イオン琉球 イオン琉球の概要

イオン琉球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/29 08:39 UTC 版)

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
イオン琉球株式会社
ÆON RYUKYU Co., Ltd.
AEON logo.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地

日本の旗 日本
901-1111
沖縄県島尻郡南風原町字兼城514-1
北緯26度11分46.846秒 東経127度43分9.037秒 / 北緯26.19634611度 東経127.71917694度 / 26.19634611; 127.71917694座標: 北緯26度11分46.846秒 東経127度43分9.037秒 / 北緯26.19634611度 東経127.71917694度 / 26.19634611; 127.71917694

設立 1975年昭和50年)3月1日
(株式会社プリマート)
業種 小売業
事業内容 GMSを中心とする商品の小売・卸売業ほか
代表者 末吉康敏(代表取締役社長)
資本金 3億6,000万円
2010年2月20日現在)
売上高 618億4,700万円(2011年2月20日現在)
従業員数 2,664人(2010年2月20日現在)
決算期 2月20日
主要株主 イオン株式会社
外部リンク www.aeon-ryukyu.co.jp
テンプレートを表示

概要

1999年平成11年)8月、沖縄におけるスーパーマーケット(SM)事業を運営する株式会社プリマートと、総合小売業 (GMS)事業を運営するイオングループの沖縄ジャスコ株式会社合併して誕生した。

なお、2011年3月1日総合スーパーブランドの「ジャスコ」を「イオン」に変更したものの、地域密着の方針により当面は会社自体のイオンリテールなどへの統合は予定されていない。また、その時点では社名の変更などの発表はなかったが、2011年5月18日の決算記者会見において、2011年5月21日付けで社名を琉球ジャスコ株式会社からイオン琉球株式会社へと社名を変更することが発表された[1]

沿革

(合併時「プリマート」であった店舗は段階的に「マックスバリュ」へ転換、または別企業へ譲渡された。)

  • 2007年
    • 9月1日 - 沖縄県内の小売店舗では初となるレジ袋有料化実験をマックスバリュ新都心めかる店で開始[2]
    • 11月19日 - ネットショップ「琉ジャス・イー・セレクト」を開設。
  • 2008年
    • 1月22日 - 沖縄県内では初の無脂肪牛乳「トップバリュ 無脂肪牛乳」を発売(沖縄県以外の地域では「トップバリュ ヘルシーアイ」の商品として既に発売)。
    • 2月23日 - 沖縄県内初のエコストアであるマックスバリュ八重瀬店をオープン[3]
    • 3月1日 - 沖縄県内のジャスコ・マックスバリュ全店でWAONを導入。
    • 4月25日 - 沖縄県内最大規模のエコストア「イオンタウン読谷ショッピングセンター(マックスバリュ読谷店)」をオープン。
    • 6月6日 - ジャスコ南風原店(当時、現・イオン南風原店)の食品売場にセルフレジを導入(沖縄県内では初)。7月10日にはジャスコ那覇店(当時、現・イオン那覇店)の食品売場にも導入。
    • 7月18日 - マックスバリュ西原さわふじ店を当社初のフードディスカウント店舗に業種転換し、ザ ビッグ 西原店としてリニューアルオープン(2011年12月にザ・ビッグエクスプレス西原店に名称変更)。
    • 10月1日 - 沖縄県内のジャスコ・マックスバリュ・ザ ビッグ全店の直営食品売場でのレジ袋の無料配布を中止。これに伴い、「買物袋スタンプカード」の発行・押印は9月30日をもって終了した。
    • 10月4日 - 野嵩商会・コープおきなわと共同開発したオリジナルパン「純工房(Juncobo)」を沖縄県内のジャスコ・マックスバリュ並びにフレッシュプラザ ユニオン生活協同組合コープおきなわの店舗で発売(ザ ビッグ西原店では取り扱わない)。
    • 11月1日 - 他のイオングループの店舗で既に導入しているペットボトルキャップのリサイクル回収を開始。
  • 2009年
  • 2010年
    • 2月21日 - 宜野湾市にあるはにんす宜野湾の核店舗として、マックスバリュはにんす宜野湾店をオープン。当社では初となる他社が運営・開発するショッピングセンターへの出店となった(2011年7月にザ・ビッグエクスプレスはにんす宜野湾店へ業態転換)。
    • 6月6日 - ジャスコ那覇店(当時、現・イオン那覇店)に那覇市南風原町の証明書自動交付機を設置、並びに全国でも初となる公共施設使用料金収納サービス(那覇市のみ)を開始[4]
    • 6月25日 - 沖縄県内の小売業では初となるネットスーパーをジャスコ那覇店(当時、現・イオン那覇店)にて開始[5][6]
    • 8月4日 - ネットスーパー業務委託先からのクレジット情報流出を発表。それに伴い、7月31日に「琉ジャスネットスーパー」を一時閉鎖[7][8]
    • 9月22日 - ネットスーパー再開。同時に、セキュリティシステムをイオングループにて個人情報を管理するシステムに変更[9][10]
    • 11月23日 - 沖縄本島内のエコストアでは、初の壁面緑化実施店舗となるイオンタウン武富ショッピングセンターをオープン。
  • 2011年
    • 3月1日 - 沖縄県内の「ジャスコ」全店舗を「イオン」へ屋号変更[11]
    • 5月21日 - 社名を琉球ジャスコ株式会社からイオン琉球株式会社へと社名を変更。
    • 7月22日 - イオン琉球全店、ならびに専門店街(一部除く)の316店舗で電子マネー「SUGOCA」を導入。SUGOCA、並びに相互利用可能な電子マネーでのショッピングサービスを開始。イオン直営レジでは入金も可能。[12]
    • 9月7日 - 「イオンネットスーパー」をイオン南風原店イオン具志川店でも開始。これにより、当社のネットスーパーが沖縄本島中部でも開始されることとなる[13]
  • 2012年6月5日 - イオン南風原店での「イオンネットスーパー」の宅配エリアを沖縄本島内全域及び久米島町全域に拡大[14]
  • 2013年3月1日 - 沖縄県内の「イオン」全店舗で「イオンスクエアかざすサービス」の展開を開始[15]
  • 2014年
    • 1月16日 - イオン具志川店での「イオンネットスーパー」の宅配エリアを国頭郡伊江村及び島尻郡伊是名村伊平屋村全域に拡大[16]
    • 3月8日 - マックスバリュやいま店にベーカリーコーナー「マックスベーカリー」とセルフカフェコーナー「イオンドリップ」を当社店舗で初導入[17]

店舗

イオン

イオン北谷ショッピングセンター
(イオン北谷店、北谷町

イオングループが国内及び海外で展開している総合小売業 (GMS)店舗。当社は6店舗を展開しており、ライカム店はイオンモール、それ以外の5店舗はイオンショッピングセンターの核店舗となっている。

なお、屋上のサイン看板が設置されている那覇店北谷店具志川店は屋上のサイン看板が設置されている他の地域の「イオン」と異なり、白地ベースになっている。

また、ライカム店に関しては近年オープンした店舗にみられる総合業態「イオンスタイル」の店舗である。

マックスバリュ

マックスバリュ安謝店(イオンタウン安謝の核店舗、那覇市安謝)

イオングループが国内及び海外で展開しているスーパーマーケット(SM)店舗。当社は27店舗(うち、宮古島2店舗、石垣島4店舗)を展開しており、このうちの16店舗は「プリマート」からの転換店舗(移転転換を含む)である。また、一部店舗は「イオンタウン」の敷地内にある(南城大里店のみショッピングセンター全体はイオンタウン株式会社が運営、そのほかの「イオンタウン」はショッピングセンター全体も自社運営である)。

ザ・ビッグ/ザ・ビッグエクスプレス

ザ・ビッグエクスプレス
(はにんす宜野湾店宜野湾市

元々はマックスバリュ西日本の独自業態として展開していたディスカウントストア店舗。当社は7店舗を展開しており、全店舗「マックスバリュ」からの転換店舗(うち4店舗は開店当初「プリマート」だった店舗)、田場店、都屋店を除く5店舗は都市型小型店舗の「ザ・ビッグエクスプレス」である。なお、沖縄県1号店である西原店は開業当初、マックスバリュ東北が運営する店舗同様、中黒がつかない「ザ ビッグ」名義だったが、沖縄県2号店のエクスプレス小禄店以降に開業した店舗は他のマックスバリュ運営会社が運営する店舗同様に中黒入りの「ザ・ビッグ」名義となり、同時に3代目ロゴマークとなった。さらに、エクスプレスはにんす宜野湾店以降に開業した店舗は左側に「AEON」ロゴを配したマイナーチェンジ版のロゴマーク(表記上は「AEON BIG」)となっている。西島店に関しても2011年12月の改装オープン時に「ザ・ビッグエクスプレス」に名称変更した[18]ことで、店舗ブランド名義・ロゴマーク共に統一された。




  1. ^ 〜新しいイオンが誕生します〜 いいね↑いっぱい“イオン琉球誕生記念セール”開催について (PDF) - 琉球ジャスコ ニュースリリース 2011年5月18日(2011年5月18日閲覧)
  2. ^ 〜マックスバリュ新都心めかる店でレジ袋無料配布中止実証実験開始について (PDF) - 琉球ジャスコ ニュースリリース 2007年8月30日(2011年7月20日閲覧)
  3. ^ 〜2月23日(土)マックスバリュ八重瀬店「県内初のエコストア」オープン (PDF) - 琉球ジャスコ ニュースリリース 2008年2月18日(2011年7月20日閲覧)
  4. ^ 〜全国初の取り組み!!自動交付機がさらに便利に!!〜『自動交付機による公共施設使用料金の収納サービス』開始式のお知らせ (PDF) - 琉球ジャスコ ニュースリリース 2010年6月4日(2011年7月12日閲覧)
  5. ^ 〜ネットで選んでその日のお届け!!〜沖縄県内初!!ネットスーパー誕生「ハイサイ便」オープンのお知らせ (PDF) - 琉球ジャスコ ニュースリリース 2010年6月22日(2011年7月12日閲覧)
  6. ^ 琉球新報 2010年6月26日付け[1]
  7. ^ ネットスーパー業務委託先(株)NEOBEATのクレジット情報漏洩への対応について (PDF) - 琉球ジャスコ お客様へのお知らせ 2010年8月4日(2011年7月12日閲覧)
  8. ^ 琉球新報 2010年8月4日付け[2]
  9. ^ 琉球ジャスコネットスーパー那覇店サービス再開のご報告 (PDF) - 琉球ジャスコ お客様へのお知らせ 2010年9月22日(2011年7月12日閲覧)
  10. ^ 琉球ジャスコ『 ネットスーパー 』再開のお知らせ (PDF) - 琉球ジャスコ ニュースリリース 2010年9月22日(2011年7月12日閲覧)
  11. ^ 〜県内ジャスコ5店舗が「イオン」に生まれ変わります〜 3月1日(火)「ジャスコ」から「イオン」に店名変更のお知らせ (PDF) - 琉球ジャスコ ニュースリリース 2011年2月10日(2011年2月17日閲覧)
  12. ^ SUGOCA電子マネーがイオン琉球のお店でご利用いただけるようになります~沖縄エリア 316店舗へ導入~ (PDF) - イオン琉球 ニュースリリース 2011年7月15日(2011年7月24日閲覧)
  13. ^ 〜配達エリア拡大でますます便利に!!〜 『イオン ネットスーパー イオン南風原店、具志川店 9月7日(水)オープン!!』 (PDF) - イオン琉球 ニュースリリース 2011年9月1日(2011年12月21日閲覧)
  14. ^ 〜いよいよ本島内全域と久米島へサービス拡大〜 『イオン ネットスーパー 6月5日(火)よりエリア大幅拡大』 (PDF) - イオン琉球 ニュースリリース 2012年6月4日(2012年8月25日閲覧)
  15. ^ 〜レジで携帯をかざすだけで対象商品が割引に!〜 「イオンスクエア かざすサービス」がスタート! (PDF) - イオン琉球 ニュースリリース 2013年2月27日(2013年3月24日閲覧)
  16. ^ 『イオン ネットスーパー 1月16日(木)より広域エリア拡大』 (PDF) - イオン琉球 ニュースリリース 2014年1月15日(2015年3月19日閲覧)
  17. ^ 〜こだわりの焼きたてパンと本格セルフコーヒーを店内で〜 マックスベーカリー&イオンドリップ 3月8日(土)朝9時 マックスバリュやいま店に1号店オープン! (PDF) - イオン琉球 ニュースリリース 2014年3月8日(2015年3月19日閲覧)
  18. ^ ザ・ビッグ エクスプレス 西原店 12月21日(水)「BIG Re:OPEN!(ビッグ リオープン)」 - イオン琉球 お客様へのお知らせ 2011年12月14日(2013年3月24日閲覧)


「イオン琉球」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

イオン琉球に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イオン琉球」の関連用語

イオン琉球のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Millard Fillmore

島豚

脱色バインダ舗装

灘のけんか祭りのだんじり太鼓

護衛艦「やまぐも」型

蝶結び

グラスコックピット

麝香





イオン琉球のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイオン琉球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS