アルコール依存症 予後

アルコール依存症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 14:30 UTC 版)

予後

2002年に米国国立アルコール乱用・依存症研究所は、アルコール依存症の会合に参加する4,422人のグループに対して調査を行った。結果、1年後には一部の人々は低リスクの飲酒を行っていると著者は判断したが、いまだ25.5%のグループは治療を受けていた。詳細は、25%は未だ依存のまま、27.3%はいくつか症状が残っており部分寛解、11.8%は症状が現れることなく飲酒を続けている(飲酒は再発可能性を増加させる)、35.9%完全回復、17.7%は低リスク飲酒者、18.2%は断酒[38]

社会的状況

15歳以上成人の人口あたり年間飲酒量(リットル)[39]

フランススウェーデンなど複数の先進国においては、企業がアルコール飲料をテレビCMによって販売促進することを法律によって禁止している。北欧諸国では、アルコールは国営企業による専売制である。なお酒類の自動販売機は日本にしか存在しない[4]

ベラルーシではアルコール依存症が社会問題になっており[40]、2010年のWHOの統計によるとアルコール依存症患者の割合は全国民中11%と統計の対象となる190ヶ国中1位、偏差値にして102.1という深刻な状況にあった。アルコール依存症による無業者が問題となっていたため、2015年には少なくとも半年間職に就かず、納税していない国民に罰金を科す新たな法令が成立した。罰金は少なくとも252米ドル(約3万円)で、支払わない場合は拘束され、地域社会での奉仕活動が命じられる[41]

日本では2014年1月にアルコール健康障害対策基本法が成立し、国および都道府県は、アルコール問題への対策計画を策定することが求められることとなった(12、14条)。また国民は、アルコール関連問題(アルコール健康障害およびこれに関連して生ずる飲酒運転、暴力、虐待、自殺等の問題)に関する関心と理解を深め、アルコール健康障害の予防に必要な注意を払うよう努めなければならないとされた(7条)。11月10日から16日までが、アルコール関連問題啓発週間と定められている(10条)。


[ヘルプ]
  1. ^ The global burden of disease: 2004 update (Report). 世界保健機関. Part.4 Table 12: Leading causes of burden of disease (DALYs), all ages, 2004. ISBN 9241563710. http://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/2004_report_update/en/. 
  2. ^ a b c d B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』 (3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.20.2。ISBN 978-4895928526 
  3. ^ a b c d e f g h i 英国国立医療技術評価機構 2011, Introduction.
  4. ^ a b c d e f g h i j k 信田さよ子 『依存症』 文芸春秋、2000年6月ISBN 978-4166601080 
  5. ^ a b 世界保健機関 2010, ALC.
  6. ^ Kohn R, Saxena S, Levav I, Saraceno B (2004). “The treatment gap in mental health care”. Bull. World Health Organ. (世界保健機関) 82 (11): 858–66. PMC 2623050. PMID 15640922. http://www.who.int/bulletin/volumes/82/11/khon1104abstract/en/. 
  7. ^ 病棟へ凶器持ち込み…アルコール幻覚症で隣室患者惨殺 サンケイスポーツ 2005年6月4日
  8. ^ Galanter, Marc; Kleber, Herbert D. (2008-07-01). The American Psychiatric Publishing Textbook of Substance Abuse Treatment (4th ed.). United States of America: American Psychiatric Publishing Inc. p. 58. ISBN 978-1-58562-276-4. http://books.google.com/?id=6wdJgejlQzYC. 
  9. ^ Dart, Richard C. (2003-12-01). Medical Toxicology (3rd ed.). USA: Lippincott Williams & Wilkins. pp. 139?140. ISBN 978-0-7817-2845-4. http://books.google.com/?id=qDf3AO8nILoC. 
  10. ^ Idemudia SO, Bhadra S, Lal H (June 1989). “The pentylenetetrazol-like interoceptive stimulus produced by ethanol withdrawal is potentiated by bicuculline and picrotoxinin”. Neuropsychopharmacology 2 (2): 115?22. doi:10.1016/0893-133X(89)90014-6. ISSN 0893-133X. PMID 2742726. 
  11. ^ Chastain, G (October 2006). “Alcohol, neurotransmitter systems, and behavior.”. The Journal of general psychology 133 (4): 329?35. doi:10.3200/GENP.133.4.329-335. ISSN 0022-1309. PMID 17128954. 
  12. ^ Martinotti G; Nicola, MD; Reina, D; Andreoli, S; Foca, F; Cunniff, A; Tonioni, F; Bria, P et al. (2008). “Alcohol protracted withdrawal syndrome: the role of anhedonia”. Subst Use Misuse 43 (3?4): 271?84. doi:10.1080/10826080701202429. ISSN 1082-6084. PMID 18365930. 
  13. ^ Stojek A; Madejski, J; Dedelis, E; Janicki, K (May?June 1990). “[Correction of the symptoms of late substance withdrawal syndrome by intra-conjunctival administration of 5% homatropine solution (preliminary report)]”. Psychiatr Pol 24 (3): 195?201. ISSN 0033-2674. PMID 2084727. 
  14. ^ Le Bon O; Murphy, JR; Staner, L; Hoffmann, G; Kormoss, N; Kentos, M; Dupont, P; Lion, K et al. (August 2003). “Double-blind, placebo-controlled study of the efficacy of trazodone in alcohol post-withdrawal syndrome: polysomnographic and clinical evaluations”. J Clin Psychopharmacol 23 (4): 377?83. doi:10.1097/01.jcp.0000085411.08426.d3. ISSN 0271-0749. PMID 12920414. 
  15. ^ Sanna, E; Mostallino, Mc; Busonero, F; Talani, G; Tranquilli, S; Mameli, M; Spiga, S; Follesa, P et al. (2003-12-17). “Changes in GABA(A) receptor gene expression associated with selective alterations in receptor function and pharmacology after ethanol withdrawal”. Journal of Neuroscience 23 (37): 11711?24. ISSN 0270-6474. PMID 14684873. http://www.jneurosci.org/cgi/content/full/23/37/11711. 
  16. ^ Idemudia SO, Bhadra S, Lal H (June 1989). “The pentylenetetrazol-like interoceptive stimulus produced by ethanol withdrawal is potentiated by bicuculline and picrotoxinin”. Neuropsychopharmacology 2 (2): 115?22. doi:10.1016/0893-133X(89)90014-6. PMID 2742726. 
  17. ^ a b c d e f g h i j k 春日武彦 『援助者必携 はじめての精神科』 (2版) 医学書院、2011年12月、126-131頁。ISBN 9784260014908 
  18. ^ アルコール依存症の治療と回復―慈友クリニックの実践 世良 守行, 米沢 宏, 新貝 憲利
  19. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.2.1.4.
  20. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.3.
  21. ^ a b c d 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.6.
  22. ^ 山本由紀; 長坂和則 『対人援助職のためのアディクションアプローチ:依存する心の理解と生きづらさの支援』 中央法規出版、2015年10月2日ISBN 978-4805852538 
  23. ^ a b c d e f g 世界保健機関 2010, ALC1.
  24. ^ a b c 英国国立医療技術評価機構 2010, Chapt.1.1.3.
  25. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.5.
  26. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.5.7.
  27. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.1.
  28. ^ Lindsay, S.J.E.; Powell, Graham E., eds (1998-07-28). The Handbook of Clinical Adult Psychology (2nd ed.). Routledge. p. 402. ISBN 978-0-415-07215-1. http://books.google.com/?id=a6A9AAAAIAAJ&pg=PA380. 
  29. ^ Gitlow, Stuart (2006-10-01). Substance Use Disorders: A Practical Guide (2nd ed.). USA: Lippincott Williams and Wilkins. pp. 52 and 103?121. ISBN 978-0-7817-6998-3. http://books.google.com/?id=rbrSdWVerBUC. 
  30. ^ Kushner MG, Abrams K, Borchardt C (March 2000). “The relationship between anxiety disorders and alcohol use disorders: a review of major perspectives and findings”. Clin Psychol Rev 20 (2): 149?71. doi:10.1016/S0272-7358(99)00027-6. PMID 10721495. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0272-7358(99)00027-6. 
  31. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.2.2.6.
  32. ^ Poulos CX, Zack M (November 2004). “Low-dose diazepam primes motivation for alcohol and alcohol-related semantic networks in problem drinkers”. Behav Pharmacol 15 (7): 503?12. doi:10.1097/00008877-200411000-00006. ISSN 0955-8810. PMID 15472572. 
  33. ^ Global status report on alcohol and health 2014. World Health Organization. (2014). p. s8,51. ISBN 9789240692763. http://www.who.int/substance_abuse/publications/global_alcohol_report/msb_gsr_2014_1.pdf?ua=1. 
  34. ^ Global Population Estimates by Age, 1950–2050”. 2015年5月10日閲覧。
  35. ^ OECD 2014, p. 75.
  36. ^ 精神科病院入院患者の状況 (PDF) NCNP 国立精神・神経センター
  37. ^ 被保護者調査 - 平成25年 (Report). 厚生労働省. (2015). Table.5-1. GL08020101. http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/74-16.html. 
  38. ^ The National Institute on Alcohol Abuse and Alcoholism; U.S. Department of Health and Human Services, NIH News (2005年1月18日). “2001-2002 Survey Finds That Many Recover From Alcoholism”. National Institutes of Health. 2011年8月18日閲覧。
  39. ^ Catherine Le Galès-Camus (2004) (PDF). Global Status Report on Alcohol 2004. World Health Organization. ISBN 92-4-156272-2. http://www.who.int/substance_abuse/publications/global_alcohol_report/msbgsruprofiles.pdf. 
  40. ^ 2016年6月11日 読売新聞
  41. ^ 半年間「無職」の国民に罰金、奉仕活動の強制 ベラルーシ CNN 2015.04.18 Sat posted at 16:11 JST(2017年10月7日閲覧)







アルコール依存症と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アルコール依存症」の関連用語

アルコール依存症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

横棒グラフ

材質表示マーク

ナイルワニ

大葉矢竹

500形

具足

サテン

JM





アルコール依存症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルコール依存症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS