d e f g h i キャラクター大全 上巻 2011, pp. 64-69, 「第9話 クモ男爵」
  84. ^ a b c d e 大辞典 2001, pp. 194-209, 「た」
  85. ^ 総天然色ウルトラQ公式ガイドブック 2012, pp. 68 - 69.
  86. ^ a b c d e f g h i キャラクター大全 上巻 2011, pp. 70-77, 「第10話 地底超特急西へ」
  87. ^ a b c d e f 大辞典 2001, pp. 61-68, 「え」
  88. ^ 円谷プロ画報 2013, p. 194.
  89. ^ a b 白書 1982, p. 24, 「ウルトラQ未発表デザイン集」
  90. ^ a b 白書 1982, p. 104, 高山良策 怪獣造型写真集
  91. ^ ウルトラQ伝説 1998, pp. 261 - 262.
  92. ^ a b c d ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 22, 「ウルトラゾーンチャンネル」
  93. ^ 次回の「ウルトラマンX」はアベユーイチ監督演出。ついにゴモラが実体化!そして人工生命M1号の登場。 | 新ウルトラマン列伝オフィシャルブログ『ウルトラマン“ブログ”列伝』
  94. ^ a b ウルトラマンX BDBOX II 2016, 「EPISODE GUIDE 第19話」
  95. ^ 現代の主役 ウルトラQのおやじ - allcinema
  96. ^ AMU&EST ULTRA HATSUURI|JR博多シティ アミュプラザ博多
  97. ^ a b c d e f キャラクター大全 上巻 2011, pp. 78-83, 「第11話 バルンガ」
  98. ^ a b c d e f g h 大辞典 2001, pp. 249-265, 「は」
  99. ^ 成田亨 2014, pp. 18-24, 工藤健志「成田亨が残したもの」.
  100. ^ 大ウルトラマン図鑑 1996.
  101. ^ バルンガ - 小森陽一プロダクト
  102. ^ 『ファンタスティックコレクション ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』(朝日ソノラマ)P. 60。
  103. ^ a b c d e f g キャラクター大全 上巻 2011, pp. 84-89, 「第12話 鳥を見た」
  104. ^ a b c d e 大辞典 2001, pp. 342-344, 「ら」
  105. ^ a b c d e f キャラクター大全 下巻 2011, pp. 16-23, 「第16話 ガラモンの逆襲」
  106. ^ a b c 大辞典 2001, pp. 186-190, 「せ」
  107. ^ 白書 1982, p. 107, 「高山良策 怪獣造型写真集」.
  108. ^ 大ウルトラマン図鑑 1996, p. 73.
  109. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 79, 「怪獣漫才(ダイジェスト)UNIT 10」.
  110. ^ 円谷一『8ミリカメラ 特撮のタネ本』1970年、芸術生活社、192-194頁。
  111. ^ a b キャラクター大全 下巻 2012, pp. 24-29\loc=「第17話 1/8計画」
  112. ^ 1984年12月10日初版発行『フィルム・ブックス ウルトラQ-① 円谷一監督作品(上)』(小学館文庫)「円谷一監督へのラブコール」より[要ページ番号]
  113. ^ a b c d e f g h キャラクター大全 下巻 2011, pp. 30-35, 「第18話 虹の卵」
  114. ^ 『成田亨画集 ウルトラ怪獣デザイン編』(朝日ソノラマ・1983年) p.17、26
  115. ^ キャラクター大全 下巻 2011, pp. 105-107, 「ウルトラQ未発表エピソード&ストーリーの変遷」
  116. ^ ウルトラセブン研究読本 2012, p. 173
  117. ^ a b c d e f g キャラクター大全 下巻 2011, pp. 48-53, 「第21話 宇宙指令M774」
  118. ^ a b c d 大辞典 2001, pp. 293-298, 「ほ」
  119. ^ 白書 1982, pp. 24、104.
  120. ^ 「宇宙船vol.124特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2009」、『宇宙船』vol.124(2009.春号)、ホビージャパン2009年4月1日、 別冊p.24、 ISBN 978-4894258549
  121. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 362
  122. ^ a b 大辞典 2001, p. 349, 「る」
  123. ^ a b 大辞典 2001, pp. 98-111, 「き」
  124. ^ ウルトラギャラクシーNEO公式サイト, ストーリー #6「史上最強のレイオニクス」.
  125. ^ a b c d e f g h キャラクター大全 下巻 2011, pp. 54-59, 「第22話 変身」
  126. ^ a b c 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日、81頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  127. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 75, 「造型チーム座談会」.
  128. ^ a b c d 大辞典 2001, pp. 176-185, 「す」
  129. ^ a b c d e f g h キャラクター大全 下巻 2011, pp. 60-65, 「第23話 南海の怒り」
  130. ^ a b c d e f g h i キャラクター大全 下巻 2011, pp. 66-71, 「第24話 ゴーガの像」
  131. ^ a b c d e f g キャラクター大全 下巻 2011, pp. 72-77, 「第25話 悪魔ッ子」
  132. ^ 『オール東宝怪獣大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2014年4月27日、79 - 80頁。ISBN 978-4-8003-0362-2
  133. ^ a b c d e f g h i j k キャラクター大全 下巻 2011, pp. 78-83, 「第26話 燃えろ栄光」
  134. ^ a b c 大辞典 2001, pp. 266-273, 「ひ」
  135. ^ a b c d e f g h i キャラクター大全 下巻 2011, pp. 84-91, 「第27話 206便消滅す」
  136. ^ a b c d 大辞典 2001, pp. 227-234, 「と」
  137. ^ ウルトラQ伝説 1998, pp. 236 - 237.






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウルトラQの登場怪獣」の関連用語

ウルトラQの登場怪獣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

橘擬

Ka-60

パラシュートスポーツ

車道透水性舗装

アッパーブラケット

榎本武揚

シリンダービーズ

まがりばかさ歯車





ウルトラQの登場怪獣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウルトラQの登場怪獣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS