イギリス組曲 (バッハ) イギリス組曲 (バッハ)の概要

イギリス組曲 (バッハ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/07 08:43 UTC 版)

ケーテン時代の1710年代末頃に成立、1725年頃までに推敲が終了した。第1組曲の初稿(BWV 806a)の成立時期はヴァイマル時代の1712年頃にまで遡る。20世紀半ばまではフランス組曲以後の作品と考えられていたが、7つのトッカータ(1707-13年)と同様、バッハのクラヴィーア曲集としては初期の、特に組曲としては最初期の作品にあたる[1]。自筆譜は第3組曲第1曲第181-187小節の7小節しか残っていない。

名称の由来は確実ではない。「ある高貴なイギリス人のために書かれた」ためにイギリス組曲と呼ばれるようになったという伝記作家ヨハン・ニコラウス・フォルケル(Johan Nicolaus Forkel, 1749-1818)の報告が有名である。他に、ヨハン・クリスティアン・バッハが伝承した筆写譜の第1組曲(BWV 806)の表題には「イギリス人のために作曲」(pour les Angois)の一文がある。イギリス組曲の校訂者デーンハルトは、今日伝わっている大半の筆写譜の大譜表音部記号の組み合わせが、従来バッハが用いていた「ドイツ式」ではなく「イギリス式」(今日と同じヴァイオリン記号、バス記号)であることが、伝承の真実性を示唆するとともに、名称の由来になったと推測している[1]

作品はロンドンで活躍したフランス人作曲家デュパール(Charles Dieupart, 1667?-1740)の「クラヴサンのための6つの組曲(Six Suittes de clavessin)」(1701年)の影響を受けている。デュパールはコンセール的なジャンルであった「フランス風序曲(ouverture)」をクラヴィーア組曲(古典組曲)の導入楽章に組み込んだパイオニアの一人でもあった。第1組曲プレリュードの主題は、デュパールの組曲(第1組曲イ長調ジーグ)のモチーフの引用である[1]


目次

作品

特徴

巨大な導入楽章(プレリュード)を持つ。演奏も困難でなく優雅なものが多いフランス組曲とは対照的に、求められる演奏技術が高く、長大な形式美を誇っている。チェンバロなどの古楽器やモダンピアノでも頻繁に演奏されるほか、アコーディオンなどによっても取り上げられ、バッハ作品の演奏家には標準的な演目になっている。

第1番 イ長調 BWV 806

短調作品が第2・第3・第5・第6番とある中でヘ長調の第4番とともに明るい曲想。ブーレはテレビ放送で使われる。

1. プレリュード (Prélude)
2. アルマンド (Allemande)
3. クーラントI (Courante I)
4. クーラントIIと2つのドゥーブル(変奏) (Courante II avec deux Doubles)
5. サラバンド (Sarabande)
6. ブレーI (Bourrée I)
7. ブレーII (Bourrée II) ブレーIのトリオとして演奏する。以下同じ。
8. ジーグ (Gigue)

第2番 イ短調 BWV 807

1. プレリュード (Prélude)
2. アルマンド (Allemande)
3. クーラント (Courante)
4. サラバンド、同じサラバンドの装飾 (Sarabande, Les agrements de la meme Sarabande)
5. ブレーI アルテルナティヴマン (Bourrée I alternativement)
6. ブレーII (Bourrée II)
7. ジーグ (Gigue)

第3番 ト短調 BWV 808

ガヴォットが有名。

1. プレリュード (Prélude)
2. アルマンド (Allemande)
3. クーラント (Courante)
4. サラバンド、同じサラバンドの装飾 (Sarabande, Les agrements de la meme Sarabande)
5. ガヴォットI アルテルナティヴマン (Gavotte I alternativement)
6. ガヴォットIIまたはミュゼット (Gavotte II ou la Musette)
7. ジーグ (Gigue)

第4番 ヘ長調 BWV 809

1. プレリュード (Prélude)
2. アルマンド (Allemande)
3. クーラント (Courante)
4. サラバンド (Sarabande)
5. メヌエットI (Menuet I)
6. メヌエットII (Menuet II)
7. ジーグ (Gigue)

第5番 ホ短調 BWV 810

1. プレリュード (Prélude)
2. アルマンド (Allemande)
3. クーラント (Courante)
4. サラバンド (Sarabande)
5. ロンドーによるパスピエI(Passpied I en Rondeau)
6. パスピエII(Passpied II)
7. ジーグ (Gigue)

第6番 ニ短調 BWV 811

1. プレリュード (Prélude)
2. アルマンド (Allemande)
3. クーラント (Courante)
4. サラバンドとドゥーブル (Sarabande, Double)
5. ガヴォットI (Gavotte I)
6. ガヴォットIIまたはミュゼット (Gavotte II ou la Musette)
7. ジーグ (Gigue)

  1. ^ a b c デーンハルト校訂 「ウィーン原典版 J. S. バッハ イギリス組曲」 音楽之友社。1999年。


「イギリス組曲 (バッハ)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イギリス組曲 (バッハ)」の関連用語

イギリス組曲 (バッハ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




イギリス組曲 (バッハ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイギリス組曲 (バッハ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS