インカ帝国 地理

インカ帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/27 09:39 UTC 版)

インカ帝国(インカていこく、スペイン語Imperio Inca、正式名称:タワンティン・スウユTawantin Suyu, Tahuantinsuyo))は、南アメリカペルーボリビアチチカカ湖周辺)、エクアドルを中心にケチュア族が作った国。前身となるクスコ王国13世紀に成立し、1438年のパチャクテク即位による国家としての再編を経て、1533年スペイン人コンキスタドールに滅ぼされるまで続いた。最盛期には、80の民族と1,600万人の人口をかかえ、現在のチリ北部から中部、アルゼンチン北西部、コロンビア南部にまで広がっていた。首都はクスコ




  1. ^ 上記説はエルインカ・ガルシラソによるもの。その他にもホアンン・デ・ベタンソスによる物によれば四組の夫妻とされており、アヤル・カチとママ・グァコ、アヤル・オチェとクラ、アヤル・アウカとラグア・オクリョ、アヤル・マンコとママ・オクリョ。シエサ・デ・レオンによれば三組の夫妻とされている[1]
  1. ^ ピース (1988)‎、p.46.
  2. ^ Gary Urton, The History of a Myth: Pacariqtambo and the Origin of the Inkas (Austin: University of Texas Press, 1990).
  3. ^ ピース (1988)‎、pp.45-46.
  4. ^ ピース (1988)‎、pp.50-51.
  5. ^ ピース (1988)‎、p.51.
  6. ^ Gary Urton, Signs of the Inka Khipu: Binary Coding in the Andean Knotted-String Records (Austin: University of Texas Press, 2003).
  7. ^ ピース (1988)‎、pp.87-88.
  8. ^ Millersville University Silent Killers of the New World
  9. ^ ピース (1988)‎、pp.137-138.
  10. ^ ピース (1988)‎、p.134.
  11. ^ Starn, Degregori, Kirk The Peru Reader: History, Culture, Politics; Quote by Pedro de Cieza de Leon; Published by Duke University Press, 1995
  12. ^ 現在、ペルーボリビアにおいてはインカ帝国ケチュア語アイマラ語公用語として認められ、エクアドルにおいても公用語にこそなっていないものの、ケチュア語は初等教育機関で教えられている。この場合アルファベットにより文字化されている。
  13. ^ 増田義郎:編『新版世界各国史26 ラテンアメリカ史II』山川出版社 2000 p.125
  14. ^ フアン・ハルオ・イナミネ/山脇千賀子「ペルー人とは何か その起源・アイデンティティ・国民性」『ラテンアメリカ人と社会』中川文雄/三田千代子:編 新評論 1995


「インカ帝国」の続きの解説一覧





インカ帝国と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

インカ帝国に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「インカ帝国」の関連用語

インカ帝国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




インカ帝国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインカ帝国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS