アンカー二重管削孔 アンカー二重管削孔の概要

アンカー二重管削孔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/02/06 05:13 UTC 版)

削孔後の孔壁が自立する(落盤しない土質)に対する単管削孔に対して、削孔後に孔壁が自立しない(落盤する)土質においても二重の独立した削孔管で削孔し、削孔後に内管を単独で抜いて外管のみによる安定した空間を地中に確保できるため、鋼材とグラウトによるアンカー体を高品質で造成する事が可能な削孔方法。斜面削孔の場合はロータリーパーカッション式の削孔機械により施工が現実的に可能となっている。




「アンカー二重管削孔」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アンカー二重管削孔」の関連用語

アンカー二重管削孔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カムチャッカ石

クロテッドクリーム プレーン

フルカップタイプ

地対空誘導弾

VRSCDX

ファラデー

あまに油

9000系





アンカー二重管削孔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンカー二重管削孔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS